地獄楽 第24話ネタバレ感想『てんせんの再生能力を上回る画眉丸の攻撃』

てんせんの謎の攻撃 | 地獄楽 第24話

てんせんの謎の攻撃 | 地獄楽 第24話より引用

  • 地獄楽 第24話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第24話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 登場人物 生存者リスト
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第24話ネタバレストーリー・あらすじ

聳え立つ巨大な壁に爆発で穴が開き、その爆発は次々と巻き起こる。

その爆発は、画眉丸とてんせんとの殴り合いの衝撃だった。

てんせんは少し息を切らし、腕が?げていた。腕はすぐに再生し、画眉丸の頑丈さに驚く。

画眉丸は仙薬がどこにあるかしか興味がない。

てんせんは、さっきもかなりしぶとい奴がいたけど、画眉丸のようなやつはここ数百年で初めてだという。

しかし、画眉丸は仙薬にしか興味がない。仙薬はどこだと再び攻撃を始める。

てんせんは、画眉丸の攻撃を受ける。

画眉丸の拳は、てんせんの顔半分を抉るもすぐに再生される。

てんせんの再生能力のせいで打撃斬撃はほぼ無効と考える画眉丸 | 地獄楽 第24話

てんせんの再生能力のせいで打撃斬撃はほぼ無効と考える画眉丸 | 地獄楽 第24話より引用

打撃斬撃はほぼ無効と考えたほうがいいだろうと分析しつつも戦う。

てんせんの攻撃はかすっただけで平衡感覚が一瞬失うほどの破壊力。

打ち合いで消耗戦になっては危険。何か攻略法を見つけなければ鳴らない。相手は不死。火法師も無効だった。他の選択肢はまだ試してない。

画眉丸はてんせんの顔に蹴りを入れる。蹴りを入れた足をそのままてんせんの首に回し、後方に逃げられないようにしてから、もう片方の足でてんせんの腹を蹴る。

てんせんのみぞおちを蹴ったときに今までにない手ごたえを感じる画眉丸 | 地獄楽 第24話

てんせんのみぞおちを蹴ったときに今までにない手ごたえを感じる画眉丸 | 地獄楽 第24話より引用

手応えがあった。

てんせんは口から血を吐く。

いままでと明らかに反応が違う。効いているのか。何が効いたのかと考える画眉丸。

みぞおちを蹴った時に血を吐くてんせん | 地獄楽 第24話

みぞおちを蹴った時に血を吐くてんせん | 地獄楽 第24話より引用

てんせんは女の形になり、画眉丸を睨みつける。

てんせんは、画眉丸に無自覚だろうがと画眉丸の身体能力についてないかいおうとした。

しかし、話すのはやめ、なにやら今までとは違う構えをするてんせん。

てんせんは、画眉丸のことをムカつくというも何もしない。

しかし、突然、画眉丸の腹が何かに押されたようにヘコむ。

てんせんの手が届く距離ではない。

画眉丸は口から血を吐く。

次は、顎。てんせんは、掌底を繰り出す動作をするたびに、離れた画眉丸の体はくの字に折れ曲がる。

風圧ではない。衝撃が体内に響くような別種の未知の力。

ガードは無意味。回避しようにも見えない。

攻略法などあるのかと考える画眉丸。

しかし、そんなものは必要ない。攻略法があろうとなかろうと立ち止まるわけにはいかない。妻の下に帰るために。

画眉丸は、謎の衝撃波を受けながらもてんせんに向かっていく。

そして、打ち合う。

何が何でも生きて帰る。目鼻がもげても生きて帰る。

再生するなら、それを上回るスピードで破壊する。

画眉丸の攻撃がてんせんの再生能力を超える | 地獄楽 第24話

画眉丸の攻撃がてんせんの再生能力を超える | 地獄楽 第24話より引用

てんせんは画眉丸の攻撃に圧倒され、倒される。

再生が間に合わず、動かなくなるてんせん。

しかし、まだ生きていることを察する画眉丸は息を切らしながら、仙薬はどこにあるか聞く。

てんせんは、アイツにまた怒られると笑う。てんせんのカラダ中に花は咲き始める。そして、大きな花となり、人間の姿ではないバケモノに豹変するてんせん。

地獄楽 第24話ネタバレ感想・考察・まとめ

てんせんの腹の辺りを蹴った時にダメージを与えた。つまり、てんせんのコアは、腹の部分にあるのか。この島で、仙薬のことを「たん」と読んでいた。へその下当たりを丹田といって、内丹術で気を集めて煉ることにより霊薬の内丹を作り出すための体内の部位。この当たりが関係してのかな。

石隠れ衆がスゴイのか。お頭がきたら、てんせん相手でも無双するんだろうな。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 登場人物 生存者リスト

【○】犯罪人:画眉丸
【○】監視役:佐切

【△】犯罪人:亜左弔兵衛
【△】監視役:桐馬

【○】犯罪人:民谷巌鉄斎
【○】監視役:付知

【×】犯罪人:慶雲
【×】監視役:期聖

【○】犯罪人:ヌルガイ
【×】監視役:典坐

【×】犯罪人:法流坊
【△】監視役:

【×】犯罪人:あか絹
【○】監視役:士遠

【○】犯罪人:ゆずりは
【○】監視役:仙汰

【×】犯罪人:茂籠牧耶
【×】監視役:ゲンジ

【×】犯罪人:陸郎太
【×】監視役:衛善

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流?位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

てんせん
再生能力を持ったイケメン。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です