奴隷遊戯 第37話ネタバレ感想『コンピラシティランキング第3位の奴隷・鳥立』

コンピラシティランキング第3位の奴隷・鳥立 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング第3位の奴隷・鳥立 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第37話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第37話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第37話ネタバレストーリー・あらすじ

コンピラシティの横スクロールゲームのステージ2の3面。

狭い通路の巨大な鉄球が転がってくる。

奴隷は、必死に逃げるも鉄球に追いつかれ、潰される。

次は、カイ。

転がる鉄球の先にいるのはテラノ。

テラノは転がってくる鉄球から逃げず、正面から受け止める。

鉄球の勢いでテラノのカラダごと後ろに下がっていくも潰されることなく持ちこたえ、鉄球を止めてしまう。

テラノはさらに鉄球を壁いぶつけ、壁は破壊。鉄球をコースアウトさせてしまう。

ステージのボスは、缶コーヒーを飲み、飲んだ缶コーヒーを放り投げると持っていたムチで缶コーヒーを切断する。

ボスは、自分のところにたどり着ける挑戦者はいなさそうだなと余裕の表情だった。

ボスの天井の上のほうから何か騒音が聞えてくる。

騒音は近づいてきて、天井をぶち破り、鉄球が落ちてくる。

その鉄球に潰されボスは命を落とす。

テラノがコースアウトさせて鉄球が偶然、下層で待機していたボスを倒してしまった。

それを天井上から見たテラノは簡単にやられやがってと不満を募らせる。もっと暴れさせろ。

カイのところにステージ2クリアおめでとうございますとコンピラシティのエージェントが挨拶にくる。前回同様に3000万デロスが換金所で受取れるという。ステージ3の賞金は4000万デロスに上がりますので是非遊んでくださいとアナウンスする。

カイは、エージェントに次のステージを連続でチャレンジできないのかと聞くと、ステージの用意もあるので、チャレンジできるのは来週になると頭を下げる。

テラノといえど、リスク冒す回数は減らしたいと考えるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

テラノといえど、リスク冒す回数は減らしたいと考えるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

このゲームで23億デロスを貯めるのは時間がかかりすぎる。それにテラノがいくら強くても何十回もこんな無茶をさせたら何か起こるかわからない。リスクを冒す回数は減らしたほうがいい。

カイは意気消沈して部屋をでていく。カイがまたクリアしたと驚く観客。カイの奴隷は元プロレスラーのようだと会員同士で話をする。横スクロールゲームで稼ぎ続けるつもりかなというと、レックスの噂を聞いていないのかと。カイはロイヤル会員の鷹司と特別なゲームをするそうだという。それに興奮する会員。

天田に特別なゲームがあるらしいと噂話をする佐川 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

天田に特別なゲームがあるらしいと噂話をする佐川 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司は街の外にも知られる、とても強力な四人の奴隷を所有している。

今度こそ、高校生の破滅が見られると涎をたらす会員たち。

鷹司は強力な奴隷を4人所有している | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司は強力な奴隷を4人所有している | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング3位の鳥立という奴隷がトレーニングをしている。

足に重りをつけて、サンドバッグを蹴り続け、サンドバッグを蹴りの威力だけで破壊する。

鳥立は、靴を履く。準備ができたといわれいくと、宙吊りになった奴隷がひとりいる。

高さは自分の身長よりも高い。いい高さだといい鳥立は靴の先を床に何度か蹴る。するとつま先から刃物がでてくる。

鳥立は、屈みジャンプする。その跳躍は、宙吊りになった奴隷の高さまで上昇する。

鳥立は、宙吊りになった奴隷の腹に刃物がついた靴で蹴りを入れる。鳥立の蹴りは、宙吊り奴隷の腹を貫通する。

しかし、貫通した足が抜けず、鳥立も同じように宙吊りになる。

奴隷遊戯 第37話ネタバレ感想・考察まとめ

宙吊りの奴隷を凶器が突いた靴で蹴るというのが何のトレーニングになるのは不明。しかもこのデモンストレーションで強さを測ることもできないから更に謎。

鳥立が、テラノと強いかどうかといわれると全然わからない。

鳥立が、案外マヌケということだけわかったかな。それを知らせるための描写だったのか。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です