地獄楽 特別出張読切ネタバレ感想『画眉丸の妻への想い』

【画像】特別出張読切 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

【画像】特別出張読切 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 特別出張読切ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 特別出張読切ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 特別出張読切ネタバレストーリー・あらすじ

画眉丸は童ほどの背丈、ボロ布の如き風体。何より異様だったのは幽鬼のような表情。

城内に二派の忍び衆を集め、上覧試合が行われた時、相手の忍びが画眉丸を怪我人呼ばわりする。

一瞬で、怪我人呼ばわりした忍びは画眉丸に始末される。

傷だらけの子供が敵衆の中を悠々と歩く、石隠れ衆筆頭がらんの画眉丸を象徴する異様な光景。

石隠れ衆は仕事を受ける。

【画像】石隠れ衆 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

【画像】石隠れ衆 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

目的は、寺社奉行の裏帳簿の奪取。藩主が石隠れ衆に依頼。

石隠れ衆の長は、むごい現場を残せば逆臣への見せしめになるという。

画眉丸をその仕事で投入するも、現場では、相手を始末せずに気絶させるだけ。画眉丸は、裏帳簿を写し、侵入した際に動いたものをすべて元の位置に戻させる。

最終確認し、任務完了で撤収しようとする画眉丸に、部下たちが画眉丸が変だという。どの現場でも始末しなくなった。

昔なら邪魔者を全員始末してきた。

しかし、画眉丸は、目的の帳簿の奪取ができたのだから、いいだろうという。

部下は、画眉丸が結婚してかわったのかと聴く。

画眉丸は図星をつかれて、わざとらしく否定する。

腕が落ちたと聴く画眉丸は、クナイを突きつけて、試してみるかという。

不満があるなら始末すればいい。石隠れのやり方だ、付き合うという画眉丸。

結婚ごときで心変わりなどしない。とにかく撤収だと現場から立ち去る石隠れ衆。

【画像】画眉丸の妻が出迎えてくれる | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

【画像】画眉丸の妻が出迎えてくれる | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

家に帰ると、妻が笑顔で迎えてくれる。

妻は、画眉丸に怪我はなかったかと心配する。

二人は、食事をする。

画眉丸は、妻の前では調子が狂う。どんな表情をしていいかわからない。

【画像】飯の仕度をする画眉丸の妻 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

【画像】飯の仕度をする画眉丸の妻 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

見つめられた妻は、恥かしそうに栗ごはんが好きだというと、返事に困る画眉丸。

現場で始末しなかったことは、依頼主も喜んでいた。石隠れの長は画眉丸の頭を下げさせ、不甲斐ない限りと謝罪する。

依頼主は、画眉丸の気持ちはわかるという。最近、結婚して無意識に浮かれている。新婚同士不問にするという。

石隠れ衆を見送った後、依頼主の部下は、画眉丸はおとなしそうな人だっというと依頼主は、バカを言うなと諭す。

侵入したのは、伝説の忍、服部半蔵の末裔の砦で、無血侵入脱出するなどむしろ神業。

次の石隠れ衆の仕事が来た。

先刻の依頼主の始末が依頼。

画眉丸は、始末を嫌がる。部下は、画眉丸の非道さに憧れていたのにと画眉丸を襲う。

しかし、画眉丸は、襲ってきた仲間をすべて始末する。画眉丸は、標的に逃げろという。

家に帰ると、妻が迎えてくれる。

返り血を浴びて、ひどい顔をしていると部屋の灯りのところまで入ってこない画眉丸。

妻は、画眉丸に抱きつく。汚れるし、怖くないのかと聴く。

妻は、どんな顔だって私の旦那様ですと笑顔を向ける。

【画像】画眉丸に笑顔を向ける妻 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

【画像】画眉丸に笑顔を向ける妻 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

やっぱりどんな表情をすればいいかわからない。

でも妻の表情を曇らせたくない。

そんなことを思い出していた画眉丸。

佐切にお役目に怖気就いたのかと聴かれ、昔のことがちらついただけだという。

役目をおえなければ、妻には会えないだからと。

地獄楽 特別出張読切ネタバレ感想・考察・まとめ

画眉丸の妻をもっと出して欲しいけど、現在は島にいってるから、画眉丸の記憶を思い出す時ぐらいしか登場しない。

画眉丸の妻は、男性から見る女性の理想の一つである、自分のすべてを受け入れてくれる女性タイプ。のように見えるけど。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です