地獄楽 第42話ネタバレ感想『士遠の秘策の技』

天仙様を葬り士遠の秘策の技 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

天仙様を葬り士遠の秘策の技 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第42話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第42話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第42話ネタバレストーリー・あらすじ

ムーダンと相対する士遠。失血が多く、ムーダンとの戦いに早期剣着をつけなければ、士遠が危ない。

そこに、佐切とムルガイが助太刀に近づいてくる。

士遠は離れていろという。

佐切は、ムーダンの弱点を知っているという。

力の源は丹田。ここまでで唯一手ごたえがあった箇所。先ほどは浅かったようだが芯を捉えれば倒せるはずだという佐切。

今のムーダンには丹田が二つある上、触手にかするだけでも致命傷だという士遠に、佐切は、包帯とゆずりはの粘液で肌を覆い、特殊な強度を持つ粘液ならかする程度の攻撃や花化も防げるだろうという。

佐切のカラダを舐めて粘液を移すゆずりは | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

佐切のカラダを舐めて粘液を移すゆずりは | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

ヌルガイと佐切が囮になり、正面をとる。相手も佐切を警戒している隙に背後をとってほしいと作戦を述べる。

作戦を伝えている間にもムーダンは攻撃の手を休めない。

ヌルガイも触手をかわして斬る。

触手の次は手で攻撃してくるムーダン。

それを弾き返す佐切。

佐切は、ムーダンを正面から食い止める。

それを見て士遠は、佐切が強くなったと実感する。

タオを知覚し、敵の動きの先を読んでいる。

士遠以上の正確さと速度で。

逞しくなった佐切に、佐切の作戦に乗ることにした士遠。

背後にまわろうとする士遠に触手攻撃をするムーダンだが試一刀流村時雨で弾き返される。

タオ弾を発射するもすべて回避する士遠。

士遠は、ムーダンの足を切る。ムーダンの触手の先も足も再生が遅い。

士遠は自分の命を落としたとしても敵を倒す。

ヌルガイと佐切に危険に晒したことを謝罪するも士遠は止まることができなかった。

憎しみが悔しさに支配されている士遠。

典坐を見捨てた自分を許さない士遠 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

典坐を見捨てた自分を許さない士遠 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

息子のように思っていた愛弟子の典坐を助けずに逃げることしかできなかった自分自身を許さない。

てんせん様を絶対に許さない。

自分の命を賭して復讐を誓う士遠 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

自分の命を賭して復讐を誓う士遠 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

佐切が、ムーダンの手を地面に縫いつけ動きを止める。

士遠が実験を重ねて編み出した秘策。カラダに流れるタオを刀身に集める。

てんせん様が亡くならないのなら、命の儚さ、重さ、恐ろしさを教えてやると、タオが集まった刀身を振り下ろす。

地獄楽 第42話ネタバレ感想・考察・まとめ

典坐を始末したのはムーダンではないから、(確か、ヂュジン)ここで命を落としたらダメだぞ、士遠。

本当の仇を討つまで生き延びろ。

しかし、このパターン。士遠の一撃でムーダンはやられないのではないだろうか。

致命傷を与えるが倒しきれず、士遠の命が尽きる。

士遠の業を見ていた佐切が、似たような業で仕留めるという流れか。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です