【先読み】ケンガンオメガ 第14話ネタバレ感想『光我の鍛え方が全部無駄だという龍鬼』

光我の才能については疑う余地はないという蔵地 | 引用元:ケンガンオメガ 第14話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

光我の才能については疑う余地はないという蔵地 | 引用元:ケンガンオメガ 第14話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 第14話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 第14話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 第14話ネタバレストーリー・あらすじ

山下は、龍鬼について氷室に様子を窺うと、全然ダメだと応える。全てに心を閉ざしていて、何を考えているのかまったくわからないという。

龍鬼は王馬と違う。根本から誰も信じてない。

山下は、氷室に頭を下げてお願いをする。氷室は自分でよければ喜んで協力するけど、時間がかかるのと、龍鬼の面倒を同時にはみれないという。そのことで、いい考えがあるという山下。

山下は、龍鬼を車に乗せて、超日本プロレスまでやってくる。

山下は、王馬も出会ったときのように龍鬼も「外」のことは何もしらない。様々なものに触れさせ、その過程で龍鬼の中で何かがかわるきっかけを掴んでくれればと考えていた。

超日本プロレスのドアを開けると、入り口が何かに塞がっていた。

入り口に、河野春男が立ち塞がっていた。河野は、山下と龍鬼を待っていたというと、中からサボるんじゃないと河野を叱る声が飛んでくる。

その声は、蔵地だった。河野も蔵地もたぶん強いと見る龍鬼。

山下は光我の調子はどうかと蔵地に聞く。蔵地は自分の目で確かめたほうがいいと、光我が特訓している場に連れて行く。

光我は、新人と同じようにスクワットで基礎訓練を行っていた。

バタバタと倒れるものが続出するなか、光我は必至にスクワットをしていた。

基礎トレーニングする光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第14話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

基礎トレーニングする光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第14話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

基礎トレーニングでは、若手のなかでは頭ひとつ抜けているという。二週間で劇的に体力が強化されるはずがないから、元々持っていた身体能力の使い方になれてきたというところだろうというホセ神崎。

スクワット終了し、光我はやりきる。5分後にスパーリング。

若手のみなは座って休憩するなか、光我は関林にスパーまでシャドーやってていいかと聞く。

蔵地、関林、ホセ神崎は光我の才能には疑う余地はないというも… | 引用元:ケンガンオメガ 第14話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

蔵地、関林、ホセ神崎は光我の才能には疑う余地はないというも… | 引用元:ケンガンオメガ 第14話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

光我の才能は疑う余地はないという。

疑う余地はない。基礎体力十分。環境適応能力も高い。まだ線は細いが、この調子で肉体改造を続ければ、いずれ劇的に「化ける」はず。だけどと思う関林、蔵地、ホセ神崎。

光我のシャドーを見ながら、龍鬼は勿体無い。全部無駄にしてると口にする。

龍鬼は、光我は絶対に闘技者になれないという。

氷室は「中」の同士にある情報を探らせる。そして、さらに、ユリウス・ラインボルト、黒木玄斎、初見泉、加納アギトを探すように頼まれる。

ケンガンオメガ 第14話ネタバレ感想・考察まとめ

関林たちが光我に対しての評価に何か影がありそうな見解だったのと、成島という苗字に何かあるのか。

そして、龍鬼が、全部無駄というのはどういう意味か。龍鬼が勿体無いというからには、光我の能力を見極めたうえで、鍛え方についてのことだろうか。

肉体改造について、光我の能力だったら逆効果ということなのだろうか。

1話から見ている限り、光我の最も高い能力は山下と同じ「眼」ではないかと思う。その「眼」を持って相手に対して臨機応変に戦うことが光我の持っている特質をもっとも効果的に使うことになるのに対し、プロレスで肉体改造すると、その臨機応変ができなくなってしまうということだろうか。

光我を見て、全部無駄にして勿体無いという龍鬼 | 引用元:ケンガンオメガ 第14話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

光我を見て、全部無駄にして勿体無いという龍鬼 | 引用元:ケンガンオメガ 第14話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

いや、「全部無駄にしてる」という言葉から、光我の能力についてではなく、行為について言及しているとするなら、スクワットなどのトレーニングを無駄にしてるということなのか。

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です