ゆるキャン△ 第11話ネタバレ感想『炭の火おこしに成型炭』

【画像】肉を焼きたくてたまらないリン | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

【画像】肉を焼きたくてたまらないリン | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

  • ゆるキャン△ 第11話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ゆるキャン△ 第11話ネタバレ感想・まとめ
  • ゆるキャン△ 概要
  • ゆるキャン△を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ゆるキャン△ 第11話ネタバレストーリー・あらすじ

リンとなでしこで、焼肉キャンプをするために四尾連湖にきていた。

四尾連湖は、本栖湖の北西に位置する小さなカルデラ湖。江戸時代には、富士八海のひとつとして数えられた紅葉の名所。ここでは、丑三つ時になると昔武士に倒された牛鬼の亡霊が湖面に現れるという言い伝えがあるとかないとか。

なでしこは、なにかの石碑に牛鬼の亡霊が出ないように拝み倒していた。

なでしこの祖父と電話しているなでしこの母。祖父に似たという。

リンたち以外には一組のキャンパーしかいない。貸切状態で喜ぶリンが、牛鬼の亡霊の話を聞いてから怖がる一方。リンは、都市伝説だけど、心配なら丑三つ時よりも早く寝ればいいというと、その手があったかと浮かれる。

テントを張る場所は、直火OKのグリーンサイトにしようとリン。

なでしこがリンのテントが変わっているという。

テントには、本体をフレームに吊るして設営する「吊り下げ式」と、本体のスリープにポールを通して設営する「スリープ式」がある。

【画像】テントの種類「吊り下げ式」「スリープ式」 | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

【画像】テントの種類「吊り下げ式」「スリープ式」 | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

細かい違いはあるが普通のキャンプに使うならあまり差がない。なれれば設営の手間もだいたい同じ。

ものによっては、片側だけポールをいれるだけで反対側が固定されるスリープ式テントや、フックの箇所を減らして早く設営できる吊り下げ式テントもあるが、その分高い。

テントの下に敷いているのは、グランドシート。敷いておけばテントが汚れないし、片付けるの楽だというリン。

500円ぐらいのレジャーシートで十分だというと安さに感激するなでしこ。

テントも設営し、ココアを飲む二人。

なでしこは、リンにいつ頃キャンプを始めたのか聞いた。

中1の冬からだと答える。祖父がアウトドア好きで前使ってたやつを貰ったからという。

なでしこは、写真を取りにいってくるとい、リンは炭おこししておくかと焚き火台を取り出す。

なでしこは写真を取りにうろついると隣のキャンパーのテントに遭遇。挨拶するなでしこ。

なでしこはさらに良い風景と取りたくて、階段を登っていく。

リンの炭火ほうは火が消える。着火剤をケチったせいかと次は一枚丸ごといれてみる。

なでしこは、階段を登り、いい風景をゲットする。

おなかの虫が鳴き、プチ鍋の準備しておこうとテントに戻る。リンが暗い感じになってる。火おこしに失敗していた。

なでしこは自分にはよくわからないから、隣のキャンパーを呼んできた。

【画像】炭の火起こし | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

【画像】炭の火起こし | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

炭に火がつかない説明をすると、備長炭は普通の炭よりも火がつきにくといい、成型炭を持ってきてこれを使うといいといってくれる。

成型炭は、オガクズや炭の粉末を固めた炭。ライターで簡単に火が着く。火持ちは少し短いが成型炭でもバーベキューは十分に楽しめる。

実際にやってみるとすぐに火がついた。しばらくして全体が赤くなったら火バサミで砕いてまんべんなく広げる。あとはその上に備長炭を並べて、火がつくのを待つ。

すると、備長炭にも火がついた。リンはその若者に感謝する。

早速、焼肉しようと肉を取り出すリン。

ゆるキャン△ 第11話ネタバレ感想・まとめ

成型炭と備長炭を買っていくといいのか。

新キャラの爽やかイケメン男子が出てきた。カップルかと思ったら姉か。なでしこたちといい感じになっていくのか。キャンプ仲間として。

LINEマンガ『ゆるキャン△』を読んで。

ゆるキャン△ 概要

オフシーズンの一人キャンプが好きな女子高校生の志摩リン。リンが富士山の麓で冬の一人キャンプを楽しんでたところ、日帰りのつもりが日没まで居眠りして遭難しかけていた同じ本栖高校の生徒、各務原なでしこを助ける。なでしこはリンのと出会いをきっかけにキャンプに興味を持つようになり、高校の同好会である「野外活動サークル(野クル)」に入部し、メンバーとも関わりながら、毎週のようにキャンプに出かけるようになり、皆とのキャンプに夢中になっていく。一方、仲間とつるんで行動するのが苦手なリンは、一緒に同好会に入らないかというなでしこの誘いを断るが、スマートフォンのSNSを介して、なでしこや野外活動サークルのメンバーと繋がりを持つようになり、互いにキャンプ中の状況を実況したり、キャンプ先の写真を送りあったりして関わるうち、徐々にキャンプ場の情報やキャンプ道具、野外調理に関するノウハウを交換したり、誘われたりして、時々ではあるが行動を共にするようになる。

ゆるキャン△を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です