ケンガンアシュラ 最終話(最終回)ネタバレ感想『新たな悪意が動き出す』

王馬が亡くなって二虎流の後継者の最後の一人 | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

王馬が亡くなって二虎流の後継者の最後の一人 | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンアシュラ 最終話(最終回)ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンアシュラ 最終話(最終回)ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンアシュラ 概要
  • ケンガンアシュラを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンアシュラ 最終話(最終回)ネタバレストーリー・あらすじ

山下が勤めていた乃木出版。

山下は荷物をまとめていた。机には退職届の封筒。

同僚から手伝いの申し出を受けるもあらかた片付いたから大丈夫だと断る山下。

大久保は花束を持って、氷室と待ち合わせる。

氷室のアロハ姿を見て、南国のホストかと評すると氷室は、大久保の格好をラッパーだと返す。

日本で闘技者を会うと妙な感じがするという。願流島も日本だけど。金田がこれなかったのかと聞くと、父親の三周忌法要だと。

理人は、連絡がとれない。ケータイを置いて、黒木のところに修行にいっているという。

王馬の墓に向かう大久保と氷室 | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

王馬の墓に向かう大久保と氷室 | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

もうじき、夏も終わるのにまだ蒸すと大久保と氷室はあるところに向かって歩く。

大日本銀鉱では、鷹山ミノルが加納アギトの旅立ちの見送りにきていた。

牙を辞めたやつは気楽なもんだと愚痴る。

加納アギトは、自分が世間知らずだから自分なりに見聞を広めてくるという。

次期「牙」の立候補していないことを鷹山に聞くアギト。

コソコソ動いている連中がいるから、護衛者として滅堂を守ることにしたという鷹山。

鷹山は、アギトにバイクのキーを投げ渡し、乗ってる暇もないからやるという。

鷹山のバイクを見て、一度乗ってみたかったとアギト。

大久保と氷室が竹林を歩いていると、今井コスモに遭遇する。

コスモも他の闘技者の話をする。

アダムは暮石のところで猛特訓し、拳願仕合でリベンジを目指している。

春男は、正式に超日本プロレスの門下生となり、関林と蔵地にしごかれている。

春男の義理のオヤジはクーデターの責任を追及されて社長を引退。養子縁組は解消されたけど、恩もあるから、河野春男のままでいくという。

コスモは自分の知っている闘技者の話を終えると、大久保、氷室に他の闘技者の話を聞く。

茂吉はイギリスに帰国してリハビリも順調。闘技者として復活すると意慾を見せているので妹のエレナが心配している。

室淵は、打倒若槻武士に向けて極秘トレーニング中。

鬼王山は真面目に相撲を頑張っている。

根津は、美姫と婚約。

裏社会の連中は何しているかわからない。

闘技者同士、これだけ親密になるなんてトーナメント前は想像もしなかった。別に敵同士というわけでもないし、友達でもない。一言では言い表せない闘技者同士の関係。

コスモはあれじゃないと指さす。

丘の上に大きな石がある。その前に花束がいくつかあった。

他にも誰かが来て華やかでよかったと、王馬に語りかける三人。

王馬の墓参りにくる大久保と氷室とコスモ | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

王馬の墓参りにくる大久保と氷室とコスモ | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

大久保、氷室、コスモは王馬の墓に花を供えにきたのだ。

黒木は滝に打たれて修行。その横で、理人も修行。

求める己とは程遠い。まだ足りぬ。未だ青いと思う黒木玄斎。

アンダーマウント社。社長の太田が驚く。

アンダーマウント社会長・山下健蔵が、晒首刑務所の坂東洋平と面接するための連絡を要請する。

山下和夫は、花束を受け、乃木出版の社員にお世話になったと頭を下げる。

山下が社屋を出ると、松井課長が追いかけてくる。

松井は、山下に乃木会長に気に入られていたようだけど、会社を去るということは見放されたようだという。当然だと笑う。自分のような優秀な人間ではなく、山下が選らばれたことが間違い。会長との旅行のお供のときに怒らせたのでしょう。しょぼい再就職先を探すことだと罵る。

山下はそんな松井に近づき、お世話になりましたと一言いう。

松井は、以前よりも山下が大きく感じ、腰を抜かす。

車のクラクションが聞える。

そこには、車体の長い黒塗りのリムジン。

ドアが開き、中から義伊国屋書店大屋会長と義武不動産の義武社長。

大物が山下を迎えに来たことに驚く松井。

山下は、松井に頭を下げて、車に乗って去っていく。

車の中で、大屋は山下が松井にしたことを大笑いする。

嫌な上司に意趣返し。嫌ってはいない、根は悪い人じゃないと思うとフォローする山下。

義武は、山下を甘いという。ああいう手合いはガツンとシメなきゃダメだという。

大屋は、小声で山下の迎えについてくるとわざわざ連絡してきたから、内心義武は山下のことを気に入っているという。

山下は、王馬には最近会いにいけずにすいませんと謝る。

今日、乃木出版を退職し、新卒から数えて34年間務めた会社ともお別れ。寂しくないといえば嘘になる。だけど、新しい夢を見つけたと、心の中で王馬に報告する山下。

山下は、大屋の車を降り、雑居ビルに入ると、秋山と串田が待っていた。

串田は、新しいが名刺ができたと山下に渡す。

株式会社山下商事。

株式会社山下商事 | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

株式会社山下商事 | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

拳願会は大きく変わろうとしている。いや、自分が必ず変えてみせると王馬に誓う山下。

香港。

三人が机を囲み、王馬がダメで無駄足だったという。

わざわざ日本まで出向いて、おまけに島では雑用を押し付けられるしと愚痴る。

護衛者の警備をかいくぐって蘭城を始末するのは骨が折れた。

始末する必要があったかと仲間に問われると脱獄させるより、手軽。

ロンミンもどさくさに紛れて始末した。何かについて張り合ってきたから目障りだったという。

ロンミンと蘭城と王馬が亡くなった。

これで二虎流の後継者は、お前一人になった。そういわれたフードの男は、あいつらは「虎の器」じゃなかった。「虎」は俺だけでいいと笑う。

「悪意」が動き出す。

ケンガンアシュラ 完。

ケンガンアシュラ 最終話(最終回)ネタバレ感想・考察まとめ

王馬という主人公が亡くなってしまったから、次に二虎流についての話が始まるのか。「悪意」が動き出すというからには、二虎流が敵になるのか。

そもそも、山下が、拳願会を変えるといっても拳願会は、現状、そんなに悪いのかと考える。そもそも拳願会自体が、商人たちの争いを収める手段として、江戸中期に発祥したと言われているそれは現代にまで継承されているイベントで、それ自体がとても悪いことなのかというと、そうでもないと思う。

乃木の祖先が、山下の先祖の男を救えなかったことから改革をするつもりなのだろうが、イベントの内容は変えるとしても、存在そのものは「悪」とは言い切れないと思う。それに、拳願仕合のルール云々と、闘技者の闘志は別ものだから、続編があったとしても、拳願会は関係なくなるんじゃないかなと思う。

そうすると、拳願仕合のための漫画だった「ケンガンアシュラ」なのだから、タイトルは変わりそう。

サンドロビッチ・ヤバ子先生のことだから続編でも、ケンガンアシュラのキャラクターは出てくるだろう。

二虎流の後継者のフードの男が敵として出てくるのか。それとも主人公として出てくるのか。それともライバルとしてでてくるのか。

山下健蔵が坂東洋平と面会しようとしている | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

山下健蔵が坂東洋平と面会しようとしている | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

最終話で、行動の意図が不明の描写は二つ。ひとつは、ラストの三人について。もうひとつは、山下健蔵が坂東洋平に会いに行くということ。この辺りも次回作につながってきそう。

謎の三人組 | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

謎の三人組 | 引用元:ケンガンアシュラ 最終話(最終回) 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

マンガワン『ケンガンアシュラ』を読んで。

ケンガンアシュラ 概要

企業、商人たちが巨額の利益を賭け、雇った闘技者によって素手による格闘仕合を行い、勝ったほうが全てを得るという拳願仕合。商人たちの争いを収める手段として、江戸中期に発祥したと言われているそれは現代にまで継承されており、今、己の最強を証明せんとする謎の闘技者、十鬼蛇王馬が拳願仕合の舞台に足を踏み入れようとしていた。その内に野望を秘めたる乃木グループ会長、乃木英樹がその男と出会ったとき、拳願仕合にて大きな渦が巻き起ころうとしていた。

ケンガンアシュラを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です