【新連載】ケンガンオメガ 新連載 第2話 ネタバレ感想『伝説のサラリーマン山下一夫』

伝説のサラリーマン山下一夫 | 引用元:ケンガンオメガ 新連載 第2話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

伝説のサラリーマン山下一夫 | 引用元:ケンガンオメガ 新連載 第2話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 新連載 第2話 ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 新連載 第2話 ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 新連載 第2話 ネタバレストーリー・あらすじ

光我は、山下家で朝食を食べていた。

山下一夫と次男の康夫と光我の三人で朝食の納豆について話していた。

一人暮らししていない長男の部屋を借りている光我。

山下は先に出社するからあとでくるといいと光我を置いて先に出ようとするも光我は一緒に出るという。

社長が徒歩通勤なことに驚く光我。山下は、こういうのんびりとした時間も人生には必要だという。

山下は、闘技者見習いだから拳願仕合のときだけ手伝ってくれればいいというが、光我は飯と寝床の分は働くという。

出社すると秋山がすでにオフィスにいた。

光我は、秋山のことをマブいと評する。山下は、光我よりもずっと年上と紹介すると、秋山は「少し」と訂正する。

ざっと秋山のことを紹介すると、光我が社員は「三人」と書かれてあったともう一人のことを聞く。もう一人の社員はエジプトに出張中だという山下。

山下は、拳願会長との面談があるので、光我を秋山に託し、オフィスを後にする。

光我は早速秋山の年齢を質問するも、そういう質問は受け付けないと返す秋山。

乃木グループ本社にやってきた山下。乃木グループ社長並びに拳願会会長の乃木秀樹。

会長秘書(新人)の君島まなは山下を凝視する。二年前のトーナメントで乃木会長を拳願会長に押し上げた功労者。伝説のサラリーマン山下一夫。君島まなは山下のファンだった。

役員会議は午後だったのに早めに呼びつけた理由を乃木に聞く山下。

乃木は、拳願会の求心力が失われていることに意見が聞きたいという。

ダークウェブに拳願会に所属する企業リスト、拳願仕合の画像数点がダークウェブに流出した。

そんなまねができるのは拳願会員だけ。拳願会員の内部に拳願会を滅ぼそうとしている者がいる。

先代会長の片原滅堂の威光が薄れたこととで、隠れていた不穏分子の活動が活発になったのか。乃木が定めた「新ルール」に不満を持つものたちの反乱か。

山下は、どちらの可能性もあり、内部だけの問題ではないと指摘。

日本浦格闘技界最大規模の団体「煉獄」。煉獄を主催する投資家の豊田出光が金に糸目をつけずに優秀な格闘家を次々にスカウトしている。拳願仕合の闘技者からも煉獄に移籍する者もでている。中小裏格闘技団体の中には主力選手を引き抜かれて興行ができなくなったところもある。

乃木は君島に先方の返事の確認をする。来週末、先方より昼食会の提案があったと返事。乃木はどこでも出向くという。

拳願会と煉獄、両組織の合併について協議するという乃木 | 引用元:ケンガンオメガ 新連載 第2話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

拳願会と煉獄、両組織の合併について協議するという乃木 | 引用元:ケンガンオメガ 新連載 第2話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

その先方とは、「煉獄」代表の豊田出光。拳願会と煉獄、両組織の合併について協議するという乃木。

合併という言葉に驚く山下。合併が実現すれば拳願会はアジア最大の裏格闘技となる。煉獄側としても組織を拡大する絶好の機会だと、拳願会に煉獄が下る前提で話を進めてることを指摘する山下。

拳願会vs煉獄との対抗戦で勝負を決めるという乃木 | 引用元:ケンガンオメガ 新連載 第2話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

拳願会vs煉獄との対抗戦で勝負を決めるという乃木 | 引用元:ケンガンオメガ 新連載 第2話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

煉獄側から提案があり、拳願会と煉獄。両軍から代表選手を選出し、対抗戦を行う。勝った団体が敗者を吸収する究極の拳願仕合だという乃木。

対抗戦は一年後。双方十三名の代表選手を選出し、勝ち越した団体が勝利 | 引用元:ケンガンオメガ 新連載 第2話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

対抗戦は一年後。双方十三名の代表選手を選出し、勝ち越した団体が勝利 | 引用元:ケンガンオメガ 新連載 第2話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

対抗戦は、一年後。双方、13名の代表選手を選出し、勝ち越した団体が敗れた団体を吸収することとなる。

山下は、勝負に負ければ拳願会は消滅してしまう。負ければ、乃木グループどころか会長の命も危ないと心配するも、乃木は絶対に勝つと自信を持っている。そして、その13名の選出は山下に任せると肩を叩く乃木。

代表闘技者十三人の選出は山下に一任する乃木 | 引用元:ケンガンオメガ 新連載 第2話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

代表闘技者十三人の選出は山下に一任する乃木 | 引用元:ケンガンオメガ 新連載 第2話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

乃木が対抗戦のことを承諾したと秘書が豊田出光に報告する。

出光は、今回の会長は強欲だという。煉獄が持っている東アジア裏格闘技界とのパイプが欲しいのだろうと。前会長が築いた東南アジア裏格闘技界のコネだけでは満足できないのかと。しかし、出光は自分も強欲だからと乃木のことを別段貶さない。

山下商事では、光我がオフィスの掃除をしていた。

光我は腹がへったから昼飯にしようと秋山を誘うも闘技者リストを整理しているから掃除して待っててと指示を出す。

闘技者は企業専属とフリーランスの二種類があって、山下商事が扱っているのは主にフリーランスだという。それを聞いて、光我はこいつのデータはないかと懐から一枚の写真を出す。

写真を秋山に見せる前に誰かがオフィスに入ってくる。

入ってきた男の顔を見て、光我も秋山も硬直する。

龍鬼だった。龍鬼の顔を見て、王馬だと錯覚する二人。

ケンガンオメガ 新連載 第2話 ネタバレ感想・考察まとめ

光我のことだから、龍鬼にいきなり手を出すのだろうな。しかし、実力差があって、相手にならない。今回は滅堂のような強いオーラを持った人間がここにはいないから龍鬼を止めることができないのではないか。攻撃したくはないが向かってくる敵を黙らせるために龍鬼は光我にトドメを刺そうとするだろう。それをどう止める。秋山が「王馬」という言葉を発し、龍鬼が何かしら王馬のことを知っていたら動きは止めるかもしれない。

山下は役員会議もあるから帰ってこないだろうし。串田がたまたま早く帰ってきて、止めにはいるのか。

ケンガンオメガ連載2話目にして、もう大きな流れが出ちゃったね。煉獄との対抗戦。13名か。

成島光我
臥王龍鬼
今井コスモ
理人
関林 ジュン
若槻 武士
加納 アギト
御雷 零
ムテバ・ギゼンガ
鎧塚 サーパイン
因幡 良
ガオラン・ウォンサワット
大久保 直也

こんなところだろうか。優勝者の黒木は対抗戦には興味ないだろうから出場しないだろうし、零も興味ないものには仕合にでなさそうだけど。。。金田とか理人とかそこまで強くなかった人が強くなっててほしいな。

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です