終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)ネタバレ感想『アウレリアを失うぐらいなら戦も厭わないアルク』『終末のハーレム』の完全新シリーズ!

責められて涙を溜めるアウレリア | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)

責められて涙を溜めるアウレリア | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)より引用

  • 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム ファンタジア 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム ファンタジア 概要
  • 終末のハーレム ファンタジアを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)ネタバレストーリー・あらすじ

アウレリアを連れてアルクは森を走っていた。

アウレリアは、石に躓き、転倒する。その時に膝をすりむいて血を流す。

アルクはアウレリアを心配する。

アウレリアの膝の出血をハンカチで止めるアルク。

アルクは、アウレリアの手を引っ張って、早く立って急がないとというもアウレリアの手が重い。

アウレリアは、立ち上がろうとせず、座ったままだ。

アウレリアは、もうやめようと歩くにいう。逃げられっこないと。

逃げられないと諦めるアウレリア | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)

逃げられないと諦めるアウレリア | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)より引用

アルクは反論する。アウレリアは二人とも子供みたいなもの。どうやって生きていくのかアルクに問う。

アルクは難しい表情を浮かべながら、金なら少しある。二人で名前を変えて、どこかの町で働くことを考えていた。冒険者になればいいと思いつくアルク。冒険者になって、世界を旅する。船に乗って極東の帝国の支配の及ばないところまで。

アウレリアは勝手に婚約させらえれて嫌だろ。それとも皇太子との婚約が嬉しいのとアウレリアを責めるアルク。

アウレリアは、そうじゃないとか細い声で搾り出し涙を流す。

アウレリアは、自分たちには何の力もないから仕方ないという。

何も言い返せないアルク。

アルクも涙を流す。

アウレリアは自分の腕輪を外し、アルクの腕にはめる。

これはと聞くアルク。

アルクにお守りの腕輪をプレゼントするアウレリア | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)

アルクにお守りの腕輪をプレゼントするアウレリア | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)より引用

アウレリアはお守りだよといい、アルクに強くなってねと優しく伝える。

そこに追手に追いつかれる。

騎馬に乗っているのはガビアルの騎士ナイルだった。

ナイルは、アルクに何をしているのかわかっているのかと聞く。アルクは自分が何をしてかしたことかはわかっている。筆頭騎士の地位に固執している人にはわからない大事なことだと、ナイルのことを貶す。

ガビアルの筆頭騎士ナイルがアルクに躾と称し、剣を抜く | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)

ガビアルの筆頭騎士ナイルがアルクに躾と称し、剣を抜く | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)より引用

ナイルは馬上から降り、次期ナーガラ伯たる方への躾だと剣を抜く。

アルクも剣を抜き、ナイルに切りかかる。

ナイルはアルクの剣を軽々とかわし、脚に剣の峰をあててアルクを転倒させる。

ナイルは、メガネを吹きながら、アルクなんかの力ではアウレリアを手に入れることはできないとバカにする。

ナイルに手も足もでないアルク | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)

ナイルに手も足もでないアルク | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)より引用

アルクは、転倒の際に砂を掴み、ナイルの顔面に投げつける。そして、すぐに切りつける。

しかし、アルクの攻撃はまたもナイルには当たらず、避けられる。

ナイルは剣の柄でアルクの後頭部を殴る。

ナイルの剣の柄がアルクの後頭部に直撃する | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)

ナイルの剣の柄がアルクの後頭部に直撃する | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)より引用

倒れるアルク。ナイルはこの程度でダウンするのかと下打ちをして、アウレリアの身柄を確保する。

アウレリアはアルクを心配するも、ナイルに連れて行かれる。朦朧とする意識のなかで、アウレリアを掴もうと手を伸ばすアルク。

馬車の中で、アルゲスはアウレリアにアルクのことは早く忘れろ、それがアルクのためでもあるという。反論しないアウレリア。

父親は、アルクにイスティシアを敵に回したらどうすると怒鳴る。アルクは戦をすればいいと返事をする。父親はそんなことできるわけがない。アルゲスを怒らせたらどれほど恐ろしいかアルクは知らんのだというも、アルクは父親に戦をしたこともないでしょうと馬鹿にする。

アルクの父親が恥をかかせるなと怒る | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)

アルクの父親が恥をかかせるなと怒る | 終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)より引用

ため息をつく父親。

父親は、女ならいくらでもいる。メイドだろうが、商売女だろうが好きな女を抱けばいい。なんなら俺が見繕ってやるというと、アルクは父親に、女ならいくらでもいるから母親を捨てたのかと聞く。

終末のハーレム ファンタジア 第2話(前編)ネタバレ感想・考察まとめ

アルクの闇落ちからのストーリー展開なのだろうか。闇落ちして、本命のアウレリアを失ったことの反動でハーレムを作ってしまうのか。いや、女性のほうからアルクを求めて求めて求め続けるような設定でないと成立しないから、魔物に食われないための権力は何かの力を得るのか。

母親がいないのか。母親が、その後、ハーレム化するための要因になるのか。

新連載の1話のカラーページの雰囲気からいくと、アルクは闇落ちで「悪」のような感じだった。だとするなら、母親が魔族関係の人間でそっちの魔力を持っているのか。異性をひきつける魔力。インキュバス的な力か。魔物が溢れれば溢れるほど力が増大していく。そんな設定だろうか。

少年ジャンプ+『終末のハーレム ファンタジア』を読んで。

終末のハーレム ファンタジア 登場人物・キャラクター一覧

アルク
セリーヌから若と呼ばれる辺境の小国ナーガラの後継者。

セリーヌ
主人公の剣の訓練を行う。剣術の達人。

アルクを慕う侍女
ナーガラ家の侍女の一人。アルクのことを想っている。

アノール
ナーガラ家。アルクの父親?

ガビアル
イスティシア家。アルクを毛嫌いしている。

アウレリア
イスティシア家。ガビアルの姉。

アルゲス
イスティシア家。ガビアル、アウレリアの祖父。

ナイル
ガビアルの筆頭騎士。

皇帝
女性をはべらせ、魔物に対抗するべく「約束の神子」を探す。

終末のハーレム ファンタジア 概要

<5/20から隔週日曜更新!>※ウルトラジャンプと並行連載!話題の問題作『終末のハーレム』の完全新シリーズ!美麗絵師SAVANとLINKの新タッグによる、本格ダークファンタジー!めくるめく淫靡幻想譚に、陶酔せよ。

終末のハーレム ファンタジアを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です