俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ネタバレ感想『また揺愛に呼び出されるリョウ』

渋谷でふんぞり返ってリョウを待つ九空揺愛 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

渋谷でふんぞり返ってリョウを待つ九空揺愛 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ネタバレストーリー・あらすじ
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ネタバレ感想・考察まとめ
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 設定・アイテム
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 概要
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだったを連載している無料マンガアプリ『マンガUP!』について

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ネタバレストーリー・あらすじ

リョウは松根春賀の部屋に仕込んだアイテム「イヤホン」の通知を待っていた。

しかし、「イヤホン」からの通知がなく、待っていてもしかたがない行ってみるかと上着を着る。

その時、電話のコール音が鳴る。「イヤホン」からの通知かと喜んで携帯電話を手にするとリョウの表情が暗くなる。

九空揺愛からの非通知コール | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

九空揺愛からの非通知コール | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

非通知設定の番号からの電話。九空揺愛だと予想するリョウ。

いつもこういうタイミングでかけてくるかなと落胆しながらも電話を取る。

今すぐ来てとリョウに命令する揺愛 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

今すぐ来てとリョウに命令する揺愛 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

電話に出るなり、揺愛は「今すぐ来て」という。言っている意味がわからないとリョウの返事に、二回同じこと言わせる気と揺愛は電話を切る。

もう一度、揺愛から電話。5分だけ待つといって電話を切る。

攻略の最中だというのに、リョウはキレ気味で家を出て、すぐにタクシーを捕まえる。

料金の二倍払うから渋谷まで急いでというと、運転手は最近はそういうの困るという運転手。リョウは、10倍、いや20倍だすからというと、運転手は了承した。

渋谷にいる揺愛の元に息切れをして到着したリョウ。

揺愛は2分遅刻とリョウを咎める。電話のあとすぐにタクシーに乗ったからそんなはずはというも言い訳を聞き入れる雰囲気ではない揺愛。

リョウは、ロードも視野に入れる。

揺愛はまいいわと横に座るようリョウに命令する。リョウが横に座り、デートしてる時だったら無視してたぞというと、リョウにデータと笑う揺愛。その態度に怒ろうとするリョウだが、揺愛のほうが不満そうだった。

自分が怒るのもやめて、とりあえず揺愛の用件を聞くことにするリョウ。

揺愛はつまらないという。退屈だから何か面白いことしてという。

そういわれてどうしろというんだと思うリョウ。

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ネタバレ感想・考察まとめ

揺愛という目の上のタンコブをなんとかしないとストーリーが進まない。いや、揺愛が重要なキーマンになっていくのか。そうでないなら、度々、用もないのに高圧的な態度で呼び出す揺愛は別段面白くないし、不快だからカットしてほしい。

つまらなくて退屈だから面白いことを要求する揺愛 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

つまらなくて退屈だから面白いことを要求する揺愛 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話③ 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

つまらないのは、自分がつまらない人間だからと気付かないのだろうか。

マンガUP!『俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった』を読んで。

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 設定・アイテム

ロード:10万

LV1スカウター:10万
スカウターを使用した状態で
対象の女性を見つめると
攻略に必要な情報がでてきます。

LV2スカウター:15万
スカウターを使用した状態で
対象の女性を見つめると
攻略に必要な情報がでてきます。

睡眠スプレー:25万
その名の通り睡眠スプレー。強力な性能を誇る。
アイテムウィンドウでタッチし、対象を見つめる。
持続時間:1時間 効果範囲:1メートル

万能キー:60万
どんなドアでも開けることができる。
ドアの前に立ってウィンドウをタッチ。
使用回数;6回
再購入しても回数は変わらない。
レベルアップ後、再購入により回数の回復が可能。

カメラ:10万
透視カメラ。どんなものでも撮ることができる。
使用をタッチし撮りたいところを視界に収め瞬きする。
使用回数:3回

望遠鏡:70万
透視望遠鏡。壁のように分厚いものは透視不可。

眼鏡:50万
暗闇でも昼間のように明るくしてくれます。

変身薬:100万

無形剣
目に見える全ての攻撃を無形の剣が弾きます。
ただし、目に見える攻撃のみ可能。予測不可能な奇襲には対応できない。

外車:5000万

国産車:800万

ストップウォッチ:3000万

鉛筆:40万
その場面を思い浮かべるだけで、過ぎ去った記憶を写真のように書き出すことが出来る。

サングラス:100万
すべてのアイテム効果を無効化する。

イヤホン:80万
録音したい場所で使用することで設置される。解除するまで、その場所の全ての音が録音される。各種の音を区分して、希望する部分だけを確認可能。希望する音を選択すると、その音が文字で転送される。

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 概要

平凡なニート長谷川亮は目を覚ましたら、現実そっくりな恋愛ゲームの世界にいた。
ゲームの世界から脱出するには、女たちを攻略するしかない。
与えられた能力「セーブ&ロード」と「アイテム」を駆使し、攻略に乗り出す長谷川。
だが、長谷川が巻き込まれたのは、危ない女たちを命がけで攻略するゲームだった!

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだったを連載している無料マンガアプリ『マンガUP!』について

マンガUP!は毎日10作品以上をアップ!常時100タイトル以上の作品が読める国内最大級の漫画アプリです!

人気のファンタジー、コメディー・ギャグ、バトル・アクション、恋愛・ラブコメ、ホラー・サスペンスなど、15種類以上のジャンルから作品を検索できます!
少年漫画から少女漫画、青年コミックなど多彩なマンガジャンルが勢揃い!恋愛マンガが好きな方もホラー漫画やアクション漫画にハマっている方も満足していただけます!
更に運営がまとめた作品テーマも!好みのジャンル・テーマからお気に入りの漫画を見つけよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です