血と灰の女王 第54話②ネタバレ感想『ドミノとユーベンの同盟関係』

日ノ元は目障りだというドミノ | 血と灰の女王 第54話②

日ノ元は目障りだというドミノ | 血と灰の女王 第54話②より引用

  • 血と灰の女王 第54話②ネタバレストーリー・あらすじ
  • 血と灰の女王 第54話②ネタバレ感想・考察まとめ
  • 血と灰の女王 概要
  • 血と灰の女王を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

血と灰の女王 第54話②ネタバレストーリー・あらすじ

ユーベンの黄金の船で島に移動してきた善たち。

船も黄金で、家も黄金だった。

仮住まいの家が金ぴかという悪趣味さ。

健は変身してしまう。扉の向こうにかつてないほどの金持ちの臭いがすると警戒する。

扉が開き、ユーベンが迎え出る。

ユーベン登場 | 血と灰の女王 第54話②

ユーベン登場 | 血と灰の女王 第54話②より引用

豪華絢爛な邸宅を褒め称えよと善たちにいくユーベン。

田舎成金の俗物丸出しのバカ空間にドン引きだとドミノが貶すも俗物、大いに結構と笑う。

ユーベンの成金主義に鼻が曲がる健 | 血と灰の女王 第54話②

ユーベンの成金主義に鼻が曲がる健 | 血と灰の女王 第54話②より引用

近寄ってきユーベンの金持ちの臭いで鼻が曲がる健。

この戦いに遅参したドミノが二ヶ月で4人の部下。数としては零細だが、物はよさそうだとユーベンは、善に名刺を渡す。

ユーベンから、名刺と小切手を渡される。ドミノに愛想が尽きたら自分のところに来る手付金だというユーベン。額が書いてないけどと善がいうと、好きな額を善が書くんだというユーベン。

自分には、これだけの値打ちがあると、善自身が信じる額をかく。いくらであろうと払うというユーベン。

額が記載されていない小切手を善に渡すユーベン | 血と灰の女王 第54話②

額が記載されていない小切手を善に渡すユーベン | 血と灰の女王 第54話②より引用

善はユーベンのことをすごい人なんだろうと感じる。緊張するものと安心するものを同時に感じる。

ドミノは下僕にツバをつけるんじゃないと文句をいうも、無給労働させているブラック女王と罵るユーベン。

ユーベンは、善たちをもう休ませるように、阿久津にはゴールドトレジャー号を海に戻すように指示を出す。阿久津は、ぶつけそうで怖いというとドミノは、健に阿久津を手伝うように命令する。

気絶している明に、起きたら事情を説明しておきなさいと善にいうドミノ。

ユーベンは、明を見て、あれが日ノ元の娘かと。やっと戦争らしくなってきたと笑うユーベン。

しがらみがあっては改革はできないというユーベン | 血と灰の女王 第54話②

しがらみがあっては改革はできないというユーベン | 血と灰の女王 第54話②より引用

ユーベンは、ドミノに今からでも部下に金は握らせておけ。支配する者とされる者の間には客観的な価値基準が必要。人徳や道義、それだけでも部下をついてこさせるだろうが余計なしがらみが増える。しがらみあっては改革はできないと。

屋敷に招き入れる。

ユーベンは今日は雲ひとつなく金色の月を曇らせないいい夜だ。二ヶ月前にドミノと初めて商談した時と同じ夜。

ドミノに声をかけたのは、ドミノの理想がユーベンに近い位置にあると感じたから。いいビジネスパートナーとして提携できる。いずれは戦う、道の途中までだがと。

アジェンタを共有しようとスクリーンに映像を映し出す。

離島の拠点整備は竣工した。食料、電気、ガズ、水のライフラインも万全、社員は20名。ドミノのほうはと聞くユーベン。

燦然党内の内通者を確保。内通者からの情報と明から聞いた話をあわせてまとめあげた。

ユーベンは、明を恫喝に使えないのかと聞くもそれが通じる日ノ元じゃないと返事をするドミノ。

ユーベンは、ドミノが日ノ元を買っているなという。

ユーベンは、真祖になって一年にも満たないキャラアの若造は、組織の構成員もチンピラばかり、あげく内通者までだすようでは、日ノ元の下馬評は最も低いという。総じてやり口も荒い。日ノ元が出す一般人の被害はそれほど許せないかとドミノに聞く。

ドミノは、目障りだからさっさと潰したいだけだと答える。

日ノ元士郎の心臓を譲るドミノ | 血と灰の女王 第54話②

日ノ元士郎の心臓を譲るドミノ | 血と灰の女王 第54話②より引用

ユーベンは同盟を組むにあたって、日ノ元の心臓をどうするか話し合わなければならない。真祖の心臓。これを食らった者の力を増すだけにとおどまらず、生物を次のステップへ進ませる代物。ドミノとユーベンで奪い合うになる。それを直前まで避けるためにと何かの提案をしようとするユーベンだが、ドミノはユーベンに譲るという。

ドミノは、ユーベンが次のステップへ進もうが負けやしない。同盟成立ねと手を差し出すドミノ。

血と灰の女王 第54話②ネタバレ感想・考察まとめ

真祖の定義は、富士噴火以前に存在したヴァンパイアじゃなかったっけ?日ノ元は「真祖になって一年にも満たないキャリア」とユーベンがいっていたけど。私の勘違いだったか。富士噴火以前にいたヴァンパイアが異常に強いというだけで、「真祖」という枠組みとは別だったか。

ユーベンは日ノ元に対しての評価は低い | 血と灰の女王 第54話②

ユーベンは日ノ元に対しての評価は低い | 血と灰の女王 第54話②より引用

ユーベンは、部下に金を掴ませてしがらみをなくそうとしているのは、後に非情になって部下を切り捨てるためなのか。でも、金を掴ませてまで、しがらみをなくそうとするのはユーベンの優しさからだろうか。それを見抜いているからこそ、ドミノは手を組もうと思ったのか。

マンガワン『血と灰の女王』を読んで。

血と灰の女王 概要

富士山が噴火して以来、日本の、そしてこの街の夜が一変した――
火山灰をかぶった一部の人間達は驚異的な力を誇る闘争型ヴァンパイアとなり血で血を洗う殺し合いを開始!トップに立った者は全世界を支配するルールの中で、落ちぶれた令嬢が這い上がる!!

血と灰の女王を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です