勇者が死んだ!第130話(後編)ネタバレ感想『アンリの決断』

トウカは一緒にいようという約束を持ち出し涙ながらに訴える | 勇者が死んだ!第130話(後編)

トウカは一緒にいようという約束を持ち出し涙ながらに訴える | 勇者が死んだ!第130話(後編)より引用

  • 勇者が死んだ!第130話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 勇者が死んだ!第130話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 勇者が死んだ!概要
  • 勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

勇者が死んだ!第130話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ

アンリがフリード側についたことをすぐには受け入れられないトウカ。

マルグリットもユナも冗談はやめてとアンリが本心で言っているとは思っていない。

しかし、アンリは魔王の魔術を使って、トウカ側とフリード側とに炎の壁を作る。

カイルは、空を飛び、炎の壁の上から、アンリを攻撃する。

トウカには悪いはアンリもまとめて始末する。

カイルの攻撃がアンリに届くことはなかった。

フリードが空間を繋げるゲートを利用してシールドを張る。

カイルに背後に空間を開け、カイルの攻撃自身がカイルに返るようにする。

自分の攻撃に腕を切られてしまうカイル。迂闊に攻撃はできない。

アンリの思惑 | 勇者が死んだ!第130話(後編)

アンリの思惑 | 勇者が死んだ!第130話(後編)より引用

ファロム王国の屍術師はアンリがすべて倒し、フリードたちを地獄に戻した後、魔王を完全に破壊する。トウカの敵となれば、門を封印してくれるはず。

それで世界は救われる。

魔王の炎の壁を聖剣を使って突破してくるトウカ。

トウカは、アンリに本当のことを話せという。トウカはアンリを行かせるつもりはなかった。しかし、アンリは魔王を使い、アンリを掴む。

邪魔をするなら敵だと自分の本気をトウカに伝えるアンリ。

旅が終わった後もずっと一緒にいようと約束しただろうがと涙ながらに訴えるトウカ。

あの時、アンリが言った言葉も流した涙も忘れてない。フリード側につくことがアンリの本心じゃない。話をしてくれと訴えるトウカ。

トウカに邪魔すれば敵だと通告するアンリ | 勇者が死んだ!第130話(後編)

トウカに邪魔すれば敵だと通告するアンリ | 勇者が死んだ!第130話(後編)より引用

アンリはトウカの優しさを感じる。自分の嘘に気付いてしまうトウカは地獄の門を封印してくれないかもしれない。

シオンとの約束。地獄の門を封印する旅を終わらせるには、最後にもうひとつ切り捨てなければないらないものがある。

アンリ自身の命。

自分がいなければ、トウカは迷うことなく地獄の門を封印できる。トウカやみんなの未来のためだと思えば、怖くない。

大好きだから。アンリが救いたい世界は、大好きなトウカたちがいる世界だから。

フリードは、空間のひずみを開け、アンリに行くぞという。

アンリは涙を流し、トウカの前から立ち去る | 勇者が死んだ!第130話(後編)

アンリは涙を流し、トウカの前から立ち去る | 勇者が死んだ!第130話(後編)より引用

アンリは、魔王を棺桶にいれて、涙を見せずにフリードについていく。

勇者が死んだ!第130話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ

トウカは、アンリを失って自暴自棄になるのではないだろうか。トウカにとって世界平和よりもアンリのほうが大事。アンリを失ってしまうなら地獄の門なんてどうでもよくなってしまうのではないだろうか。だとしたらアンリの計画は破綻してしまう。

マンガワン『勇者が死んだ!』を読んで。

勇者が死んだ!概要

3年前、勇者シオン・ブレイダンが聖剣の力により地獄の門を封印したことで、人と悪魔との闘いが終結した。しかし時は経ち、再び地獄の門が開いてしまい、世界各地に悪魔が現れ人々を襲撃するようになった。

地獄の門が開いてから3か月後、チェザ村の農夫トウカ・スコットは自分が掘っていた落とし穴によりシオンを死なせてしまい、村人と共に勇者を埋めて証拠隠滅を図るも、屍術師のアンリ・ヘイズワースによってシオンの死体に精神を移されてしまう。そして、死にたくなければシオンに代わって世界を救うよう脅迫され、幼馴染のユナ・ユニスと共に地獄の門を封印するために旅立った。

勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。

マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。

2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。

マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です