天空侵犯 第250話ネタバレ感想『吉田の弱みにつけこむ管理者』

ヘリコプターのコードを取得する吉田 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

ヘリコプターのコードを取得する吉田 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第250話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第250話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第250話ネタバレストーリー・あらすじ

ヘリコプターのコードを吉田が取得したことを十王は確認する。

簡単にコード取得できたことに驚く沖原だが、十王はすぐに自分も沖原も取得できると余裕。

吉田の脳内にアクセスするものが現れる。管理者だ。

管理者が吉田のヘリコプターのコードの試練を飛ばし、吉田にお願いがあるという。

脳がむき出しの管理者を見て、恐れおののく吉田。

管理者は、自分をこの領域でもっとも強力な力を持つと誇示しつつ、吉田の味方だという。

管理者のお願いは、吉田の体を貸して欲しいということ。吉田の体は脳を含め、高い能力を発揮できる素質を持っているという。

この領域にきてすぐに「クチナシの仮面」を入手して、今回もコードを取得できた運の良さ。

管理者は、吉田の素質と管理者の意思さえあれば、間違いなく神の座を手に入れることを確信したという。

カラダを貸してくれたら十王を始末するという管理者。

吉田は優しすぎたと主張する管理者 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

吉田は優しすぎたと主張する管理者 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

管理者は吉田を評価するが、この領域で神を目指すにはあまりにも純粋すぎたという。

天使を操る能力を人助けに使うなんて普通は考えない。優しさゆえに隠された素質を解放できなかった。

吉田に落ち度はない。悪いは吉田の周りだという管理者。

吉田にカラダを貸すようにと迫る管理者 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

吉田にカラダを貸すようにと迫る管理者 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

管理者は吉田を唆そうとし、チャンスは今だけだと決断を唆せる。

吉田は、変わりたい。十王を始末したいと涙を流し、管理者の手を取る。

現実で目を覚ます吉田。

吉田の異変に、十王も沖原もスグに気がつく。

管理者は、素晴らしいと言葉を発する。吉田のポテンシャルと自分との相性がバツグンだと評価する。

管理者にカラダを譲り渡した吉田 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

管理者にカラダを譲り渡した吉田 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

十王はすぐに管理者だと気付く。

管理者は、十王と沖原に「はじめまして」と「さようなら」の言葉をかける。

十王も沖原も反撃する。

吉田の体を乗っ取った管理者は十王と沖原を始末する | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

吉田の体を乗っ取った管理者は十王と沖原を始末する | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

天空侵犯 第250話ネタバレ感想・考察まとめ

3つの神のコードを3つとも取得したら神になるのかな?

それともどれか一つでも神に進めるのだろうか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です