カラダ探し解 第35話ネタバレ感想『健司vs赤い人』

健司は「赤い人」と戦いにいったと説明する美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

健司は「赤い人」と戦いにいったと説明する美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

  • カラダ探し解 第35話ネタバレストーリー・あらすじ
  • カラダ探し解 第35話ネタバレ感想・考察
  • カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

カラダ探し解 第35話ネタバレストーリー・あらすじ

最終日・七日目。

マネキンを見て何かに気付いた美雪。

美雪はマネキンが見つめる角度に注目。

その視線の先を指差す美雪。

指差す方向は中庭。

美紗は美雪の夢の中では頭が明日香だったことを思い出し、美雪を褒める。

マネキンの頭の部分に異様な何かを感じるという。

美紗は、留美子にマネキンを動かすように指示を出す。

留美子がマネキンを回転させる。

すると首だけが元の向きに向き直る。

マネキンの体を回転させても頭だけは同じ方向みようとする | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

マネキンの体を回転させても頭だけは同じ方向みようとする | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

留美子は更にマネキンのカラダを回転させ、後ろ向きにするむ首だけは元の方向に戻る。

マネキンが見ている探そうとするその時、誰かの叫び声が聞える。「赤い人」ではないと不安になる美雪。

誰かがやってくる。

階段からあがってきたのは、あゆみと龍平。

叫び声は健司だというと留美子はカラダが揃う前に「赤い人」に始末されたのと心配する。

龍平は、カラダは揃ったというもその瞬間に健司に異変が起きて、「赤い人」のほうへと走っていったと伝える。

健司はおかしくなって「赤い人」に向かっていったと説明する龍平 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

健司はおかしくなって「赤い人」に向かっていったと説明する龍平 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

それを聞いて意味がわからない留美子。自分で説明して自分も訳がわからないと応える。

美雪は、マネキンが見つめる先を腕と指を使って方向を定める。その指の先を美紗が計る。

美紗は、壁をつきぬけ、その先にある中庭のものを透視する。

木の横におかれば岩をマネキンは見つめていた。

場所がわかったという美紗。

龍平は健司はどうすると聞くと、カラダが全部揃ったことで山岡泰蔵が目覚めたという。山岡は、健司の祖父の兄で、美子と一緒に始末された人物。

山岡泰蔵と小野山美子はとても仲がよかった。だから始末された泰蔵の魂は美子を守るためさまよっていた。

本当の世界では健司に取り付き、美子を守るため美子の敵となる人間を攻撃していた。

留美子は、健司が「赤い人」と協力して襲ってくることを恐れるも否定する美紗。

健司の記憶から泰蔵は美子に悪霊が取り憑いていることを知っている。そして、今、「赤い人」のところへ向かったのならば、泰蔵は美子を守るために「赤い人」と闘いにいったという。

美紗たちは走る。

健司が「赤い人」と戦っている今しかないという。

中庭にやってきた美紗たち。

マネキンが見ていたのはあの岩だという美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

マネキンが見ていたのはあの岩だという美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

留美子はマネキンの視線の先を美紗に聞く。マネキンが見ていた先はあの岩だと指差す美紗。

留美子は岩を龍平にどかすように指示する。

しかし、岩は予想以上に大きく簡単にはどかせない。

龍平が何度も蹴るも動かない。

龍平と留美子と美紗が力を合わせて、岩をどかそうとする。

何度も力を合わせて岩を押す。

美紗は美紀の力も使う。やっとのことで岩をどかすも心臓は見当たらなかった。

美紗は何かを感じ、岩の下を掘る。

美子の心臓を見つける美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

美子の心臓を見つける美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

美子がバラバラにされて、建設中のこの校舎に隠されたとき、遺体からこぼれた。やっと見つけたと大事に美子の心臓を拾い上げる美紗。

美紗は、留美子に元の世界に戻ってという。

カラダ探し解 第35話ネタバレ感想・考察

中庭を巡る「赤い人」との攻防が続くかなと思ったけど、あっさりと心臓が見つかった。

健司がおかしくなって「赤い人」と闘いにいったのは予想外だった。

少年ジャンプ+『カラダ探し解』を読んで。

カラダ探し解 概要

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です