【新連載】アラタプライマル 新連載 第2話ネタバレ感想『巨大昆虫が襲って来るジャングル』

巨大幼虫が美空の胸にくっつく | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

巨大幼虫が美空の胸にくっつく | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

  • アラタプライマル 新連載 第2話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アラタプライマル 新連載 第2話ネタバレ感想・考察
  • アラタプライマル 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • アラタプライマル 概要
  • アラタプライマルを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

アラタプライマル 新連載 第2話ネタバレストーリー・あらすじ

突然、避難所の一部が消滅し、ジャングルが出現し、周りの人間が集まってきた。

警察と自衛隊が規制をして、立ち入りを制限する。

警察が規制しても見えてくる異様が光景にどよめきが消えない。

アラタは父親が軍用犬に食われる夢を見ていた。

気がつくと、避難所で寝ていた。周りが騒がしい。

混乱し、自衛隊が状況把握に努めている。

アラタに声をかける主は父親だった。

生きていた辰雄 | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

生きていた辰雄 | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

アラタに刺された腕に包帯を巻いてもらっている。

銃で撃たれたところは、蓮実の形見のおかげで助かったという。

アラタは堀口の行方を聞くも気付いた時にはいなかったという。

父親は、助けを呼びに行ってくれた女の子にお礼をいってこいとアラタにいう。

アラタは、美空のところに走っていく。

堀口はジャングルの中にいた。

川の音が聞えてきたとき、軍用犬が唸り声を上げる。

何かが勢い良く近づいてくる音が聞える。

次の瞬間、軍用犬の一匹が食われ、胴体を切断される。

見たこともないワニの化物のような生き物が現れた。

避難所では、ジャングルから人の叫び声が聞えたり、獣の声が聞えて不安が高まる。

美空に感謝を伝えにくるアラタ | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

美空に感謝を伝えにくるアラタ | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

美空のところにアラタがやってきて、頭を下げて感謝を伝えるアラタ。美空は改めて自己紹介をする。

アラタも自己紹介する。

仲間と認められたと思ったアラタは、また火を起こすと勝手にジャングルの木を剥がし始める。

美空が近づくと、アラタが剥いだ木の皮の裏に巨大な幼虫が飛び出して美空の体にくっつく。

美空が叫び倒れると大和が走ってきて、アラタを押しのけ、美空について幼虫を鷲づかみいして放り捨てる。

大和は、アラタに抗議の声をあげるもアラタがどこが悪かったかわからずにオロオロする。

忠信が走ってきてアラタを突き倒す。アラタのことがイラつくといって脅す。

アラタはたまらず走り去っていく。

自衛隊が人数確認のために人を集め出す。

その時、悲鳴が聞える。

自衛隊が人を集めて悲鳴の下に向かうと、マンモスに似た動物が倒れている。

マンモスに似た動物の体がビクビクと動いたと思ったら、傷口に穴から巨大な虫が這い出てきた。

巨大な肉食虫が一般人の顔に取り付く | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

巨大な肉食虫が一般人の顔に取り付く | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

虫が飛んでくる。自衛隊の長谷川は避けるも後ろにいた一般人の顔に取り付き、顔を食べようとする虫。

虫をはがそうとするももう一匹が別の一般人を襲っている。その虫は、ものすごい勢いで男の顔を食べていく。自衛隊はやられてと思い、虫に発砲する。

もう一匹のほうも発砲して、一般人の顔から引き剥がす。

倒れた虫は何か鳴き始める。

虫が鳴きだすとジャングルが騒ぎ出す。

霧が濃くなっていく。

大和がアラタが剥ぎ取った木の皮に火をつけるとスグに火がついた。

他の一般人が、火を起こせるならもっと枝が必要だとジャングルに取りに行く。

その一般人が虫に襲われる。

枝を取りに言った人の一人が走って大和たちのもとに戻ってくる。

虫が無数に飛んでくる。

飛んできた巨大な蜂を火の棒で叩き落とす大和 | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

飛んできた巨大な蜂を火の棒で叩き落とす大和 | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

大和が飛んでくる虫を火のついた棒ではたき落とし、火の棒でトドメをさす。虫に刺されると腫れて危ない。

避難所は大混乱に陥る。

その虫が大和たちにも襲って来る。

しかし、虫たちは、大和たちではなく、焚き火に突っ込んでいく。

虫は火に飛び込むのだろうと思った大和は、みんなに火を起こすように呼びかける。

火と聞いて美空はアラタを探しに走っていく。

アラタプライマル 新連載 第2話ネタバレ感想・考察

辰雄が持っていた蓮実のお守りも特別な何かなのではないだろうか。あんな薄っぺらいお守りが銃弾を変形もせずに受けきれるのは何かの特別なものではないだろうか。

蓮実の形見が守ってくれた | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

蓮実の形見が守ってくれた | 引用元:アラタプライマル 新連載 第2話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

肉食の巨大な虫が一番怖い。虫は、身体能力的には自分の何倍も高さをジャンプできたり、哺乳類とは性能が全く異なる。虫は、小さくて数が多いという部分で生物ピラミッドで下層にいるが、体の大きさが哺乳類並で身体能力がそのままだとしたら、哺乳類なんて簡単に始末できるだろう。それこそ生物ピラミッドの頂点に君臨してもおかしくない能力だと思う。

そんな巨大昆虫がジャングルにいるということは、哺乳類は捕食される立場だろう。

少年ジャンプ+『アラタプライマル』を読んで。

アラタプライマル 登場人物・キャラクター一覧まとめ

皆素新太(みなもとあらた)
近づくと電子機器が不調を起こす特殊体質を持つ少年。

皆素辰雄(みなもとたつお)
アラタの父親。

堀口(ほりぐち)
辰雄の親友。

蓮実(はすみ)
アラタの母親。停電の理由を知る女性。

伊藤美空(いとうみそら)
肩にサルのマヨミチを乗せている。

マヨミチ
美空のペットのサル。人に懐かない。アラタには懐いている。

大和(やまと)
美空のボルダリング仲間。

忠信(ただのぶ)
美空のボルダリング仲間。

陽(よう)
美空のボルダリング仲間。

カンナ
美空のボルダリング仲間。先輩?

黒髪の子。
美空のボルダリング仲間。アラタと同じ学校の子。

アラタプライマル 概要

世界を救う鍵は原始の世界に有り!?つながる現在と過去。燃ゆる情熱が未来を切り拓く!!時代と文明を超える原始サバイバルミステリー!!

アラタプライマルを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です