地獄楽 第31話ネタバレ感想『弔兵衛の兄弟愛』

弟・桐馬を想う弔兵衛の兄弟愛 | 引用元:地獄楽 第31話 著者:賀来ゆうじ

弟・桐馬を想う弔兵衛の兄弟愛 | 引用元:地獄楽 第31話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第31話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第31話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第31話ネタバレストーリー・あらすじ

道士に首を抉られた弔兵衛は倒れる。

兄を心配して桐馬が駆けつけようとするもソウシンが邪魔で近づけない。

道士は、弔兵衛を息があるうちに穴に戻そうと掴みかかる。

うつ伏せに倒れていた弔兵衛が寝返りを打ち、道士の顔面に攻撃をしかける。

道士の顔が抉れる。

喉を抉った弔兵衛を掴もうとした道士 | 引用元:地獄楽 第31話 著者:賀来ゆうじ

喉を抉った弔兵衛を掴もうとした道士 | 引用元:地獄楽 第31話 著者:賀来ゆうじ

弔兵衛は立ち上がり、道士に皮肉をいい、桐馬にザコを任せたといったのに心配していることを注意する。

弔兵衛の抉られた喉が再生していることに驚く道士。普通の人間のはずが、穴で混じったのかと考える。再生能力があったとしてもタオを扱う仙人とは違う。

しかし、それを覆そうとする発言が弔兵衛から飛び出してくる。

弔兵衛は、道士のタオを使った気配について質問してくる。道士は弔兵衛がタオを知覚したのかと考える。

弔兵衛は、ヘタな喋りがやんだということは、あの気配が化物の力の正体かと看破する。

あの気配こそが天仙を倒す鍵かと聞く弔兵衛。

道士は、先刻よりも弔兵衛のタオが大きくなっていることに気付き、危険だと戦闘態勢に入る。

タオの力で遠距離から攻撃をする道士。見えない拳でけん制され、顔を浮かせたあとに上からの打ち落としの攻撃をする。弔兵衛は、腕を交差させて上からの攻撃を防ぐ。

道士のガタイでこの力を、気配に秘密があると確信する。

道士の力により、弔兵衛のガードした両腕が折れる。

しかし、すぐさま折れた両腕が再生し、道士の顔面を殴りつける弔兵衛。

更にタオが増大している。人間の域を超えていると見る道士。自分の再生するカラダが便利になったと軽く見る。

道士は、弔兵衛に体の変化、自分が人間でなくなっていく恐怖がないのかと聞く。

弔兵衛は、この世に不変はない。変わらないものなんてせいぜい一つだという弔兵衛。道士は、その一つというのは自我かと聞く。違うと応える弔兵衛。

昔、ゴロツキの仲間となった長兵衛と桐馬は、ゴロツキから面に育ちの良さがでていて、お上品過ぎて仲間の自分らも舐められてしまうから伊達にしてやると刀と取り出す。まず弟からというゴロツキに、弔兵衛は小刀で自分の右目を潰す。

驚いたゴロツキだが、弔兵衛は、これでもまだ上品ならもっと伊達にしろと小刀をゴロツキに渡す。そんな昔のことを思い出し、変わらないものがなんなのかは、化物にはわからない。誰にもわからないという弔兵衛。

弔兵衛は、タオをもっと見せろと道士に迫る。道士は接近してくる弔兵衛にタオをぶつける。それで足を止めることなく弔兵衛は道士の腹にパンチを入れる。吐血する道士。

弔兵衛は、臍が弱点かと確信する。

弔兵衛のタオがどんどん大きくなっていく。道士は、またタオの弾を発射する。

すると、弔兵衛は、タオの弾を避ける。

見えてきた。タオの弾が見えるようになり、体にも何かを纏っているようなものが見え始める弔兵衛。

道士は、ソウシンに助けを求めるが桐馬は全部始末したからそれは無理だと刀を鞘に納める。

弔兵衛は、術の手の内を見せろと笑う。

道士は、手にタオを集め、タオの弾を放とうとするも、弔兵衛に踏みつけられて手を潰される。

弔兵衛は、そうやって集めるのかと聞く。纏ってるだけで防御には関係ない。簡単に潰れた。天仙と戦ったときは、ほとんどの攻撃が無効だった。自分が纏っていなかったからかと聞く弔兵衛。まだまだ仕組みがありそうだが、実践あるのみという弔兵衛。

弔兵衛はこんな感じかと、手にタオを溜める。

それを見て道士は急成長する弔兵衛をありえないと考える。

タオを使えば化物を倒せると確信する弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第31話 著者:賀来ゆうじ

タオを使えば化物を倒せると確信する弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第31話 著者:賀来ゆうじ

手に溜めたタオで道士を殴りつける弔兵衛。吐血する道士。それを見て、やっぱり倒せるじゃんと笑う弔兵衛。

地獄楽 第31話ネタバレ感想・考察・まとめ

弔兵衛がタオの力を使えるようになったのは、穴に落ちたからだとするなら、何れ、桐馬も覚醒するかもしれない。

ということは、この穴を考案した天仙・ムーダンは敵を強化させる装置を作ってしまったということか。でもタオの力を手に入れられるのは仲間と見るべきなのか。

弔兵衛の再生能力の高さ | 引用元:地獄楽 第31話 著者:賀来ゆうじ

弔兵衛の再生能力の高さ | 引用元:地獄楽 第31話 著者:賀来ゆうじ

いずれにせよ、弔兵衛の再生能力などのスピードからして、かなり強くなる方向だろうな。

道士の再生能力とタオについての発言 | 引用元:地獄楽 第31話 著者:賀来ゆうじ

道士の再生能力とタオについての発言 | 引用元:地獄楽 第31話 著者:賀来ゆうじ

道士の発言から「再生能力」と「タオを扱う」は違うのか。だとするなら、再生能力はどういう力の源なのだろうか。花化させる蝶の毒に関係しているのか。それとタオは別物なのか。いずれにしても弔兵衛はその二つを手に入れた。

弔兵衛は、自我がなくなったとしても弟を守るという兄弟愛が変わらないとするなら、鬼神と化して辺りを破壊しまくる化物になっても桐馬だけは守るだろう。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流?位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です