デスラバ 第48話ネタバレ感想『拉致られた理由が発覚!世界はリア獣だらけになっていた!』

さやかは、康介と | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

さやかは、康介と | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

  • デスラバ 第48話ネタバレストーリー・あらすじ
  • デスラバ 第48話ネタバレ感想・まとめ
  • デスラバ 登場人物・キャラクターまとめ
  • デスラバ 概要
  • デスラバを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

デスラバ 第48話ネタバレストーリー・あらすじ

さやかが康介に外の世界のことを告白する。

数年前にある研究機関で未知のウイルスが開発された。

発端は未知のウイルスを開発したことからだと真相を暴露しはじめるさやか | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

発端は未知のウイルスを開発したことからだと真相を暴露しはじめるさやか | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

そのウイルスが発症すると、男を化物に変えてしまう。女性は感染しても何も起らず、男性だけに影響するウイルス。

ところが、すべての男性が発症するわけではなかった。発症しない男性には、共通したある特徴があった。それは「童貞である」ということ。

ウイルスに感染すると女性は無害だが男性はリア獣に変貌する | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

ウイルスに感染すると女性は無害だが男性はリア獣に変貌する | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

行為を経験したことがある人物とない人物とでは、特定の染色体の塩基配列に微弱な変化が見られる。と言われていると説明するさやか。

そのウイルスの発症によって生まれる経験済みの男性だけが変貌する化物。それらを通称リア獣と呼ぶ。

体長は、人間大から数十メートルに及ぶものまで個体差があるが、共通して正確は凶暴で知性はほぼなく、人語を解さない。鋭い牙と強靭な爪。人間を遥かに凌駕する膂力。

リア獣の特徴 | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

リア獣の特徴 | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

危険な生物だけど、リア獣の存在が研究機関から外に漏れることはなかった。ないはずだった。

数ヶ月前に突然、ウイルスが世界中に拡散する。ウイルスは、瞬く間にパンデミックを起こした。世界中の男性がリア獣へと変貌。人を始末し、街を破壊した。

そんな状況から人類を救うべく組織されたのが、世界救済機関WRO通称聖女機関。

設立は数年前まるで予言したかのように立ち上がった。目的はリア獣の撃退と生存者の保護。さやかの母が機関の設立に関わっている。訳もわからず、さやかも訓練に参加させられていた。

康介は、自分たちを監禁したのも生存者の保護のためかと聞く。

さやかは、答えはノー。聖女機関のもうひとつの目的のため。人類の種の保存。

たとえリア獣を撃退しても男性がいなくなれば、人類はいずれ滅びる。だから聖女機関は、ウイルス未発症の童貞を集めて、世界各国にある施設で保護している。

そこで、聖女機関の女子と行為をさせて、子孫を残す。生まれてくる子供にはリア獣化ウイルスに抵抗力があることが報告されている。

聖女機関は人類の種の保存のための役割を担う | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

聖女機関は人類の種の保存のための役割を担う | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

康介は反論を続ける。体外でのやり方もあるというもそれもノー。

例外なく、ウイルスの抵抗は失っている。唯一の方法は、機関が開発した薬を女性が服用し、行為をすること。

康介は、先に解放された助川のことを心配する。助川は、リア獣になっているか、なっていなくても外はリア獣だらけの世界。一人解放しても大差はないという。それを聞いて頭を抱える康介。

もし、さやかと最後までしてたらと康介が聞くと、さやかはリア獣になる前に自分が康介を始末しなければならなかったという。

伊良部も絵里奈から事の真相を聞かされて、耳を疑った。

絵里奈は、仲間を救うために命を捨てる覚悟はあるかと聞く。

絵里奈と行為を及べば、伊良部はリア獣になる。リア獣になって暴れれば、上條だろうと一ひねり。ただそうなったら伊良部は人間じゃない。そう簡単に自分の命を投げ出せるやつなんていない。絵里奈はそう思ってた。

しかし、伊良部は絵里奈を抱きかかえキスする。

覚悟はとっくに出来てる。仲間は守る。絵里奈を抱くと絵里奈に覆いかぶさる。

伊良部は絵里奈を抱く決意をする | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

伊良部は絵里奈を抱く決意をする | 引用元:デスラバ 第48話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

デスラバ 第48話ネタバレ感想・まとめ

伊良部は仲間のためにとカッコイイことを言っているけど、理性もないリア獣になりさがったら上條とか認識できずに手当たり次第破壊しまくる可能性だってある。

その辺りの危険性も考慮しての決断なのだろうか。

どこに隠れたかわからないが、絵里奈が目覚めた今、何か罠なりを仕掛けて難問をクリアすることはできないのだろうか。

どれぐらいのDTを収容しているかわからないけど、監視する側の人間の登場人数と、監視される側の登場数からすると、相当小規模なのか。1話、2話、3話、46話、47話、48話しか読めてないから名前があるヤツ以外にもいままで出てきたのか不明だけど、でてきてないならかなりの小規模。外に出られないような施設を作っておいて、この人数しか収容できなかったのなら、聖女機関は失敗だな。

DTなら沢山いただろうに。ウイルスが感染してパンデミックになったとしても、すぐにはDTがやられるわけじゃないと思う。それに、もうちょっと未成年が多数いてもいいんじゃないだろうか。小学生とか中学生とか未就学児とか。その辺りはみんなリア獣にやられちゃったのかな。

聖女機関は、別に政府機関でもないから、こっそりと、車で拉致ってくるしかなかったということか。それだとしても少ないような気がするけど。

マガポケ『デスラバ』を読んで。

デスラバ 登場人物・キャラクターまとめ

藤代康介(ふじしろこうすけ)
女嫌いの高校生。

さやか
所長。康介の幼馴染の女性。

伊良部和親(いらぶかずちか)
17歳。リーゼントの男。

助川清(すけかわきよし)
33歳。メガネで潔癖症の男。

風祭俊太(かざまつりしゅんた)
16歳。

大河原岬(おおがわらみさき)
24歳。デブ。

上條(かみじょう)
28歳。無表情な男。カギなど盗む。元傭兵。

愛奈(あいな)
金髪の女性。

絵里奈(えりな)
貧乳の長髪の女性。

デスラバ 概要

女嫌いの高校生・藤代康介は学校からの帰り道、突如何者かに拉致されてしまう。目が覚めると、椅子に縛り付けられ、見知らぬ美少女に嬲られようとしていた!!そこは男が檻に閉じ込められ、女たちに管理される謎の監獄!!ここは一体どこなのか?そして美少女たちの目的は!? 謎が謎を呼ぶ、絶望エロティック・サスペンス!!

デスラバを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です