俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話①ネタバレ感想『美憂奈の家をストーキングするリョウ』

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話①ネタバレ感想『美憂奈の家をストーキングするリョウ』 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話① 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話①ネタバレ感想『美憂奈の家をストーキングするリョウ』 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話① 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話①ネタバレストーリー・あらすじ
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話①ネタバレ感想・考察まとめ
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 設定・アイテム
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 概要
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだったを連載している無料マンガアプリ『マンガUP!』について

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話①ネタバレストーリー・あらすじ

リョウは美憂奈の家の前まできていた。

黙って家の前まできてしまったが、これではまるでストーカーだと思うリョウ。

本当はこんなことをしている場合ではない。次の攻略対象を見つけなければならない。

この間の組織がどうなったかも気になるし、美憂奈の好感度は80と異常に高い。

そして、ゲームシステム上、ゲームクリア時には、特典として、好感度80を越えた対象の存在は現実に継承されるとある。

つまり、美憂奈は現実に戻ってもそのままだとリョウの顔がにやける。

どういう理由で家にきたことにしようかと考えながらドアノブに手を差し伸べる。

すると、リョウが触る前にドアノブが動き、ドアが開く。

中から何かが飛んで来てリョウの頭に直撃する。

リョウは倒れ、ドアからでてきたのは美憂奈だった。

美憂奈は刀を抜いている。ヤバイと思ってロードをしようとするもその前に意識を失ってしまうリョウ。

目を醒ますと見覚えのない部屋。

ロードできなかった。頭痛が激しい。

美憂奈がリョウの体調を気にする。

美憂奈に膝枕されるリョウ | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話① 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

美憂奈に膝枕されるリョウ | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話① 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

リョウは、美憂奈に膝枕をしてもらっていた。

リョウは慌てて、膝枕から脱出する。

美憂奈は、急に動かないほうがいいという。

リョウが黙っていることに疑問に思う美憂奈。

リョウは、自分が突然家に押しかけたことの言い訳をオロオロしながら話す。

組織はどうなったのかと聞くと、美憂奈は壊滅させたという。関係した人間は、末端にいたるまですべて始末したと。

リョウは、美憂奈を凄腕と評す。

美憂奈はリョウのほうが大丈夫だったのかと聞く。揺愛に連れて行かれたからと。

リョウは、大した用事ではなかったと苦笑いする。

正直に話せるような内容ではない。

美憂奈は、リョウの言葉が信じられなかった。揺愛が大した用事でもないのにわざわざやってくることなどないという。

リョウ自身、あの日の揺愛が結局何をしたかったのかわからなかった。何もなかったわけではないけど、無事に帰してくれたと美憂奈にいう。

それを聞いて、揺愛にとってリョウは特別な人なのかと聞く。

そう聞かれても、ただ遊ばれているだけみたいだと答えるリョウ。

正直、リョウとしては迷惑だった。

揺愛とそんな風に付き合えるだけで特別な存在だという美憂奈。

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話①ネタバレ感想・考察まとめ

好感度80だとしても、揺愛の特別な人だとするなら、美憂奈はリョウに手を出さないのではないだろうか。美憂奈は強いけど、融通の利く性格ではなさそうだし、そういう筋は通すような性格に見える。たとえ、相手が理想の年下としても。

リョウが揺愛の特別な関係と知る美憂奈 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話① 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

リョウが揺愛の特別な関係と知る美憂奈 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話① 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

好感度80のままゲームクリアして、揺愛との関係がない現実の美憂奈を好きにするという方向で進めればいいんじゃないだろうか。むしろ、ゲーム内でなんとか美憂奈をねんごろにしようとして好感度が下がってしまうのはもったいない。

好感度80以上で現実世界に継承されるシステム | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話① 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

好感度80以上で現実世界に継承されるシステム | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話① 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

揺愛と特別な関係なら、美憂奈はリョウに自分の家を知られていても何の疑問ももたないだろう。むしろ、何用なのかと考えるけど、理想の年下の弟的はリョウに対してお花畑の美憂奈はそんなことを考えないのだろうか。

美憂奈編は、美憂奈を好感度80にして、組織の人間を倒したからミッションクリアなのだろうけど、なんか中途半端な感じがする。ミッションをクリアする条件に該当しそうな要素が二つあるが、二つとも中途半端。

美憂奈の好感度が異常に高い | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話① 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

美憂奈の好感度が異常に高い | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第14話① 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

・美憂奈の好感度を80にした。
・組織を壊滅させた。

美憂奈が好感度を80以上にしたからクリアだとするなら、数値上80になっただけで80になったことによっと起きた何かというものが何もない。また、どうして80まで上がったのか、その上がった理由が納得できるような描写がない。

つまり、好感度が80に上がった理由もわからなければ、80を達成したご褒美もない。

もうひとつは組織の人間を倒したから「悪を倒した」からミッションクリア。しかし、倒したのは組織の一部であり、リョウが組織を壊滅したわけではない。その後に、美憂奈が一人で壊滅させている。あそこにいた人間を始末する現場に立ち会っただけでは、ミッションクリアにするにはハードルが低過ぎる。

このゲーム自体が、攻略対象を女性にして、それを達成させるものだから、前者ではあるだろう。でも前者であっても中途半端感が拭えない。

今までの攻略対象者の末路は、一人目の桜井亜深は逮捕され、二人目の朱峰深雪は車に轢かれて亡くなる。そもそも、いままでは攻略対象者に「好感度」があまり関係なかった。そこにきていきなりの好感度80達成でのミッションクリアというのも腑に落ちない。

マンガUP!『俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった』を読んで。

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 設定・アイテム

ロード:10万

LV1スカウター:10万
スカウターを使用した状態で
対象の女性を見つめると
攻略に必要な情報がでてきます。

LV2スカウター:15万
スカウターを使用した状態で
対象の女性を見つめると
攻略に必要な情報がでてきます。

睡眠スプレー:25万
その名の通り睡眠スプレー。強力な性能を誇る。
アイテムウィンドウでタッチし、対象を見つめる。
持続時間:1時間 効果範囲:1メートル

万能キー:60万
どんなドアでも開けることができる。
ドアの前に立ってウィンドウをタッチ。
使用回数;6回
再購入しても回数は変わらない。
レベルアップ後、再購入により回数の回復が可能。

カメラ:10万
透視カメラ。どんなものでも撮ることができる。
使用をタッチし撮りたいところを視界に収め瞬きする。
使用回数:3回

望遠鏡:70万
透視望遠鏡。壁のように分厚いものは透視不可。

眼鏡:50万
暗闇でも昼間のように明るくしてくれます。

変身薬:100万

無形剣
目に見える全ての攻撃を無形の剣が弾きます。
ただし、目に見える攻撃のみ可能。予測不可能な奇襲には対応できない。

外車:5000万

国産車:800万

ストップウォッチ:3000万

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 概要

平凡なニート長谷川亮は目を覚ましたら、現実そっくりな恋愛ゲームの世界にいた。
ゲームの世界から脱出するには、女たちを攻略するしかない。
与えられた能力「セーブ&ロード」と「アイテム」を駆使し、攻略に乗り出す長谷川。
だが、長谷川が巻き込まれたのは、危ない女たちを命がけで攻略するゲームだった!

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだったを連載している無料マンガアプリ『マンガUP!』について

マンガUP!は毎日10作品以上をアップ!常時100タイトル以上の作品が読める国内最大級の漫画アプリです!

人気のファンタジー、コメディー・ギャグ、バトル・アクション、恋愛・ラブコメ、ホラー・サスペンスなど、15種類以上のジャンルから作品を検索できます!
少年漫画から少女漫画、青年コミックなど多彩なマンガジャンルが勢揃い!恋愛マンガが好きな方もホラー漫画やアクション漫画にハマっている方も満足していただけます!
更に運営がまとめた作品テーマも!好みのジャンル・テーマからお気に入りの漫画を見つけよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です