【先読み】天空侵犯アライブ 第4話ネタバレ感想『センヤ覚醒』

【画像】戦うモードになるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】戦うモードになるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

  • 天空侵犯アライブ 第4話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯アライブ 第4話ネタバレ感想・まとめ
  • 天空侵犯アライブ 概要
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯アライブを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

天空侵犯アライブ 第4話ネタバレストーリー・あらすじ

センヤはスナイパーライフルからでてきた奇妙な物体に、体中を刺される。

こんなマヌケな死に方はカッコ悪すぎると思うセンヤ。

倒れるセンヤ。

それを通路の角から見ていた仮面は、倒れて白眼むいているセンヤを見下ろしながら、「祭司」と呼ぶものに電話をかける。

十四番と呼ばれる仮面は、状況を説明して、脅しただけで何もしてないのに倒れた。これはショック死で、この場合はポイントが入るのかと祭司に聞く。

祭司は、状況説明が雑過ぎてわからないので、詳しく説明するようにと。

少年がロッカーからライフルを取り出したら、いきなり倒れたという説明に、祭司は、少年が本当に死んだのかと仮面に確認する。心臓や脳はが止まっただけでは死んだことはいえない。その少年の脳を完全に破壊するように指示を出す。

さらに、手の届く場所にライフルがあるなら直接触れないように。それも原型をとどめないぐらいに徹底的に破壊しろという。

センヤの頭の中に何かが侵入してきた。

その指示通り、仮面はセンヤの頭を潰そうと薙刀の切っ先で突こうとするも、切っ先をセンヤにつままれて止められる。

センヤは、仮面と距離をとる。

センヤは、頭の中のやつが「たたかえ」と言っていると闘志をむき出しにする。

センヤは、頭の中のやつも、仮面も何なのか全然わからないけど、そんなことはどうでもよくなってきた。戦って生き残ってやると決意するセンヤ。

【画像】銃を打撃武器として使い、仮面の上半身を吹き飛ばすセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】銃を打撃武器として使い、仮面の上半身を吹き飛ばすセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

仮面は、センヤに突進する。ライフルには弾丸が入っていない。ライフルを持ち直して、テニスラケットのように振り回し、仮面を撃破する。

天空侵犯アライブ 第4話ネタバレ感想・まとめ

<祭司様と仮面>

前作と同じ設定なら、祭司の支配下にある仮面だろうけど、祭司は人間を飛び降りか始末することを行っている。祭司が管理者という可能性もある。

気になるのは、仮面がいう「ポイント」。

【画像】仮面がポイントがもらえるのかと祭司様に尋ねている | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】仮面がポイントがもらえるのかと祭司様に尋ねている | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

この「ポイント」が溜まると、仮面から解放されたり、次のステージにいけるので、ポイントを溜めているのだろうか。

<センヤの能力>

センヤの能力。突かれた薙刀の刃を指で摘んでとめるということは身体能力アップがされている。さらにライフルの柄で仮面の上半身まるごと潰すほどのパワーも身につけてる。

【画像】刃を指で掴むセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】刃を指で掴むセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

前作でいういと、最終段階の理火たちレベルになっているということか。

身体能力を上げるのは、やめてほしかったなぁ。身体能力を上げるとほぼなんでもできてしまうようになっちゃうから、戦いのワクワク感がなくなっちゃう。

せめて、ライフルに寄生していた生物を取り込んだので、ライフルの使い方は一流だけど、そのほかの普通でいてほしかった。

マガポケ『天空侵犯アライブ』を読んで。

天空侵犯アライブ 概要

宇宙飛行士にあこがれていた普通の少年・千夜は、学校の屋上で天を貫く「塔」のようなものを見た瞬間、突如異世界に飛ばされてしまう。そこは高層ビル群の間が吊り橋でつながれた無機質な世界。戸惑う千夜は、別のビルの屋上に立つ一人の少女を視界にとらえるとともに、もう一人、血まみれの武器を手にした仮面の男も目撃してしまう…?

天空侵犯 概要

女子高生・ゆりが、いつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。見渡す限りビルが立ち並ぶその場所は、仮面をかぶった男が斧で人の頭をかち割っている「訳のわかんない世界」だった。『亜人』の原作者・三浦追儺と、『ボックス!』の作画・大羽隆廣がタッグを組んでおくる、緊迫の高層ビル群サスペンス!!

天空侵犯アライブを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です