アラタプライマル 第8話ネタバレ感想『スミロドンと戦うアラタと大和』

スミロドンにアロマ水をぶっかけるアラタ | 引用元:アラタプライマル 第8話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

スミロドンにアロマ水をぶっかけるアラタ | 引用元:アラタプライマル 第8話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

  • アラタプライマル 第8話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アラタプライマル 第8話ネタバレ感想・考察
  • アラタプライマル 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • アラタプライマル 概要
  • アラタプライマルを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

アラタプライマル 第8話ネタバレストーリー・あらすじ

スミロドンに襲われる大和。スミロドンは大和の腕に食らいつく。大和は折れたモップの枝をスミロドンの目に突き刺す。

スミロドンは、叫び暴れ回る。その拍子にアラタにぶつかり、アラタは倒れ、持っていた松明を落として火を消してしまう。アロマオイルをしみこませた棒も落とし、アロマオイルを焚いていたカップも倒れ毀れる。

スミロドンに襲われそうになっているアラタを助けるために大和はスミロドンの注意を引き、背を向けて逃げる。

スミロドンは大和を襲ってくるも大きな木の根っこに入り、スミロドンの手が届かないところまで逃げる。

大和は、アラタに今のうちに逃げろと叫ぶ。

大和に逃げろといわれたが助けると決意を新たにするアラタ | 引用元:アラタプライマル 第8話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

大和に逃げろといわれたが助けると決意を新たにするアラタ | 引用元:アラタプライマル 第8話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

アラタは、助けにきた人も、助けにきてくれた大和も助けられない。アラタは、状況から策を思いつき、逃げないことを決意する。

アラタは、助けると叫び、スミロドンの注意を自分に向ける。

目を合わせるとすぐには襲ってこない。

そして、目を反らし、すぐに中が空洞になっている倒木の中に入って隠れる。

スミロドンは、アラタを引きずり出そうと顔を突っ込んでくる。

スミロドンの顔目掛けて、残っていたアロマを噴射させる。

アロマ水が顔に掛かったスミロドンは、叫ぶ。

蓮実のメモによるとスミロドンの皮膚は現代の猫と同様、厚さは人間の半分。濡れるだけで皮膚から浸透・吸収し、体調を害する。さらには精油が口や傷口から直接体内に入れば、早期に亡くなると考えられる。

スミロドンがふらついているのを見て、アラタは気を緩めたが、スミロドンはまだ気力十分で油断したアラタを木から引きずりだす。

アラタはスミロドンに振り回されて地面に叩きつけられる。

アラタのピンチに大和が出て行こうとするも、別の方向からもう一匹のスミロドンが現れた。

アラタプライマル 第8話ネタバレ感想・考察

もう一匹は自衛隊を襲ったスミロドンか。

アロマ水は全部使い切ったとしたら、もう打つ手はないのか。辰雄が駆けつけ、身を犠牲にしてアラタと大和を助ける筋書きか。

少年ジャンプ+『アラタプライマル』を読んで。

アラタプライマル 登場人物・キャラクター一覧まとめ

皆素新太(みなもとあらた)
近づくと電子機器が不調を起こす特殊体質を持つ少年。

皆素辰雄(みなもとたつお)
アラタの父親。

堀口(ほりぐち)
辰雄の親友。

蓮実(はすみ)
アラタの母親。停電の理由を知る女性。

伊藤美空(いとうみそら)
肩にサルのマヨミチを乗せている。

マヨミチ
美空のペットのサル。人に懐かない。アラタには懐いている。

大和(やまと)
美空のボルダリング仲間。

忠信(ただのぶ)
美空のボルダリング仲間。

陽(よう)
美空のボルダリング仲間。

カンナ
美空のボルダリング仲間。先輩?

黒髪の子。
美空のボルダリング仲間。アラタと同じ学校の子。

アラタプライマル 概要

世界を救う鍵は原始の世界に有り!?つながる現在と過去。燃ゆる情熱が未来を切り拓く!!時代と文明を超える原始サバイバルミステリー!!

アラタプライマルを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です