地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話ネタバレ感想『絹代の嘘』

タツキの部屋でベッドの上に絹代と一緒に行為に及ぼうとしている記憶が甦る | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

タツキの部屋でベッドの上に絹代と一緒に行為に及ぼうとしている記憶が甦る | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話ネタバレ感想・まとめ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話ネタバレストーリー・あらすじ

【トレジャーハントの間】

吉那の突然の誘いに戸惑うタツキ。吉那は、男子同士が川原で殴りあって親交を深めるのと同じだと言い出す。タツキは服を着て欲しいと吉那から目を反らす。その行為から、吉那はタツキが「初めて」かと聞く。

男女の営みにはその人間の本質が嘘偽りなく現れる。言葉や態度でなくタツキの人となりを推し量れる最良の手段だといい、吉那はタツキの手を自分の胸に持っていき、揉ませる。

タツキの手を取って自分の胸に押し当てる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

タツキの手を取って自分の胸に押し当てる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

同時に、吉那のことも理解できる。初めてでも構わない。タツキの思うようにすればいい。

吉那は、行為に及ばないタツキが「初めて」だからという理由に好きにすればいいと応えてもタツキが応えない。次の理由として、吉那との行為が嫌かと聞く。

タツキは顔を赤くしてそういう問題じゃないという。

アイギスの傘の外に「狩人」が現れる。

しかも一人だけではなく複数の「狩人」がアイギスの傘を取り囲んでいる。

吉那は、いい機会だから「狩人」を観察するようにタツキにいう。「狩人」にはランクがある。虫の形をした「丁型」は最も弱いが数が多いから厄介。人型をした「丙型」。動きは俊敏ではないが、力が強い。アイギスの傘のテントを破壊する力はない。「丙型」が変形して「乙型」に進化すると厄介。「乙型」までならアイギスの傘を破壊することはできないとタツキに説明する吉那。

「甲型」は割合的に数は少ないが、見返りは大きい。基本逃げるべき「狩人」だという。

このミッションでは「狩人」を倒しても「コードインジェクター」を入手できる。「丁型」「丙型」なら食料や衣料など日用品や消耗品がメイン。「乙型」以上なら星4以上のレアコードが入手できる。このミッションは今後のための強化期間とも解釈できる。

ファングの奴がいたら宝の山だと狂喜するという吉那。

BDCに見られて恥かしがる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

BDCに見られて恥かしがる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

タツキは、ここの勢力の話を切り出すも吉那は突然、胸を隠し、恥かしそうに「BDC」のことを口にする。タツキは、「BDC」に吉那のカラダが見えないように目を閉じる。そのスキを付いて、吉那はタツキを押し倒し、馬乗りになる。

吉那は、何があっても相手から目をそらすなとタツキに説教する。タツキは、一度は吉那を見るが「BDC」のことを考えて、また目を反らす。

隙を突いてタツキに馬乗りになる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

隙を突いてタツキに馬乗りになる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

吉那は、もう慣れたから気にするなという。ココに来る前も見られてなんぼの仕事だったという。バベルダンジョンでは、使えるものはなんでも使わなければ生き残れない。自らの身体や貞操などその最たるもの。ここまで来ていればそれぐらいのことは理解しているだろうとタツキに問う。

タツキは、頭痛がする。

言われなくてもそんなことはわかっていると返すタツキ。

タツキは、それで彼女に助けられたと。だからといって、納得できるものではない。タツキはそんなこと認めないと涙を浮べる。そんなことで彼女が辱めを受けるいわれはない。バベルダンジョンのルールなんて知ったことかというタツキ。

そんなタツキを面白く不思議だという吉那。佐鳥アスマより断然興味が湧いてきたという吉那。

タツキの頭痛が酷くなっていく。

タツキに「初めて」かと質問する吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

タツキに「初めて」かと質問する吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

吉那は、タツキに質問をはぐらかす悪い癖があるという。さっきの質問にこたえてもらっていない。吉那はタツキに顔を近づけて、「初めて」かと聞く。

その言葉に、タツキはある記憶が甦る。

絹代が「樹も始めてだよね」といる記憶。記憶の部屋はバベルダンジョンの攻略の紙が壁に貼られた自分の部屋のようだった。

その記憶に驚愕するタツキ。

部屋に絹代がいたということは、バベルダンジョンのことを調べているということを知っている。絹代はタツキに嘘をついているのかと思う。

タツキの身体に斑紋が浮かび上がる。

巨人の谷底にて。

建物の中で、縛り上げられている絹代。そこにエリカがやってくる。エリカを見ても動じない絹代。エリカは、そんな絹代を見て、毒島が気に入るはずだという。

これからボスに会うために絹代を風呂に入れるというエリカ。

その前に、お医者さんごっこをして、絹代を検品するというエリカ。

イムホテプの心眼。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話ネタバレ感想・まとめ

次回は皆が大好き風呂回か。

エリカが持っていた仮面はファッションかと思ったけど、普通に考えたらアイギスの傘と同じようにバベルダンジョンのアイテムだよね。

「イムホテプの心眼」

イムホテプは、wikiによると以下の通り。

————–

イムホテプは、古代エジプトの高級神官。第3王朝のファラオのジェセルに仕えた宰相で、第3王朝最後のフニの時代まで活躍したとされる。

トートの神官であり、祭儀文朗読神官長の地位にあったが、ナイル川が7年にわたって氾濫せず、深刻な飢饉が発生した際、ジェセルからどうすべきか下問されたところ、ナイル川の水源の主であるクヌムの神殿に土地を寄進すれば再びナイル川は氾濫するであろう、と答えたと記す古代文書が発見されている。

また、史上初のピラミッドといわれる、ジェセル王のピラミッドを設計したことでも知られる。建築家としてのみならず、内科医としても優れ、死後には「知恵、医術と魔法の神」として神格化され、ギリシャの医神アスクレーピオスと同一視された。

イムホテプはメソポタミア出身という説がある。

ジェセル王のピラミッドのそばには、名を記念したイムホテプ博物館がある。

ハムナプトラ/失われた砂漠の都をはじめとしたシリーズに「イムホテップ」という名の神官が登場する。

————–

つまり、建築家で内科医。心眼という名前からして、相手の心を読むアイテムか。だとするなら、土田に「アスマ」かと問うたときにも使えばよかったのに。使わなかったということは、そこまで万能な能力はないということか。

LINEマンガ『地上100階~脱出確率0.0001%~』を読んで。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター

黒海樹(くろうみたつき)
バベルダンジョンに参加した理由は不明。記憶喪失。

小石絹代(こいしきぬよ)
樹と幼馴染という女子高生。

佐鳥アスマ(さとりあすま)
身体能力の高いチャレンジャー。絹代を奴隷にする。

海老沼彩花(えびぬまあやか)
黒ギャル。カレシの遊哉の借金を返すために一緒にチャレンジャーとして参加。

水嶋秀則(みずしまひでのり)
バベルダンジョンの最先端技術を見るために参加。大学生。

土田勝(とだまさる)
『世界のまさる』という関西でチェーン展開していた焼肉店の社長。

アンフィル
バベルダンジョンの案内人。人間ではない。

桐谷岬(きりたにみさき)「みっくん」
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた男性。

同級生:女
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた女性。

黒海慎吾(くろうみしんご)
タツキの父親。

黒海啓二(くろうみけいじ)
タツキの祖父(父方)。

サラ・フェイト
バベルダンジョンで生まれた謎の少女。スキル「エンペラーズ・ニュークローズ」を使用し、「狩人」からも人間からも見えなくなれる。

毒島
岩館とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「糸」を使うスキルコードの所持者。

岩楯
毒島とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「ハンドカノン」のスキルコードの所持者。

阿久津
吉野とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。「針」を使うスキルコードの所持者。

吉野エリカ
阿久津とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。

冴木浩二(さえきこうじ)
円柱水路の間でライオンに加え、両足が切断され、亡くなったかと思われたが、トレジャーハントの間で再会。

真衣
「ディグダグ」を使う女の子。

野田
「ハンドカノン」を使うバンダナの男。

奥本
真衣たちの仲間。

岩田
真衣たちの仲間。モヒカン。

須藤遊哉
彩花の彼氏。

江木心
遊哉の師匠。

メロ
江木の仲間。

宮本吉那
桐谷岬の伝言をタツキに齎す女。「クアドリフォリオ」のリーダー。アイギスの傘を所持。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です