【先読み】ケンガンオメガ 第17話ネタバレ感想『光我の指南役にアダム・ダッドリー登場』

【画像】ひったくりのラッシュパンチもすべて回避する光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第17話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】ひったくりのラッシュパンチもすべて回避する光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第17話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 第17話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 第17話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 第17話ネタバレストーリー・あらすじ

午前中の練習を終えた超日プロレス。

関林は、光我に話があるといって、昼飯を食べながら話を進める。

週末から全国巡業が始まる。毎年やっているリーグ戦。デスマッチ部門とストロングスタイル部門、それぞれのリーグ戦を行う超日の人気シリーズ。一ヶ月かけて、日本中で興行する。

そのために光我の修行を中断させてほしいという。光我が巡業に帯同するなら別だというも、山下商事に顔出せないのはと断る光我。

関林は、この際、レスラーに転向してみてはと光我を誘う。リングネームは、ドリクル光我ジュニアだと。

蔵地は、自分たちがいない間を知り合いに光我の指導をお願いしておいたという。プロレスとは畑違いだが、得るものはあると。

光我は、蔵地たちに感謝して、道場を後にする。

【画像】一ヶ月鍛えた光我の評価 | 引用元:ケンガンオメガ 第17話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】一ヶ月鍛えた光我の評価 | 引用元:ケンガンオメガ 第17話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

光我が立ち去ったあと、ホセは、関林と蔵地に光我の仕上がりを聞くと、後一歩だという評価。

一ヶ月のプロレスの修行で、フィジカルとメンタルはずいぶんタフになった。加えて、龍鬼に教わったフットワークを練習するようになって、身のこなしがバツグンによくなった。

龍鬼が言っていたのはフットワークの精密性のこと。そんなことはホセたちも分かっていたという。問題なのはもうひとつの弱点。

もうひとつの弱点は、他人に指摘されて改善するものではない。自分自身で気づくしか解決策はないという。

光我は、御茶ノ水駅にきていた。落ち着かない光我。原宿と勘違いする。

そこに、スクーターに乗った二人乗りの男が光我のバッグをひったくろうとする。しかし、ひったくれず、後ろに乗っていた男がバイクから落とされる。

光我は、バイクでひったくりは、原宿も田舎も一緒だなという。

ひったくりの運転手が、相方によくもやってくれたなと逆ギレする。

光我は、自滅したと相手にしようとしないが、ひったくりが殴りかかってくる。

【画像】ひったくりのパンチを軽く避ける光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第17話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】ひったくりのパンチを軽く避ける光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第17話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

しかし、半歩後ろに下がり、ひったくりのパンチをかわす光我。

ひったくりのパンチはひとつも当たらない。

ひったくりの動きに無駄を多すぎると見る光我。二週間前の自分と同じだと。

ひったくりの足をひっかけ、転倒させる。

光我は、警察がくるまえに消えろという。

ひったくりはナイフを出す。そこに後ろからひったくりの頭を蹴る男。フルフェイスヘルメットが変形する。

【画像】ひったくりのフルフェイスヘルメットを変形させるほどの蹴りを放つアダム・ダッドリー | 引用元:ケンガンオメガ 第17話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】ひったくりのフルフェイスヘルメットを変形させるほどの蹴りを放つアダム・ダッドリー | 引用元:ケンガンオメガ 第17話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

ひったくりの頭を蹴り飛ばした男の服の胸の部分に「クレイシ道場」とある。光我が訪問するところだった。

男は、闘技者になりたいガキが目の前にいる光我だと知ると、ウチの道場を選んだのはグッドだと笑う。

アダム・ダッドリーと自己紹介し、光我にスケートの経験はあるかと聞く。

スケートと聞いて何を始める気かと疑問に思う光我。

【画像】光我の次の指南役・アダム・ダッドリー | 引用元:ケンガンオメガ 第17話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】光我の次の指南役・アダム・ダッドリー | 引用元:ケンガンオメガ 第17話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

ケンガンオメガ 第17話ネタバレ感想・考察まとめ

ダッドリーが光我のもうひとつの弱点を克服できるわけじゃないだろうな。

弱点を知るきっかけぐらいにはなるのだろうか。

ダッドリーは、アイスホッケーの経験を活かして、足場が悪くても高い威力のパンチを繰り出せる闘技者だったっけ。忘れた。

フットワークを鍛えた光我の身のこなしをさらに強化するパターンかな。

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です