【先読み】ケンガンオメガ 第8話 ネタバレ感想『龍鬼の臥王流「地伏龍」とは』

臥王龍「地伏龍」を使う龍鬼 | 引用元:ケンガンオメガ 第8話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

臥王龍「地伏龍」を使う龍鬼 | 引用元:ケンガンオメガ 第8話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 第8話 ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 第8話 ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 第8話 ネタバレストーリー・あらすじ

黒狼のスティンガーを食らった龍鬼は、黒狼の強さを認め、本気の一部を出して仕合を終わらせると宣言する龍鬼。

龍鬼は、両腕をだらんと下げて、視線は下を向いたまま、その構えでどうやって戦うのか検討がつかない黒狼。

可能性が高いのはタックルか、蹴り足をとってカウンター狙いか。あるいは、どちらにも対処できるか。考えられるのはこの三択。

黒狼はタックルに備えて、重心を下げる。蹴りはなし。付け入る隙を与えない。

光我は、龍鬼がタックル狙いだと察し、警戒されて決まらないとヤキモキする。

黒狼は低い姿勢のまま、龍鬼に接近し、左パンチを繰り出す。

龍鬼はゆらりと黒狼の拳を回避する。黒狼は次々とパンチを出すもすべて避ける龍鬼。龍鬼は素早い動きで黒狼の拳を回避するのではなく、ゆっくりとした動きで攻撃を完全によけている。

龍鬼の回避に追撃でかすらせることに成功する黒狼 | 引用元:ケンガンオメガ 第8話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

龍鬼の回避に追撃でかすらせることに成功する黒狼 | 引用元:ケンガンオメガ 第8話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

黒狼が左拳を出し、避けた龍鬼に突き出した左拳をそのままに左肘打ちに攻撃を移行させると、黒狼の肘が龍鬼の頬を掠める。

黒狼は、龍鬼の動きのパターンを見切ったと考える。黒狼は見切った龍鬼の動きの先に思いっきり左拳を振り下ろす。

しかし、貫いたのは龍鬼の拳。龍鬼の拳が黒狼の顔面を下から突き上げるように捉えていた。

臥王流「地伏龍」

勝負あり。勝者・臥王龍鬼。

光我は、龍鬼の動きは初見で防げないだろうと考える。

倒れた黒狼にスゥーと近づく龍鬼。

山下が龍鬼にお疲れ様と声をかける。山下の声で我に返る龍鬼。

いつもの癖でやっちゃうところだったと思う龍鬼。

山下は、黒狼のスティンガーを受けても無傷だったのはどうしてかと聞く。

距離から蹴りを使うのは分かってたので、全身の筋肉を硬化させて衝撃に供えたという。

臥王流「纏鎧」は王馬の「不壊」と同じような仕組み | 引用元:ケンガンオメガ 第8話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

臥王流「纏鎧」は王馬の「不壊」と同じような仕組み | 引用元:ケンガンオメガ 第8話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

臥王流「纏鎧」。名の通り、筋肉を鎧に変える技だと解説する龍鬼。

「纏鎧」が、王馬の「不壊」と同じだと考える山下。

祖父以外で打撃が速すぎて見えなかったのは初めてだという龍鬼。

山下は、龍鬼におめでとうといい。今日から正式に闘技者の仲間入りだという。試験のことを忘れていた龍鬼。

山下は、龍鬼が黒狼を始末しようとしていたことを察していた。

山下は、龍鬼が黒狼を始末しようとしていたことに気づいていた | 引用元:ケンガンオメガ 第8話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

山下は、龍鬼が黒狼を始末しようとしていたことに気づいていた | 引用元:ケンガンオメガ 第8話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

氷室は、今日の仕合に闘技者が多いというと、金田は二年前のトーナメント以降、闘技者デビューした通称「ニュージェネレーションズ」と面々だというと、自分たちが「旧世代」かという。トーナメント組の闘技者は「牙」の仕合のほうにいってるのかなという。しかし、金田はこっちにきて正解だったという。

龍鬼は危ない。王馬に似ているのはツラだけだという。

氷室は、龍鬼が「連中」の仲間なら潰すと宣言する。

ケンガンオメガ 第8話 ネタバレ感想・考察まとめ

「連中」というのはケンガンオメガの敵なのだろうか。ケンガンアシュラの最後にでてきた連中のことだろうか。龍鬼はその連中らとは敵対している関係そう。

<臥王流「地伏龍」>

姿勢を低くして、相手の攻撃を地を這うヘビのようにかわしていき、敵の攻撃に合わせてカウンターをする技のことだろうか。

黒狼のラッシュパンチを地伏龍で回避する龍鬼 | 引用元:ケンガンオメガ 第8話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

黒狼のラッシュパンチを地伏龍で回避する龍鬼 | 引用元:ケンガンオメガ 第8話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です