【先読み】天空侵犯アライブ 第3話ネタバレ感想『センヤが最初に見つけた武器はスナイパーライフル』

【画像】手に取ったスナイパーライフルから何かがでてきた | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】手に取ったスナイパーライフルから何かがでてきた | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

  • 天空侵犯アライブ 第3話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯アライブ 第3話ネタバレ感想・まとめ
  • 天空侵犯アライブ 概要
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯アライブを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

天空侵犯アライブ 第3話ネタバレストーリー・あらすじ

ハシゴを降りて、一安心したと思ったセンヤに、ハシゴの上から仮面が覗いていた。

センヤは、仮面の追いつくスピードが人間離れしていると感じた。

さらにセンヤを驚かせる仮面。仮面は、ハシゴを使って降りず、そのまま飛び降りて、センヤを襲うとしてきた。

センヤは咄嗟に、開けた扉の中に入る。

センヤが建物の中に入ったことを確認した仮面はまた「良し」という。

センヤは本当に逃げないと始末されてしまう。

センヤは、宇宙に行くんだとその場から走って逃げる。

通路の角を曲がれば、下り階段があるはずだと自分にいい聞かせて走るセンヤ。

角を曲がったが、下り階段はなかった。瓦礫に躓き、転倒するセンヤ。

何もない。下り階段どころか完全な行き止まり。もう逃げられない。

ここにいたら仮面に痛いことをされる。窓から飛び降りれば痛い思いはしないだろうと考えるセンヤ。

その時、飛び降りた少女のことを思い出し、「正解」を教えてくれてたんだと思う。

窓に足をかけた時、「こっち」とまた声が聞えた。

声は明らかにロッカーの中から聞えた。

ロッカーの中に誰かがいる。

どう考えても気のせいだかが、気になる。センヤは、ロッカーを開けると人がいたわけではなく、スナイパーライフルが一丁置いてあった。

センヤはスナイパーライフルを手に取る。この世界はこういう武器を見つけ出して、仮面を被ったモンスターを倒して行く設定なのかと考える。

スマホゲーでライフルは使ったことあるけど、現実で使いこなせるわけがない。ヘタに抵抗したら余計ヤバイことになるだろうと、やっぱり飛び降りを考える。

でも、せっかくゲットしたからちょっとだけと、ライフルを構えてみる。

するとライフルから目玉がついた煙のようなものがでてきた。

これもモンスターかと考えるセンヤ。

異世界だから、こういうモンスターがいてもおかしくない。

モンスター?これも罠かと思った時には遅く、煙のようなものはセンヤの胸を貫く。

【画像】何かに胸を貫かれるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】何かに胸を貫かれるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

天空侵犯アライブ 第3話ネタバレ感想・まとめ

前作にはなかった見た目が人間ではない何かの登場。

「こっち」と呼んでいたことから、ライフルの聖霊のような存在が、持ち主を探していたのだろうか。

【画像】ライフルから出てきた目玉 | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】ライフルから出てきた目玉 | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

マガポケ『天空侵犯アライブ』を読んで。

天空侵犯アライブ 概要

宇宙飛行士にあこがれていた普通の少年・千夜は、学校の屋上で天を貫く「塔」のようなものを見た瞬間、突如異世界に飛ばされてしまう。そこは高層ビル群の間が吊り橋でつながれた無機質な世界。戸惑う千夜は、別のビルの屋上に立つ一人の少女を視界にとらえるとともに、もう一人、血まみれの武器を手にした仮面の男も目撃してしまう…?

天空侵犯 概要

女子高生・ゆりが、いつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。見渡す限りビルが立ち並ぶその場所は、仮面をかぶった男が斧で人の頭をかち割っている「訳のわかんない世界」だった。『亜人』の原作者・三浦追儺と、『ボックス!』の作画・大羽隆廣がタッグを組んでおくる、緊迫の高層ビル群サスペンス!!

天空侵犯アライブを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です