生者の行進 第18話ネタバレ感想『まどかのカラダに自分のカラダを押し付ける瞬』

カラダを押し付けられて涙を流すまどか | 生者の行進 第18話

カラダを押し付けられて涙を流すまどか | 生者の行進 第18話より引用

  • 生者の行進 第18話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 生者の行進 第18話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 生者の行進 概要
  • 生者の行進 登場キャラクター
  • 生者の行進を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

生者の行進 第18話ネタバレストーリー・あらすじ

泪と二手に分かれて省吾。警察署にいって東雲に事件のことを伝えてにいく。

途中、鮫島瞬という名前が泪から送られてくる。

電話の主の名前かと考える省吾。

そうこうしているうちに警察署に到着する省吾。

窓口が東雲という刑事を呼んで欲しいというも、まず要件から話してくれないと対応できないという。省吾は、笹塚巡査を呼んで欲しいと切り替える。関西弁のはとこがきてるからと。その時、丁度、笹塚が通りかかり省吾を見つける。

笹塚は省吾の相手をしているヒマはない。テレビでもみたろ。例の女子高校生事件と4体の遺体が上がってという。

省吾は、その人らはここの安置所にいる。たしかに騒がしいというと、相変わらず気持ち悪いやつだと思う笹塚。

霊が騒がしいという省吾 | 生者の行進 第18話

霊が騒がしいという省吾 | 生者の行進 第18話より引用

省吾は、用があるのは「東雲」だというもご遺体の身元確認中に立ち会っているから身動きがとれないという笹塚。

急ぎなら代わりに聞くけど、そうじゃないなら爺さんのところへ帰れという。

省吾はしゃあないといって笹塚に「吉川泪」と「高岡まどか」といったらわかるかと聞く。

その名前を聞いて、笹塚は、人気のないところに省吾を移動させて、「捜査協力者」と「次の被害者」のことで、その子たちになにがったかと聞く。東雲からその二人を見に行くように言われていたけど、やることが一杯あって、ようやく今向かおうとしたところだったおちう。

笹塚は東雲に言われて、まどかを見に行こうとしていたところだという | 生者の行進 第18話

笹塚は東雲に言われて、まどかを見に行こうとしていたところだという | 生者の行進 第18話より引用

省吾は、ちょっと遅かったわと。

会議室で遺族に遺留品の確認をしてもらっている東雲。

その会議室に笹塚が省吾を連れてくる。

東雲をみた省吾 | 生者の行進 第18話

東雲をみた省吾 | 生者の行進 第18話より引用

公園では、後ろから殴られた泪は倒れていた。

瞬は一人で来いといったのにそいつが泪かときく。

まどかは、友達だったんじゃなかったのと聞くと、一緒にいると居心地がよかったけど、友達ごっこにも飽きたという。

今度はまどかと遊びたいと迫ってくる。

まどかは兄をどこやったかとスタンガンを持ち出すも、すぐに腕を捕まれ抑えられる。則夫にも付き纏われてたから一応警戒していたんだなという。

瞬は、まどかを自動販売機に押し付けて、自分の体をまどかに押し付ける。

泣き出したまどかをかわくぃいという瞬。

いますぐ愉しみたいけど、ここだと人目があるかもしれないから車で移動する。その前に泪をどうするか。騒がれても困るから始末するかというと、まどかはやめてと叫ぶ。

泪を始末すると言われ、従順になるまどか | 生者の行進 第18話

泪を始末すると言われ、従順になるまどか | 生者の行進 第18話より引用

瞬はおとなしく車に乗る交換条件で、泪は生かしておいてやるというと頷くまどか。

まどかは、心のなかで泪に巻き込んだことを謝罪して、素直に瞬の車に乗る。

意識を取り戻した泪は、まどかが見当たらないことに絶叫する。

生者の行進 第18話ネタバレ感想・考察まとめ

浩二はどこにいるんだ。公園の中に木があるところならそこに捨ててきてるだろうし、山奥に隠してるならまどかをつれて向かうところもそこだろう。というか、浩二の目の前でやるだろうから後者だろう。

このままだと手がかりがなくて、東雲たちが追跡できない。東雲が抜け目ない女性なら、まどかにGPSか何かを持たせてるもしくは服につけているだろうから追跡できるけど、望みは薄い。あとはトモキが案内してくれるのか。

まずは、鮫島瞬の名前から家宅捜査するのか。

公園名が光千代、作者名がみつちよw

少年ジャンプ+『生者の行進』を読んで。

生者の行進 概要

「その唇を見た瞬間?僕は心臓が止まりそうになった。」第2回連載グランプリ獲得作品が満を持して連載化!日常に這い寄る混沌…!本能を刺激する新進気鋭のホラーサスペンス!!

生者の行進 登場キャラクター

吉川泪(よしかわるい)
霊が見える少年。

小栗美弥(おぐりみや)
狂気を感じる霊に取り憑かれていた女子高校生。

高岡まどか(たかおかまどか)
吉川泪(よしかわるい)の幼馴染。

吉川トモキ(よしかわともき)
吉川泪(よしかわるい)の弟。幼い頃に交通事故で亡くなり、霊となって吉川泪(よしかわるい)の傍にいる。

東雲(しののめ)
捜査一課の刑事。

高岡浩二(たかおかこうじ)
高岡まどかの兄で昔、吉川泪(よしかわるい)をいじめていたグループのリーダーだった。

神原省吾(かんばらしょうご)
除霊能力を持つ高校一年生。

水戸則夫(みとのりお)
まどかの兄・浩二の友人。

神原小夜子
省吾の母。

佐倉はるか
省吾のクラスメート。

吉川紅葉
泪の母親。

鮫島瞬
浩二の友人。犯人。

生者の行進を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です