盾の勇者の成り上がり 第56話ネタバレ感想『重戦車フィトリア参戦』

【画像】助けにきた重戦車フィトリア | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第56話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

【画像】助けにきた重戦車フィトリア | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第56話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

  • 盾の勇者の成り上がり 第56話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 盾の勇者の成り上がり 第56話ネタバレ感想・考察
  • 盾の勇者の成り上がり 概要
  • 盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧
  • 盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

盾の勇者の成り上がり 第56話ネタバレストーリー・あらすじ

ナオフミたちの乗る馬車を引くフィーロ。

ナオフミたちは、霊亀に挑む。

目標は、霊亀の首。

霊亀の前足の足踏みで馬車は半壊する。

ラフタリアはフィーロの背に乗り、二人で霊亀の前足を駆け上っていく。

作戦は、ラフタリアとフィーロが霊亀の首を狙い、ナオフミたちはラフタリアたちのサポートに徹する。

ナオフミは、ツヴァイト・オーラを使って、ラフタリアたちを強化する。

リーシアは、ファスト・パワーを使って、ラフタリアたちを強化する。

オストは、金剛力を使ってラフタリアたちを強化する。

自分のカラダに這い上がってくる異物を取り除こうと、霊亀の使い魔がラフタリアたちを襲う。

エクレールとババアが使い魔を撃破。ラフタリアたちの力を温存するために、エクレールとババアが露払い役となる。

ナオフミは、エアストシールド、セカンドシールドを出し、ラフタリアたちに霊亀の首への足場を作ってやる。

ラフタリアとフィーロは、霊亀の首に接近する。

霊亀は、ラフタリアたちに口を開け、雷光を発射。

【画像】霊亀からの攻撃をドリッドシールドでラフタリアとフィーロを守るナオフミ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第56話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

【画像】霊亀からの攻撃をドリッドシールドでラフタリアとフィーロを守るナオフミ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第56話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

ナオフミは、ラフタリアたちの前にドリッドシールドを作り、霊亀の雷光を防ぐ。

雷光は拡散し、女王たちの連合軍のところまで届いてしまう。

連合軍に被害はなかったが、打てないはずの雷光を打ってきたことに危機感を募らせるも、霊亀もまた怯んでいる。

雷光が打てないはずといったオストに抗議を上げるナオフミだが、オストは今のうちにとチャンスだと促す。

ナオフミはラフタリアとフィーロに霊亀の首を落とすように指示を出す。

【画像】ラフタリアとフィーロの合わせ技『天命剣』と『すばいぱるとるねいど』 | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第56話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

【画像】ラフタリアとフィーロの合わせ技『天命剣』と『すばいぱるとるねいど』 | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第56話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

八極陣天命剣

すぱいらるとるねいど

二人の攻撃が合わさって、霊亀の首を落とす。

喜ぶのはまだ早い。ふりだしに戻っただけ。

ひとまず、連合軍と合流しようとするも、不気味な音が鳴り響く。

不気味な音は鳴り止まず、原因も分からない。

その音は、使い魔たちが、切断された霊亀の首の部分に集まって合体している音だった。

そして、見る見るうちに霊亀の頭が再生する。オストは早すぎると驚愕。

霊亀は、落とされた自分の首を踏み砕きながら前進を再会する。

女王は連合軍に魔法詠唱を命令する。

ナオフミは、霊亀の足にシールドプリズンを使用する。

シールドプリズンで固定された霊亀の足。霊亀は動きを止める。

リーシアは、霊亀の動きを止めたことをに驚くも、ナオフミはとめたところでスグに再生するのでは、倒しようがないと考える。

すぐに使い魔が襲ってくる。持久戦になれば勝てない。

シールドプリズンも破られ、霊亀は再び前進を始める。

連合軍の魔法攻撃が飛んでくるも霊亀にはさほどダメージはない。

その時、もう少し耐えてと声が聞える。

フィトリアの声だ。

急いでフィトリアが向かっているという。

【画像】憤怒の盾を使用するナオフミ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第56話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

【画像】憤怒の盾を使用するナオフミ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第56話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

ナオフミは、憤怒の盾を発動させる。

ラフタリアはナオフミを心配するも少し炎を使うだけだという。

ナオフミは、憤怒の盾の炎を霊亀の腹の甲羅に当てる。

憤怒の盾の炎は霊亀に効いたのか、立ち止まる。

【画像】憤怒の盾の炎の力で霊亀の気を引いたナオフミ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第56話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

【画像】憤怒の盾の炎の力で霊亀の気を引いたナオフミ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第56話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

そして、自分の下に潜り込んでいるナオフミたちを首を伸ばして覗く霊亀。

憤怒の盾の影響でフィーロがおかしくなり、ナオフミもまた体に異変が生じる。

カウントダウンが始まる。

霊亀は、下に潜っているナオフミに雷光を発射する。

ナオフミは、憤怒の盾で霊亀の雷光を防ぐ。

ナオフミが正気を保っていないことに気づき、心配するラフタリアだが、オストがラフタリアをとめる。

オストは呪文を唱えると、ナオフミの憤怒の盾とフィーロから炎の力を抜き取り、黒炎竜として、霊亀の頭に放つ。

憤怒の盾の力を抜き取られたことで正気に戻るナオフミ。

黒炎竜は、霊亀の頭を吹き飛ばすほどの力を持っていた。

憤怒の盾のカウントが3:00に戻っていた。

媒体から力を引き出す魔法は得意だというオスト。本来は人から力を引き出せば命が関わるが底知れぬ盾だというオストの腕は焼けどしていた。

霊亀の頭が再生する。

ナオフミは、これ以上の足止めはできないと諦める。

世界のためなら仕方が無いことと思っていたけど、今の霊亀は世界の敵。世界の敵はフィトリアの敵。

フィトリアが到着した。

盾の勇者の成り上がり 第56話ネタバレ感想・考察

フィトリア、なんか戦車みたいなのに乗ってる。重戦車か。トゲトゲしい装備は、鎖かなにかがついていて、霊亀を拘束するための装備が搭載されているのだろうか。

頭を落としてもすぐに再生するなら、動きを止める方法しかないだろう。

それにしてもオストが、媒体から力を抜くことができる魔法が得意なら、ナオフミのカースシリーズを使うときに、力を抜き取る役ができる。

ニコニコ漫画『盾の勇者の成り上がり』を読んで。

盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧

岩谷尚文(いわたになおふみ)
四聖勇者のひとり。盾の勇者。

ラフタリア
尚文の仲間。亜人。

フィーロ
尚文の仲間。フィロリアルのアリア種。

北村元康(きたむらもとやす)
四聖勇者のひとり。槍の勇者。

天木錬(あまぎれん)
四聖勇者のひとり。剣の勇者。

川澄樹(かわすみいつき)
四聖勇者のひとり。弓の勇者。

オルトクレイ=メルロマルク32世
国王。「クズ」と改名させられる。

マイン
国王の娘。尚文をはめた女。「ビッチ」と改名させられ、冒険者名は「アバズレ」。

ラルクベルク
尚文のことを「坊主」と呼び、心配してくれる冒険者。

テリス
ラルクベルクと一緒にいる女性。

リーシア
樹に救われ、樹の親衛隊に加わった新人。

オスト=ホウライ
霊亀の使い魔。

盾の勇者の成り上がり 概要

大学生の岩谷尚文は盾の勇者として異世界に召喚された。そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。国王より波(次元の亀裂から魔物が大量に這い出てくること)から世界を守ることを命ぜられた四人は、それぞれの武器を鍛えるため供を連れて旅をすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられる。名声や金銭を失った尚文は一人で旅に出るが、盾の勇者は攻撃できないため、攻撃力として奴隷の亜人の少女ラフタリアを買い、二人での旅を始める。

盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

ニコニコ静画に投稿された14000作品が読める。人気雑誌の話題作からユーザー投稿のWEBマンガまで、国内最大級の14000以上の作品がいつでもどこでもスマートフォンで楽しめるアプリ。

50以上の雑誌がニコニコ漫画に集結。いろんな作品が毎日更新。少年、青年、少女、4コマなど、幅広いジャンルの作品が毎日更新。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です