アラタプライマル 第6話ネタバレ感想『地球上で最も人間を始末している生物ランキング』

は大型食肉目猫科スミロドン | 引用元:アラタプライマル 第6話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

は大型食肉目猫科スミロドン | 引用元:アラタプライマル 第6話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

  • アラタプライマル 第6話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アラタプライマル 第6話ネタバレ感想・考察
  • アラタプライマル 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • アラタプライマル 概要
  • アラタプライマルを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

アラタプライマル 第6話ネタバレストーリー・あらすじ

蚊、ヘビ、犬、ハエ、サシガメ、淡水カタツムリ、回虫、サナダムシ、ワニ、カバ、現在地球上で最も人間を始末した生物のランキング。

類して、歴史上最も人間を食った動物のランキングの上位9匹のうち、7匹がライオン、トラ、ヒョウの3種。その3種は、食肉目猫科。

スミロドンが自衛隊を襲う。

1位、インド、チャンパーワットのベンガルトラは、436人もの人間を食った。ギネスにも残る恐ろしい記録。猫科の捕食対象は人間だけではなく、ジャガーやヒョウは水辺のワニをも捕食し、最大の猫科アムールトラにおいては、単独でヒグマを倒し、常食するほどの戦闘能力を誇る。哺乳類最強のハンター。

原始時代の生態系の上位に君臨するのは大型食肉目猫科 | 引用元:アラタプライマル 第6話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

原始時代の生態系の上位に君臨するのは大型食肉目猫科 | 引用元:アラタプライマル 第6話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

急襲されて倒れた自衛隊隊員は、落とした銃をとろうと飛びつくもその前にスミロドンの爪に顔を抉られる。

一万年以上も前、重量サイズに伴う筋力や攻撃力、基本戦闘力が高い巨大動物たちがひきしめきあう現時時代に生態系の上位に君臨した大型食肉目猫科スミロドン。

一人の自衛隊員の胸にスミロドンの牙が刺さっていく。もう一人の自衛隊員が負傷しながらも銃でスミロドンを撃つ。

しかし、スミロドンに致命傷を与えるほどの弾丸を撃ち込めない。危害を加えてきた敵に向かっていくスミロドン。

避難所では発砲音に動揺する。その時、アラタが「大丈夫、落ち着いて」と声をあげだす。

アラタの能天気な声に苛立ちを覚える皆。

忠信が殴ってやるといこうとすると大和が止める。大和がアラタの胸倉を掴み、人の気も知らないで空気を読めと説教する。

大和の意見に賛同するほかのモノ達も出てくる。学生たちだけではなく、他の一般人もアラタを迷惑に思う。

アラタはこれでは停電前を同じだと思う。

助けを求める声がする。女性と母親が、虫から逃げていた迷ってしまって、トラに襲われ、父親がまだ外にいると自衛隊に助けを乞いにきた。

駐車場の奥で動けないでいるという。

3m以上ありそうな鳥がやられたんだ無理だろという一般人の声を聞いても大和は助けにいこうとする。忠信が大和を止める。不良に絡まれたやつを助けるのとはワケが違う。トラだけじゃないヤバイ虫もいる。それでも助けを求める声に応えたい大和。

混乱する避難所で助けを求める親子に応えるアラタ | 引用元:アラタプライマル 第6話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

混乱する避難所で助けを求める親子に応えるアラタ | 引用元:アラタプライマル 第6話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

アラタは、木の棒の先端を十字に割り、その割れ目に枝や木屑を挟み、火をつけ、松明を作る。

アラタは助けを求めてきた親子にお父さんを助けると大和の制止も聞かず避難所を出て行く。

母親が残した「メモ」に秘策があるアラタ。

アラタプライマル 第6話ネタバレ感想・考察

蓮実がアラタに残した「メモ」って何か秘密や秘策というよりも「困った人がいたら助けなさい」的なやつかな。

少年ジャンプ+『アラタプライマル』を読んで。

アラタプライマル 登場人物・キャラクター一覧まとめ

皆素新太(みなもとあらた)
近づくと電子機器が不調を起こす特殊体質を持つ少年。

皆素辰雄(みなもとたつお)
アラタの父親。

堀口(ほりぐち)
辰雄の親友。

蓮実(はすみ)
アラタの母親。停電の理由を知る女性。

伊藤美空(いとうみそら)
肩にサルのマヨミチを乗せている。

マヨミチ
美空のペットのサル。人に懐かない。アラタには懐いている。

大和(やまと)
美空のボルダリング仲間。

忠信(ただのぶ)
美空のボルダリング仲間。

陽(よう)
美空のボルダリング仲間。

カンナ
美空のボルダリング仲間。先輩?

黒髪の子。
美空のボルダリング仲間。アラタと同じ学校の子。

アラタプライマル 概要

世界を救う鍵は原始の世界に有り!?つながる現在と過去。燃ゆる情熱が未来を切り拓く!!時代と文明を超える原始サバイバルミステリー!!

アラタプライマルを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です