寄生獣リバーシ 第30話ネタバレ感想『タツキに会いにきたコウヘイ』

【画像】右胸を貫かれるタツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第30話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

【画像】右胸を貫かれるタツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第30話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

  • 寄生獣リバーシ 第30話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 寄生獣リバーシ 第30話ネタバレ感想・まとめ
  • 寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター
  • 寄生獣リバーシ 概要
  • 寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

寄生獣リバーシ 第30話ネタバレストーリー・あらすじ

タツキが歩いているとクラクションを鳴らして、タツキと並走する車。

車の窓が開く。

運転手のコウヘイが顔を覗かせる。

タツキに元気かと声をかけるコウヘイ。

タツキは、コウヘイに殴りかかる。

【画像】コウヘイに殴りかかるタツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第30話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

【画像】コウヘイに殴りかかるタツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第30話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コウヘイは、左手でタツキの拳を受け止める。

コウヘイは、話をしようとタツキに車に乗るように促す。

寄生生物がタツキを離さない。

仕方なくタツキは車に乗る。

車を走らせながらコウヘイは、待っていたのに何をしていたとタツキに問う。

タツキは、コウヘイを探していたという。

【画像】あの日、タツキを見逃したのは運命を感じたからというコウヘイ | 引用元:寄生獣リバーシ 第30話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

【画像】あの日、タツキを見逃したのは運命を感じたからというコウヘイ | 引用元:寄生獣リバーシ 第30話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コウヘイは、あの日、タツキを見逃したのは運命を感じたからだという。タツキは自分に似ているというコウヘイ。抑圧を日常にしている少年の目だと。叫びたくてたまらないクセに、誰かが、そして自分自身がそれを許してくれない。

コウヘイは音楽でも聴こうと極を鳴らし始める。

コウヘイのお気に入りのナンバーだという。

コウヘイは歌いながらドライブをする。

コウヘイは今がチャンスだという。ハンドルを奪って、壁に激突して爆発させるんだ。しかし、タツキは動かない。

タイムアップだというとそこは現場の駐車場だった。

車を降りて、駐車場を歩く二人。

コウヘイは、誰もいないといい、タツキに神様を信じるかと聞く。

【画像】左手の寄生生物が神だと主張するコウヘイ | 引用元:寄生獣リバーシ 第30話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

【画像】左手の寄生生物が神だと主張するコウヘイ | 引用元:寄生獣リバーシ 第30話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コウヘイは、自分の左手に宿っている寄生生物が神だという。

タツキは、またコウヘイに殴りかかる。

タツキは、コウヘイの寄生生物に右胸を貫かれる。

そして、タツキは地面に倒れる。

コウヘイは倒れたタツキに近づき、可能性を見せてくれという。

そこに「動くな」という声が駐車場に響き渡る。

コウヘイが視線を上げると、二人の私服警官が銃を構えていた。

寄生獣リバーシ 第30話ネタバレ感想・まとめ

私服警官だろう。警官は、コウヘイをつけていたのか。現場を張っていたのか。もしかして、タツキを張っていたのか。深見じゃないところをみると、この警官も始末されちゃいそうだな。

タツキが胸を貫かれている。右胸だから死にはいたらないだろうけど。。。

コミックDAYS『寄生獣リバーシ』を読んで。

寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター

タツキ
広川を父親に持ち、事件の現場を目撃している。

広川剛志
パラサイトの肩を持つ人間。

田宮良子(田村玲子)
広川を面白がって協力するパラサイト。

鈴木
広川家の家政婦。

深見
東福山署の刑事。「砂の女」の話をし、タツキを怪しむ。

増田
東福山署の刑事。深見の相棒だったがパラサイトに始末される。

朝河
タツキのクラスメートの女子高生。

南真子
タツキのクラスメートの女子高生。メガネ。

堀田亮平
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに始末される。

上杉一成
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに兄と一緒に始末される。

一之瀬栄治
生活安全課。深見の新しい相棒。

平間
北署の警部補。

海老沢コウヘイ
左手に寄生生物を宿した男。左手の寄生生物を「ヴァシュタール様」と呼ぶ。

ヴァシュタール
コウヘイの左手に寄生した寄生生物。

野田
コウヘイとともに食事をする寄生生物。

寄生獣リバーシ 概要

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。 新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争が明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。 彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。 その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、 その裏側を描く物語がここに開幕!

寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です