寄生獣リバーシ 第26話ネタバレ感想『後藤の訓練』

後藤の顔面を殴る男 | 引用元:寄生獣リバーシ 第26話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

後藤の顔面を殴る男 | 引用元:寄生獣リバーシ 第26話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

  • 寄生獣リバーシ 第26話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 寄生獣リバーシ 第26話ネタバレ感想・まとめ
  • 寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター
  • 寄生獣リバーシ 概要
  • 寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

寄生獣リバーシ 第26話ネタバレストーリー・あらすじ

東福山市公民館。

後藤はルービックキューブを持っていた。広川にうまく操縦できるかと問われる。

末端の細かい部位から操作を集中させていく。頭部はあくまで司令塔。指揮に専念すべき。

ルービックキューブはバラバラになる。

後藤の訓練に付き合う広川と草野 | 引用元:寄生獣リバーシ 第26話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

後藤の訓練に付き合う広川と草野 | 引用元:寄生獣リバーシ 第26話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

三木が細かい力加減はどうにもなれないと喋り出す。後藤は三木のような余計なことをするやつがでてきてしまう時点で不完全だという。

広川は、三木を個性的だという。草野は、喋りすぎると指摘する。

三木は努力しているという。餌を釣るのは後藤よりも上手だと思っている。後藤の無愛想を指摘する。愛想がいいと便利だと三木はいう。

そこに、田村玲子が男を連れて入ってくる。

男は人間だ。男はどういう集まりかと聞く。

田村玲子が連れてきた人間で後藤の訓練を促す | 引用元:寄生獣リバーシ 第26話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

田村玲子が連れてきた人間で後藤の訓練を促す | 引用元:寄生獣リバーシ 第26話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

田村玲子は連れてきた男を街の喧嘩自慢だと後藤たちに紹介する。田村玲子は男に、説明した通り、彼を倒したら10万円だという。男は「彼」が誰だかわからないが、一人がこっちに向かっていることでそいつが「彼」だとわかる。

対峙する男と後藤。

草野は、人間の男をつれてきた田村玲子に安易だと批判する。5体の統率力を測る実験だから、最初は軽く様子見だという。

男は、後藤に話かけるフリをして、いきなり顔面を殴る。

次に、右のローキックを出し、後藤の左太腿に入れる。

後藤はよろめく。男は殴った感触で普通とは違うことに気づく。男は、構わず、後藤の後を殴る。

後藤は、顎を殴られながらも男の腕を掴む。

男は、なんか変だと田村玲子に訴えるも後藤が握った腕が締まって行き、男の左腕の骨が折れる。

男をアッパーで倒す後藤 | 引用元:寄生獣リバーシ 第26話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

男をアッパーで倒す後藤 | 引用元:寄生獣リバーシ 第26話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

その後、後藤が軽くアッパーをすると男は跳んで倒れる。

田村玲子は、この男は「ボクシングで国体にでた」というぐらい人間の個体ではわりと強いほうだといっていたという。

想定すべきは「集団」で刃物や銃火器を持った相手だろう。

警察以外だと限られてくる。

後藤は、反応が鈍いから練習が必要だという。

寄生獣リバーシ 第26話ネタバレ感想・まとめ

後藤はこの後、ヤの事務所を襲撃するのだろう。

後藤や田村玲子の語られなかった部分が見れるのは楽しいけど、本筋はすでに結末はわかっているから、リバーシのオリジナルのストーリーの進展が早くみたい。

コミックDAYS『寄生獣リバーシ』を読んで。

寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター

タツキ
広川を父親に持ち、事件の現場を目撃している。

広川剛志
パラサイトの肩を持つ人間。

田宮良子(田村玲子)
広川を面白がって協力するパラサイト。

鈴木
広川家の家政婦。

深見
東福山署の刑事。「砂の女」の話をし、タツキを怪しむ。

増田
東福山署の刑事。深見の相棒だったがパラサイトに始末される。

朝河
タツキのクラスメートの女子高生。

南真子
タツキのクラスメートの女子高生。メガネ。

堀田亮平
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに始末される。

上杉一成
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに兄と一緒に始末される。

一之瀬栄治
生活安全課。深見の新しい相棒。

平間
北署の警部補。

海老沢コウヘイ
左手に寄生生物を宿した男。左手の寄生生物を「ヴァシュタール様」と呼ぶ。

ヴァシュタール
コウヘイの左手に寄生した寄生生物。

野田
コウヘイとともに食事をする寄生生物。

寄生獣リバーシ 概要

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。 新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争が明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。 彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。 その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、 その裏側を描く物語がここに開幕!

寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です