【先読み】ダンベル何キロ持てる? 第76話ネタバレ感想『ラジアルフレクションで前腕のトレーニング』

【画像】ラジアルフレクションで前腕のトレーニング | 引用元:ダンベル何キロ持てる? 第76話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:MAAM

【画像】ラジアルフレクションで前腕のトレーニング | 引用元:ダンベル何キロ持てる? 第76話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:MAAM

  • ダンベル何キロ持てる? 第76話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ダンベル何キロ持てる? 第76話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ダンベル何キロ持てる? 概要
  • ダンベル何キロ持てる?を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ダンベル何キロ持てる? 第76話ネタバレストーリー・あらすじ

侍が新撰組に切られる。最後を覚悟する。

侍はおめいを逃がし、坂本の下へと促す。

ムジテレビの新春時代劇「幕末青春物語」。その番組の撮影中。

【画像】マッチョの新撰組 | 引用元:ダンベル何キロ持てる? 第76話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:MAAM

【画像】マッチョの新撰組 | 引用元:ダンベル何キロ持てる? 第76話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:MAAM

担当ディレクターの発案で、シルバーマンジムの面々がエキストラ出演することとなった。

シーン114「筋トレに明け暮れる坂本竜馬とおめいの再会シーン」と撮影するといわれ、このドラマの視聴率を心配する。

【画像】幕末に筋トレを取り入れるドラマ | 引用元:ダンベル何キロ持てる? 第76話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:MAAM

【画像】幕末に筋トレを取り入れるドラマ | 引用元:ダンベル何キロ持てる? 第76話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:MAAM

ダンベルを持って筋トレする坂本竜馬に、筋トレを励ます中岡慎太郎。

幕末にダンベルがあったかと聞くも存在しないというが史実よりもノリだという。

おめいが坂本竜馬に新撰組が迫っていることを伝えると、坂本竜馬はラジアルフレクションでがっつり追い込んでやると筋肉自慢を始める。

前腕のトレーニング。ラジアルフレクション。

【画像】ラジアルフレクションのやり方 | 引用元:ダンベル何キロ持てる? 第76話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:MAAM

【画像】ラジアルフレクションのやり方 | 引用元:ダンベル何キロ持てる? 第76話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:MAAM

用意するものは可変式のダンベル。片側を外し、外したほうと掴む。ダンベルの先端が下を向いている状態からスタート。

手首の力で先端を持ち上げる。限界まで持ち上げたら、ゆっくり元に戻す。背筋はまっすぐ伸ばして行う。

回数は10~15回×3セット。手首は故障しやすい部位なので無理は禁物。

重すぎる重量で行うと手首を壊すおそれがある。無理のない重さでチャレンジ。

おめいがラジアルフレクションをするときついという。

持ち手を逆にすると、ウルナフレクションになって、尺側手根屈筋や尺側手根伸筋を鍛えるトレーニングになる。ラジアルフレクションとセットを行うと良いと坂本竜馬は説明する。

監督がカットを叫び、最高のラジアルフレクションだと褒める。

エキストラで入ったマッチョたちが筋トレしたいという。監督は筋トレ休憩を許可する。

歓喜するマッチョたち。

ダンベル何キロ持てる? 第76話ネタバレ感想・考察まとめ

片方が着脱可能なダンベルが必要なのか。その時点でハードルが高いな。家にあるもので代用品はないものか。先端が重くて長いもので片手で掴めるモノって案外ないな。

マンガワン『ダンベル何キロ持てる?』を読んで。

ダンベル何キロ持てる? 概要

ダイエットしたい?鍛えたい? そんなアナタに…!
筋トレ&ダイエットで理想のカラダを目指す、女子高生たちの「肉体改造コメディー」!!
新鋭作家のMAAM&『ケンガンアシュラ』原作のサンドロビッチ・ヤバ子のコンビで描く、筋トレ実践型(?)マンガのはじまりです♪

ダンベル何キロ持てる?を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です