カラダ探し解 第25話ネタバレ感想『健司は男子のカラダが全然見つかっていないと焦燥感を募らせる』

頭の回収にショーケースの前に立つ留美子 | カラダ探し解 第25話

頭の回収にショーケースの前に立つ留美子 | カラダ探し解 第25話より引用

  • カラダ探し解 第25話ネタバレストーリー・あらすじ
  • カラダ探し解 第25話ネタバレ感想・考察
  • カラダ探し解 カラダ探し状況
  • カラダ探し解 登場人物・キャラクター一覧
  • カラダ探し解 設定・世界観
  • カラダ探し解 概要
  • カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

カラダ探し解 第25話ネタバレストーリー・あらすじ

五日目。

健司は、話は終わりだと龍平にいうも、龍平は引き下がらない。

オレと勝負する気かと龍平が聞くと、健司は怯む。

健司は、結局消える龍平のことを罵倒するも、カラダ探しに失敗したら全員始末されるという話を龍平がもう一度する。

留美子は、龍平と健司の言い争いを止める。赤い人の声が聞える。

まずは逃げることが先決。

留美子と龍平は一度一階まで降りて、玄関のショーケースの前を通り、留美子の頭を確認する。

そして、西棟三階へと駆け上る。

赤い人の歌声は遠くに聞える。とりあえず、助かったと考える留美子。

そこに健司もついてきたことに文句をいう留美子。

協力する気がないのかと確認すると当たり前だという健司。

健司は聞きたいことがあるという。自分のカラダをいくつ見つけたか教えてほしいと。自分もいくつみつけたかはいうからと。場所はいい。数だけ教えて欲しいと。

私達のカラダの場所を教えてくれたら場所も教えるけどというも留美子は数だけ教えて欲しいということを承諾する。

健司の見つけたカラダの数を教える留美子 | カラダ探し解 第25話

健司の見つけたカラダの数を教える留美子 | カラダ探し解 第25話より引用

健司とわかっているのが確か三つ。

健司か龍平かわからないカラダが二つ。

三つと聞いて驚く健司。留美子たちはほとんどの校舎を探し回って、三つだということに驚く。

男子の見つけたカラダの数が少ないと焦燥感を募らせる健司 | カラダ探し解 第25話

男子の見つけたカラダの数が少ないと焦燥感を募らせる健司 | カラダ探し解 第25話より引用

健司は、回収したカラダの数は二つ。龍平は一つ。

カラダは頭を除いて、一人六つずつ。健司と龍平を合わせると、12個。それに対して回収したカラダは合わせて三つ。

持ち主不明を込みで見つかってるカラダは五つ。12個中八つしか見つかっていない。

健司は他に探していないところはないかと聞く。旧校舎とか屋根裏とか。龍平はそんなことより、体育館を調べたのかと聞く。

次、放送が流れたら体育館にいくと健司。健司に協力しないんじゃないのと聞くと、自分をダマそうとしているかもしれないから三人でいくという健司。

留美子が頭以外のカラダを見つけたというなら体育館に行く前に頭を回収しにいこうという健司。

その案に賛成する龍平。しかし、留美子は、健司が何か企んでいると感じる。

校内放送で、赤い人は、生産棟三階に現れたと流れた。

生徒玄関とホールも調べてないという龍平。

こうして、信頼関係がないまま三人は移動する。

ショーケースの前にやってきた三人。健司は、さっさと回収しろとガラス窓を叩く。

留美子が、ショーケースに近づき、手を伸ばすと、ガラスをすり抜けて、留美子の頭に手が届く。

留美子の頭が光、留美子のカラダに入ってくる。

頭の中に何かの記憶が入ってくる。

龍平は、何かの特殊能力に目覚めたとかないのかと聞くも自分のカラダがただ戻っただけだから、あるわけないと起る留美子。

健司は、その様子を見て、くだらないさっさと体育館にいくぞという。

頭の中に何かが入ってきた。

上手く説明できないまま、三人は体育館にやってきた。

健司はカラダを見つけても言わない可能性があるから、三人で一緒に探すことにする。

校内放送があり、赤い人は東棟二階に来ている。

美雪の腰を見つける | カラダ探し解 第25話

美雪の腰を見つける | カラダ探し解 第25話より引用

探すこと三部屋目の教官室で美雪の腰を見つける。

留美子は、男子二人に触るんじゃないと警告する。

一階の部屋は調べ終え、二階へ。最後の部屋、観覧席の奥の体育館放送室で龍平のカラダを発見する。

あとはステージだけだと健司は、三人にさっさと一階に下りるぞという。

留美子は、西棟がいつもと違う感じに見える。体育館に向かうときもヘンだった。あれも記憶なのかと違和感を感じる。

随分前に、同じように美雪と高広と歩いたような気がした。

ステージのピアノ側を健司と調べるから反対側を留美子に頼む龍平。

龍平のいう特殊能力じゃないけど、何かヘンだと感じる。

その時、体育館のドアが開く音がする。

入り口から赤い人が入ってくる。

すべてのカラダを回収した留美子のカラダに変化が起る | カラダ探し解 第25話

すべてのカラダを回収した留美子のカラダに変化が起る | カラダ探し解 第25話より引用

隠れても匂いで見つかる。今日入れて後三日しかないし、美雪にも腰のことを伝えていない。このヘンな感覚。留美子はカラダを全部見つけるだけじゃなく、何かを探さなきゃダメな気がすると感じる。

カラダを全部見つけるだけではダメだと感じる留美子 | カラダ探し解 第25話

カラダを全部見つけるだけではダメだと感じる留美子 | カラダ探し解 第25話より引用

今は始末されるわけにはいかない。

カラダ探し解 第25話ネタバレ感想・考察

今回の整理。

美雪の腰が体育館教官室で発見。

龍平のカラダを体育館放送室で発見し回収済み。

まだ探していないのは、体育館ステージ。旧校舎。屋根裏。生徒玄関。ホールの五箇所。

健司、龍平のカラダは、12個中9個見つかっていて、未発見は3つ。

カラダの発見数と回収数を整理してみると以下のようになるのかな。

▼留美子
回収済:6
未回収:0
未発見:0

▼美雪
回収済:0
未回収:4(2)
未発見:0~2

▼あゆみ
回収済:1
未回収:3(2)
未発見:0~2

▼龍平
回収済:2
未回収:0(2)
未発見:2~4

▼健司
回収済:2
未回収:3(2)
未発見:0~1

美雪の回収率の悪さ目立つ。大職員室に留美子の腕があったけど、どこかのエピソードで、大職員室に女子の脚があるといったけど、腕の見間違いだったかな。脚として、女子の()の中の数値を入れてある。

健司は、龍平か健司かわからない二つのカラダを確認することを優先したほうがいい。その二つのうちいずれかが1つが健司のものだった場合は、探していないところを探さなくてもいい。

この整理でいくと、未発見自体は、残り5個かな。健司よりも龍平のほうが圧倒的に見つかっていない。

少年ジャンプ+『カラダ探し解』を読んで。

カラダ探し解 カラダ探し状況

●龍平のカラダを体育館放送室で発見し回収済み。

●健司のパーツのいくつか。

●健司の脚のパーツ(図書室)
●男子のパーツ(家政学室)
●男子のパーツ(生産棟3階東棟)。

●あゆみのカラダの一部。

●女子の右腕(生産棟1階)
●女子の脚(大職員室)

留美子のカラダ探し状況
胸:【済】工業棟職員室の段ボール
腰:【済】東棟の一番南の教室
右腕:【済】大職員室
左腕:【済】西棟2階トイレの便器
右脚:【済】生産棟2階トイレ
左脚:【済】工業棟2階南側から2番目の教室

美雪のカラダ探し状況
胸:東棟3階(龍平の予想)
腰:体育館教官室
右腕:(生産棟1階階段の隣の教室・右腕か左腕か不明)
左腕:(生産棟1階階段の隣の教室・右腕か左腕か不明)
右脚:(工業棟1階の工房内・右脚か左足か不明)
左脚:(工業棟1階の工房内・右脚か左足か不明)

あゆみのカラダ探し状況
胸:
腰:
右腕:生産棟1階東側真ん中の教室
左腕:【済】生産棟3階の教室
右脚:(工業棟1階の工房内・右脚か左脚か不明)
左脚:(工業棟1階の工房内・右脚か左脚か不明)

龍平のカラダ探し状況
胸:
腰:
右腕:西棟2階の南の端の教室のロッカー
左腕:
右脚:
左脚:

健司のカラダ探し状況
胸:生産棟1階
腰:
右腕:工業棟2階一番奥の教室
左腕:
右脚:
左脚:

美子のカラダ探し状況
胴体:
腰:
右腕:
左腕:
右脚:
左脚:

カラダ探し解 登場人物・キャラクター一覧

小野山美紗の「カラダ探し」に巻き込まれたメンバー

柊留美子

相島美雪
翔太に気がある。

袴田あゆみ
武司の妹。ブラコン。

池崎龍平
あゆみに気がある。

健司
理恵に気がある。

その他の登場人物

小野山美紗
留美子たちを「カラダ探し」に引き込んだ人物

「赤い人」
名前は、小野山美子。美紗の父の姉。存在しない「ミサ」という妹を探し回っている。

武司
あゆみの兄。シスコン。

カラダ探し解 設定・世界観

「赤い人」
うさぎのぬいぐるみを部屋で見つけたらすぐ捨てないといけない。うさぎのぬいぐるみを見つけても触ったり拾ってはいけない。赤い人がうさぎのぬいぐるみを取り返しに始末しにくる。うさぎのぬいぐるみの足の裏に名前らしきものが書いてある。

・歌声が聞えたら近づいている。
・「赤い人」に見つかってはいけない。
・「赤い人」を見た者は決して振り返ってはならない。
・「赤い人」は匂いで探知してくる
・誰かが始末されると一旦消える
・同時に複数存在する可能性がある

カラダ探し解 概要

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です