ゴールデンゴールド 第22話①ネタバレ感想『琉花の母親に会いにいくハネル』

【画像】フクノカミのことを琉花の親に共有すること自体が無茶だと思うハネル | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話① 漫画:堀尾省太

【画像】フクノカミのことを琉花の親に共有すること自体が無茶だと思うハネル | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話① 漫画:堀尾省太

  • ゴールデンゴールド 第22話①ネタバレストーリー・あらすじ
  • ゴールデンゴールド 第22話①ネタバレ感想・まとめ
  • ゴールデンゴールド 概要
  • ゴールデンゴールドを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ゴールデンゴールド 第22話①ネタバレストーリー・あらすじ

ハネルは、琉花に戻らない前提で島をでる提案をしてみる。

そうすればフクノカミが方向も着地点も失って力が無になるかもしれないと。

琉花は、フクノカミがいなくなったら戻ってくるというと、その心構えだとダメだという。

いつか帰ってくるイメージを持つとフクノカミの力が発揮し続けることに矛盾しなくなってしまう。

落ち込む琉花。琉花を見て、親戚のある家の島に二度と足を踏み入れないということはどんな事態であれ、他人が勝手にさせていいことじゃないと思う。

親に事実を共有するのはどうかと提案するハネル。

【画像】親に打ち明けるべきだというハネル | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話① 漫画:堀尾省太

【画像】親に打ち明けるべきだというハネル | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話① 漫画:堀尾省太

親に共有できるか心配な琉花は、ハネルが親を連れてくるという。

ハネルは早速、琉花の親が住む、福山にやってくる。

ハネルは、島を出た編集者青木がフクノカミを忘れてしまったことから、自分も忘れないように、フクノカミに関することや、琉花の親に会うことについてメモをし、それを手に福山にやってくる。

この段階でも記憶が薄れる気配もない。

仮に、一回忘れた状態でフクノカミに再会すると「思い出す」のか「初対面」なのかと考えるハネル。

【画像】フクノカミのことを忘れないようにメモをするハネル | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話① 漫画:堀尾省太

【画像】フクノカミのことを忘れないようにメモをするハネル | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話① 漫画:堀尾省太

自分で言い出しておいて、琉花の親に情報共有するのはそもそも無茶な話だと思う。

娘が親に電話して見知らぬアラサーを寄越し、妖怪の話をする。信じてもらえるわけがないと考えるハネル。

琉花の実家にやってきたハネル。緊張しながらもインターホンを押すと、中に招き入れる母親。

ハネルは自分の著書を見せて、更に自分の免許証も見せるハネル。自分が怪しい人物ではないことをできるだけ証明するために。

琉花の母親は、ハネルに謝る。娘のわがままに巻き込んでと。

【画像】琉花のワガママに付き合わせたことを謝る母親 | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話① 漫画:堀尾省太

【画像】琉花のワガママに付き合わせたことを謝る母親 | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話① 漫画:堀尾省太

義母と上手くいっていないのとオバケの話をしたかと思えば、民宿のお客を使ってまでこんなことをと頭を抱える母親。

母親は琉花がなんていっているのかとハネルに聞く。

ハネルは、改めて、このことは頼まれたわけではなく、自分でお話しなければならないと考えて、自分の意思できたと説明。

ハネルは、寧島に渡った日のことから話を始める。

ゴールデンゴールド 第22話①ネタバレ感想・まとめ

母親は義母といっていたから、もともと寧島の出身ではないかもしれない。

ということは、フクノカミを琉花やハネルが見えてるように見えるはず。

琉花の父親は、寧島出身だから、見ても町子たちと同じように見える可能性がある。

フクノカミは、寧島出身者に影響力があるとしたら、琉花がフクノカミを町子たちのように見えないのは、母親の寧島以外の血が入っているからだろうか。

LINEマンガ『ゴールデンゴールド』を読んで。

ゴールデンゴールド 概要

瀬戸内海の孤島「寧島」に住む少女・早坂琉花は及川への片思いに憂鬱な思いを抱きながらも、平凡な日常を過ごしていた。

ある日、琉花は海辺で謎の置物を拾う。置物を山中の祠に祀り祈りを捧げたところ、置物は動き出し意思ある生命体のように振る舞い始めた。それと同時に琉花の祖母が営む民宿や雑貨店が繁盛し始め、置物は「フクノカミ(福の神)」名付けられた。しかしどこか禍々しく、怪しい動きで島民たちを操り始める「フクノカミ」を琉花たちは信用することが出来ない。そして、流花の不安通り、次々と異変が起こり始める。

ゴールデンゴールドを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です