中間管理録トネガワ 第59話ネタバレ感想『ゾンビと化す多重債務者』

グレーゾーン金利撤廃に驚愕するトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

グレーゾーン金利撤廃に驚愕するトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第59話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第59話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第59話ネタバレストーリー・あらすじ

山崎が血相を変えて部屋に飛び込んでくる。

トネガワはノックもなしにとタバコを吸いながら不満を口にする。

しかし、山崎は事の重大さにトネガワの不満を無視し、新聞を見たかと聞く。

まだだというと山崎はすぐに新聞を取り出し、トネガワにある記事を見せる。

見て驚くトネガワ。

グレーゾーン金利の撤廃と大見出しにある。

グレー金利とは、利息制限法と出資法の二つの上限金利の闇の金利帯のことで、つまり、グレー金利の撤廃とは、端的に言えば、これまで違法金利だが明確に違法とみなされなかった金利利率がアウトになるということ。

帝愛の金利はもろグレー。

アウツ中のアウツ。

今度は佐衛門が慌てて部屋に入ってきて外が大変だという。

グレーゾーン金利撤廃で多重債務者が帝愛ビルに押しかける | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

グレーゾーン金利撤廃で多重債務者が帝愛ビルに押しかける | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

外は、過払い、金返せなどのプラカードを持った人だかりができている。

佐衛門は帝愛は終わりだといい、今日限りで辞めるとグラサンを取る。

山崎は止めようとするもトネガワは止めようとする山崎を止める。

トネガワは他にも辞めたいやつがいたら裏口から逃げることだといい、自分は会長のところにいくという。

会長室では、兵藤会長が爆発寸前の怒りに満ちていた。

あれだけの根回しをしたのに。

トネガワが兵藤会長を逃がそうとするも、その時権田から電話がかかり、裏口もダメだといわれる。

裏口も多重債務者で封鎖されていた | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

裏口も多重債務者で封鎖されていた | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

裏口にも人だかりができ、ドアを叩き、今にも雪崩れ込んでくるという。

トネガワは権田たちを他の場所から逃げろというも権田は逃げないという。最後まで帝愛の黒服として職務を全うするつもりだった。

襲い掛かってくる多重債務者を迎え撃つ黒服 | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

襲い掛かってくる多重債務者を迎え撃つ黒服 | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

ドアを破り雪崩れ込んでくる多重債務者に立ち向かう権田たち。

トネガワは下は危ないと兵藤会長を上へと誘導する。

帝愛のビル中に多重債務者がまるでゾンビ映画のゾンビのよういうろついている。

多重債務者が「いたぞ、会長だ」という声に見つかったと思ったが、まさやんが棒を持って立っていた。

まさやんは、襲い掛かる多重債務者を杖でいなしながら戦っている。山崎がまさやんを助けに行こうとするもトネガワが止める。

まさやんの覚悟を無駄にするつもりかと。

今のうちに、本物をおぶって逃げる。

しかし、まさやんは多重債務者に捕まってしまう。

屋上までやってきたトネガワたち。屋上では、ヘリがホバリングして空中で待機していた。ヘリから縄梯子が下ろされ、兵藤会長を誘導する。

縄梯子に登る三人だが、多重債務者が追いつき、縄橋子を掴む。

トネガワは、了承してかりたのはキサマらだと蹴落とそうとするも数の圧倒で、足を掴まれ、服を掴まれ、強引を下ろされてしまう。

落ちたトネガワにゾンビのように群がる多重債務者。

ベッドから飛び起きるトネガワ。

夢。

一連の出来事はすべてトネガワが見た夢。

トネガワは冷蔵庫の飲み物を飲んで一息つく。

ゲレー金利の撤廃なんてあるはずがないと歯ブラシに歯磨き粉をつけて、ベランダにでるトネガワ。

しかし、2018年の日本では、グレー金利は撤廃されている。払いすぎている借金が戻ってくるかもしれない。

中間管理録トネガワ 第59話ネタバレ感想・まとめ

多重債務者が完全にゾンビだった。

帝愛ビル内をゾンビのようにうろつく多重債務者たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

帝愛ビル内をゾンビのようにうろつく多重債務者たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です