寄生獣リバーシ 第17話ネタバレ感想『タツキは草野を見て寄生生物と見分ける』

タツキを迎えに警察署に来る広川市議 | 引用元:寄生獣リバーシ 第17話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タツキを迎えに警察署に来る広川市議 | 引用元:寄生獣リバーシ 第17話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

  • 寄生獣リバーシ 第17話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 寄生獣リバーシ 第17話ネタバレ感想・まとめ
  • 寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター
  • 寄生獣リバーシ 概要
  • 寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

寄生獣リバーシ 第17話ネタバレストーリー・あらすじ

タツキを警察署まで迎えに来た広川市議。

警察署内で広川市議とすれ違う平間刑事 | 引用元:寄生獣リバーシ 第17話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

警察署内で広川市議とすれ違う平間刑事 | 引用元:寄生獣リバーシ 第17話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

玄関で平間刑事と鉢合わせし、素通り。通り過ぎえて平間刑事が一度、広川市議に振り返る。

広川市議は、警察に往来での息子への暴行・強制連行はまるで犯罪者のような扱い。横暴が過ぎると告訴も辞さないという。

警察は弁明の余地もないと反論しない。

件の警官に関しては本部観察室に報告の上しかるべき処遇を与える所存。それでどうか穏便にご容赦くださいと広川市議に願い出る。

そこに、タツキが連れてこられる。

深見と一之瀬が広川市議に頭を下げて謝罪する。

無言のまま、タツキを連れ帰る広川市議 | 引用元:寄生獣リバーシ 第17話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

無言のまま、タツキを連れ帰る広川市議 | 引用元:寄生獣リバーシ 第17話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タツキは黙って広川市議についていく。

外に出て待っていた車には草野が乗っていることに気付くタツキ。

タツキと広川市議は後部座席に乗る。

二人は終始無言。

寄生生物となんで一緒にいるのかと広川市議に問うタツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第17話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

寄生生物となんで一緒にいるのかと広川市議に問うタツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第17話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タツキには寄生生物を見分ける能力がある。運転席に座る寄生生物について父親に話せば、二人とも始末されると予想する。

草野に一瞬で切断されるタツキと広川市議 | 引用元:寄生獣リバーシ 第17話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

草野に一瞬で切断されるタツキと広川市議 | 引用元:寄生獣リバーシ 第17話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

広川市議は「帰る」と草野に指示を出し、車を出させる。

寄生獣リバーシ 第17話ネタバレ感想・まとめ

タツキは、寄生生物を見分ける能力があるなら、まだ増田が生きていた頃に、廃屋でタツキを補導した時、広川が連れていた職員も寄生生物だったとしたら、父親がすでに寄生生物と関わっていることを知っている。

友人を始末した寄生生物と仲良くやっている父親が許せない。父親の正義はどこにいったのだと考えるのか。

深見に問い詰められて、父親を庇ったのも、すでに父親が寄生生物とかかわりがあるのを知っていたからだろう。

コミックDAYS『寄生獣リバーシ』を読んで。

寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター

タツキ
広川を父親に持ち、事件の現場を目撃している。

広川剛志
パラサイトの肩を持つ人間。

田宮良子(田村玲子)
広川を面白がって協力するパラサイト。

鈴木
広川家の家政婦。

深見
東福山署の刑事。「砂の女」の話をし、タツキを怪しむ。

増田
東福山署の刑事。深見の相棒だったがパラサイトに始末される。

朝河
タツキのクラスメートの女子高生。

南真子
タツキのクラスメートの女子高生。メガネ。

堀田亮平
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに始末される。

上杉一成
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに兄と一緒に始末される。

一之瀬栄治
生活安全課。深見の新しい相棒。

平間
北署の警部補。

寄生獣リバーシ 概要

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。 新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争が明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。 彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。 その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、 その裏側を描く物語がここに開幕!

寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です