インゴシマ 第67話ネタバレ感想『加奈と茜の惨劇を目の当たりにする葵』

【画像】加奈と茜の惨劇を目の当たりにする葵 | 引用元:インゴシマ 第67話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】加奈と茜の惨劇を目の当たりにする葵 | 引用元:インゴシマ 第67話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第67話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第67話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧とシマビト関係者
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第67話ネタバレストーリー・あらすじ

エギ大祭。

ガモウが入場することがアナウンスされると会場は大盛り上がりになる。

ガモウは、女たちを連れて、入ってくると会場からは「ガモウコール」が鳴り響く。

葵は、天井から加奈と茜がぶら下がっているのを見て、心を乱す。

葵に、ガモウのグラスに酒がつげとヒナゴに命令する。

葵は、震え涙を流しながらガモウに酌をする。

【画像】怯えながらガモウに酌をする葵 | 引用元:インゴシマ 第67話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】怯えながらガモウに酌をする葵 | 引用元:インゴシマ 第67話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

震える葵に、なにをおびえていると聞くガモウ。

インゴシマ 第67話ネタバレ感想・考察まとめ

葵は、桐花に説得させられて、ある程度はインゴシマの暮らしに慣れていったのかなと思ったけど、そうでもないのか。

啓太シーン、高崎シーン、若林シーンが長すぎて、かなりの時間が経ってる感じがするけど、作中ではそれほど時間は経っていないか。啓太がシマビトの村にアキラと潜入してから一晩ぐらいしか経ってないぐらいかな。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧とシマビト関係者

<啓太グループ>
東堂啓太
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
アレックス(イヤツコ)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)

<シマビト関係者>
ガモウ
ヒナゴ
チオモ
大矢野桐花
コリオ・インゴ
サカキ・ジウベエ・インゴ

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です