魔入りました!入間くん 第28話ネタバレ感想『花火のタマを盗みとるキリヲ』

花火は空砲だった | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

花火は空砲だった | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第28話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第28話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

魔入りました!入間くん 第28話ネタバレストーリー・あらすじ

アスモデウス邸では、アズが執事に今日から三日間は学校に寝泊りして帰らないと伝える。

ダヴィデの執事は了承し、母親からの伝言をアズに伝える。

明日のバトラ参観は絶対行くからと。アズはダヴィデに全力で阻止しろと命令する。

クララ家では、クララの両足を掴んで話さない妹たちがいた。母親は応援にいくとクララを送り出す。

サブノック邸では兄弟からの電話を受けるサブノック。父親が来ないと知らされて怒鳴りつける。

入間邸では入間はソワソワしている。祖父はまだ帰ってきていない。祖父の所在を気にするもやらんぽらんだけど約束は守る方だと入間を安心させ、送り出す。

入間は早速、鬼盛りやきそばを平らげて食物バトラを潰す。

入間はサブノックに本祭では何をやるのかと聞く。サブノックは魔王活劇をやると自信満々。過去の魔王の逸話を舞台で披露する。最高傑作だという。

魔術バトラでは新魔術を披露するという。石から水を生成するショー。

ゲームバトラでは体感型ゲームができるという。幻術帽子をアレンジして仮想冒険できる。

他のバトラも今年はレベルが高そうだという。

作成名は即撃必勝と名づけるアズ | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

作成名は即撃必勝と名づけるアズ | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

アズが作戦名を披露。即撃必勝。狙うは学校中央広場の注目。みんなが集まり、前夜祭終了と同時に鳴る本祭開始の鐘の鳴り終わった瞬間に花火を打ち上げる。

あとは、本祭は小さめの華やかで美しい花火を定期的に打ち上げてアピール。

ここから中央広場は少し遠いけど、音と光で十分目立つはずだというアズ。

組み立ては万全。点火から5秒で打ち上がるようになっている。

導火線に火がついてしまった | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

導火線に火がついてしまった | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

点火は、アズが火種を渡すので入間が導火線に火を実演すると導火線に火が移ってしまう。

導火線が火がつき、カウントが0になる。

しかし、花火は打ちあがらない。砲身の中をみると、花火のタマがなくなっていた。

花火のタマは、キリヲが持ち出していた。

例の隠し部屋で最後の祭りをはじめようと独り言を呟く。

魔入りました!入間くん 第28話ネタバレ感想・考察まとめ

前夜祭の花火は何とか打ち上げてアピールし、本祭の最後にキリヲが何かを爆発させるのだろうけど、それが花火のように打ちあがり、生徒には、魔具バトラの花火だと勘違いして祭りは終了。そして、特賞をゲットするという流れかな。

花火を打ち上げる作戦 | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

花火を打ち上げる作戦 | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です