【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話ネタバレ感想『ヒロを失っても戦い続けるゼロツー』

倒れるヒロ | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話

倒れるヒロ | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話より引用

  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 登場人物・キャラクター一覧
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 設定・世界観・用語
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話ネタバレストーリー・あらすじ

ストレリチアは、獣タイプに変形する。

ナナが戦況を確認する。

コード002とコード016のリンク切断。コード016の生命反応低下。グーデンベルク級βが防護壁に接近。

ハチは、このタイミングで時間切れかと表情を曇らせる。

人型叫竜は、もう一度、攻撃する準備をする。

ゴローはヒロに呼びかけるも返事がない。

人型叫竜の二度目の攻撃を受けるストレリチア。

人型叫竜のハンマーと防護壁に挟まれるストレリチア。

ヒロは動かない。

デルフィニウムの動きが止まる。

ヒロが命を落としたことに絶望するイチゴ | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話

ヒロが命を落としたことに絶望するイチゴ | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話より引用

イチゴがヒロが亡くなってしまったと絶望する。

ストレリチアの噂は本当だったんだと、みんなが驚く。

ミツルはこのままだと防護壁も突破されると戦況をみんなに再認識させる。

絶望するイチゴに駆け寄るゴロー。イチゴは、ヒロに行かないでといえなかったと後悔の涙を流す。

イチゴの正気と取り戻そうとするゴロー | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話

イチゴの正気と取り戻そうとするゴロー | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話より引用

ゴローはイチゴの顔を持ち上げ、泣いている場合じゃない。今は、自分たちの命を考えろとイチゴの目を合わせる。

ヒロは見知らぬ場所にいた。

角の生えた赤い肌の子が木の前に立っていた。

どこかでみたことがある。

ヒロに怯える角の生えた赤い肌の子 | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話

ヒロに怯える角の生えた赤い肌の子 | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話より引用

ヒロが、角の赤い子に近づいて、触ろうとすると、赤い子は怯えて、木の陰に隠れる。

ヒロは怖がらないでと追いかける。

ヒロが周りこむと、そこにはゼロツーがいた。

ゼロツーは木を見上げている。

ヒロは自分の体に異変が起きるのを感じる。現実の自分の姿だ。

ヒロは自分が亡くなったことを自覚する。

やれることはやった。ヒロはゼロツーに感謝する。ゼロツーのおかげで、自分の居場所を取り戻せた。フランクスに乗って、最後までコドモらしく戦うことができた。

ゼロツーはもの悲しげな表情を浮かべている。ヒロにはその理由がわからない。

ゼロツーはヒロがいなくてもやっていける。これまでもそうだったように。

現実のゼロツーは、血を吐きながらも叫竜に立ち向かおうとしていた。人型叫竜の三度目のハンマー攻撃を受けるストレリチア。

その衝撃に血を吐くゼロツー。

ヒロが倒れても尚戦おうとするゼロツー | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話

ヒロが倒れても尚戦おうとするゼロツー | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話より引用

ヒロは、人型叫竜を倒せていなかったことを知る。

ダメージを受けても尚、ゼロツーは叫竜と戦おうとする。

バケモノの分際で叫竜を始末し続けないといけないんだ。

ヒロはこのままだとゼロツーがやられてしまうと考える。なんで、そんなになってまで戦うのだと。

ヒロはゼロツーがそんなにまってまでどうして戦うのかわからない | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話

ヒロはゼロツーがそんなにまってまでどうして戦うのかわからない | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話より引用

ストレリチアは吼える。それを遠くで見ていたアルファは、独りがお似合いだという。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話ネタバレ感想・考察まとめ

ヒロたちコドモたちの、フランクスに乗って戦うことが目的というのは、大学に入ることを目標として入試を頑張っているみたいなニュアンスに見える。ヒロは、大学に入学できたから、それで命を落としても満足みたいな。フランクスに乗れただけでは意味がない。その先のことを成し遂げないと。

アニメのほうが見てないだけど、もう最終回になっちゃったのかな?漫画のほうは、初めてのまともな戦闘が開始されたばかりだけど、漫画のほうも長くないとするなら、この戦いが終わったら終わっちゃうのか。ナインズもほとんで出てきてないまま終わるのかな。

少年ジャンプ+『【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス』を読んで。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 登場人物・キャラクター一覧

ヒロ
本作の主人公。本名「CODE:016」。幼いころはコドモたちの中心人物で神童と評されていた。物語開始以前にフランクスを扱う能力を失い、パイロットとして存在価値を見出せない日々を送っていた。

ゼロツー
本作のヒロイン。本名「CODE:002」。APE直属特殊親衛部隊に所属する、『パートナー殺し』の異名をもつエリートパイロット。一人称は「ボク」。叫竜の血を引いており、頭に生える赤い二本角が特徴。エイプ直属親衛隊ナインズとしてはナインイオタ。

ゴロー
本名「CODE:056」。パイロットとしての実力を備えた好青年。ヒロやイチゴとは昔からの親友。

イチゴ
本名「CODE:015」。コドモたちのリーダー的存在である少女。幼馴染のヒロを常に気にかけている。

ゾロメ
本名「CODE:666」。物事を熟考せず感情に任せて動くきらいがある少年。オトナへの憧憬が強い。

ミク
本名「CODE:390」。一人称は「ミク」。明朗快活な美少女だが、わがままで負けず嫌いな一面を見せる。

フトシ
本名「CODE:214」。誰とでも仲よく接する少年。楽天家に見えるが、常識的な面も持ち合わせている。

ココロ
本名「CODE:556」。おっとりした男子たちのマドンナ的存在で、思慮深い面をもつ。

ミツル
本名「CODE:326」。シニカルな物言いが特徴の少年。ヒロに対抗意識を抱いている。

イクノ
本名「CODE:196」。感情をあまり表に出さない少女。趣味は読書。

ナオミ
本名「CODE:703」。ヒロのパートナーだったが、彼が力を失ったことで落第。

ナナ
フランクス博士に付き従う女性。

ハチ
コドモたちの管理を務める男性。

フランクス博士
フランクスの建造に関わる老人。

9’α(ナインアルファ)
エイプ直属親衛隊9’s(ナインズ)のリーダー。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 設定・世界観・用語

フランクス
天才科学者集団APEが叫竜に対抗するため開発した人型ロボット兵器。英語表記は「FRANXX」。名称は「鋼鉄の乙女」を意味する。少女のようなフォルムが特徴で、頭部には目や口なども存在する。真の性能を発揮するには、雄式操縦者と雌式操縦者が男女一組になって搭乗する必要がある。

ストレリチア
ヒロとゼロツーの機体。本来の姿は人型だが、ゼロツーが単独で暴走した際は四足歩行の獣のような姿となる。武装は巨大な槍。

デルフィニウム
ゴローとイチゴの機体。

アルジェンティア
ゾロメとミクの機体。

ジェニスタ
フトシとココロの機体。

クロロフィッツ
ミツルとイクノの機体。

叫竜
人類を襲う謎の巨大生命体。

13都市
ヒロたちが守る都市。

ガーデン(育成所)
コドモたちがフランクスパイロットになれるように育て教育する施設。

ステイメンパイロット(雄式操縦者)
男の子のパイロット。

ピスティスパラサイト(雌式操縦者)
女の子のパイロット。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要

高いエネルギー効率をもつ「マグマ燃料」の採掘によって地殻変動や環境破壊が進んだ世界。荒廃した地上で生き抜くために人類が作り上げた巨大移動要塞都市では、叫竜と呼ばれる巨大生命体と戦うことだけを教え込まれた名前のないコドモたちが養育されていた。第13要塞都市のコドモの1人であるヒロは、叫竜の血を引く少女ゼロツーとの出会いを機に彼女のパートナーとなり、命を懸けた戦いに身を投じることとなる。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です