【先読み】ケンガンオメガ 第18話ネタバレ感想『スケートリンクでの修行を1時間で完遂する光我』

【画像】スケートリンクの修行を一時間でクリアしてしまう光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第18話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】スケートリンクの修行を一時間でクリアしてしまう光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第18話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 第18話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 第18話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 第18話ネタバレストーリー・あらすじ

ダッドリーにスケート場に連れてこられた光我。

スケートの経験はあるかと聞くダッドリー。

光我はないと答え、初めてのスケートリンクに立つだけでも苦戦している。

完全に初心者と知り、時間かかるかもと考えるダッドリー。

ダッドリーがアドバイスしようとするも光我は、立つことをマスターし、更に滑れるようになる。

その成長速度を見たダッドリーは、関林が光我に入れ込むのも納得する。

【画像】スケートリング上で光我を突き飛ばすダッドリー | 引用元:ケンガンオメガ 第18話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】スケートリング上で光我を突き飛ばすダッドリー | 引用元:ケンガンオメガ 第18話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

ダッドリーは次と言って、光我を突き飛ばす。光我は豪快に転倒して、氷に頭をぶつける。

光我は、立ち上がるもすぐにダッドリーは突き飛ばし転倒させる。

光我が頭にきて、ダッドリーの足にタックルをするも、びくともしないダッドリー。

ホッケーファイトをしていたダッドリー。氷上での殴りあいで一番大事なのは「安定感」。踏ん張りの効かない足場で、いかにして強烈な一撃を食らわせるか。光我は無駄な力がはいっているからだるまのように転がると説明する。

ダッドリーは、転倒している間は、何時間でも何日でもリンクから出られないというダッドリー。

【画像】ダッドリーの張り手に耐える光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第18話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】ダッドリーの張り手に耐える光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第18話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

一時間後、光我は、ダッドリーの突き飛ばしに三連続耐えて見せた。

光我は、次の課題を求めるも、ダッドリーは終わりだという。しかし、終わりというのはマスターから任された分だけだという意味だった。

マスターとは誰だというと別のところから、俺たちの師匠だと光我の疑問に答える。

その声は、今井コスモ。今井コスモほどの闘技者に師匠がいるのかと驚く光我。

そこにアダムとコスモを呼ぶ声。向いてみると、イナバウアーをしている暮石がいた。

【画像】イナバウアーをする暮石 | 引用元:ケンガンオメガ 第18話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】イナバウアーをする暮石 | 引用元:ケンガンオメガ 第18話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

その頃、山下は龍鬼を映画館に連れてきていた。

人生初めての映画はどうだったと龍鬼に聞くと嫌いじゃないという。

コール音で電話にでる山下。電話の相手は秋山で、今週末の試合に龍鬼に出場決定だという報告だった。

龍鬼は、光我の成長を見て、自分も頑張らないとと映画館の人ごみを縫って走る。

ケンガンオメガ 第18話ネタバレ感想・考察まとめ

センスがあって成長速度が速い光我の、自分で気づかないと直せない弱点とはなんだろうか。

自分にセンスがあるということには気づいていないみたいだけど、センスが弱点になっちゃうのか。

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です