【先読み】ケンガンオメガ 第30話ネタバレ感想『必殺技開発の思案』

【画像】光我の闘技者としての採用試験が一ヵ月後に決定 | 引用元:ケンガンオメガ 第30話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】光我の闘技者としての採用試験が一ヵ月後に決定 | 引用元:ケンガンオメガ 第30話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

ケンガンオメガ 第30話ネタバレストーリー・あらすじ

正拳、掌底、手刀、貫手、孤拳、裏拳、猿臂、鉄槌、刀峰、前蹴り、回し蹴り、外回し蹴り、内回し蹴り、足刀蹴り、膝蹴り…。

光我のオジサン丈二は、厳密にいうとまだまだあるが、とりあえず、この中から光我の必殺技を考えてみようという。

必殺技と言われてぴんとこない光我。

必殺技といって独自性を出す必要はない。技の錬度を高めればいいという丈二。

黒狼のスティンガーも普通の前蹴りだった。通常の前蹴りとの違いは足先(親指)で蹴っていたことぐらい。

【画像】黒狼の必殺技「スティンガー」も普通の前蹴りだった | 引用元:ケンガンオメガ 第30話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】黒狼の必殺技「スティンガー」も普通の前蹴りだった | 引用元:ケンガンオメガ 第30話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

キック等の止める。突き放す前蹴りとは違い、フルコンの前蹴りは「倒す技」。

光我は、必殺技というと手技のイメージがあるという。

王道は正拳突きか、貫手も必殺技っぽいというと、貫手はやめておいたほうがいいという丈二。

部位鍛錬も怠っている光我なら尚更で、指は折れやすいという。

必殺技どころか、自爆技になりかねないと。

【画像】貫手は自爆技になりやすい、正拳突きはありきたりからダメだという丈二 | 引用元:ケンガンオメガ 第30話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】貫手は自爆技になりやすい、正拳突きはありきたりからダメだという丈二 | 引用元:ケンガンオメガ 第30話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

正拳突きも安直だという。ストレートなんてどの打撃系競技にもある。超メジャーな手技。実際にストレートを得意とするやつも大勢いる。独自性を出す必要はないが、没個性もダメだという。大勢使っているということは意外性もないし、対策も打たれやすい。

山下家では、夕食の準備が始まっていた。

皆揃ったところで野球中継を見ながら食事をとる。

前蹴り、鉤突き、掌底、下段回し蹴り、必殺技候補は絞れたけど、絞りきれなかった。

山下が、光我の闘技者としての採用試験を一ヵ月後にあると告げる。

対抗戦までは時間がまだあるが、直前に試験するわけにもいかないからという。試験は、現役闘技者との一本勝負。本気で代表入り目指すならなんとしても支援を突破するしかないという。

【画像】龍鬼も同じく一ヶ月後に三試合目 | 引用元:ケンガンオメガ 第30話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】龍鬼も同じく一ヶ月後に三試合目 | 引用元:ケンガンオメガ 第30話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

龍鬼は、一ヶ月、仕合まで一緒に特訓しようというも、山下は、龍鬼も自分の修行に集中してほしいという。同じく一ヶ月後に三試合目が決まったという。

山下は、来週、煉獄の仕合を見に行こうという。

ケンガンオメガ 第30話ネタバレ感想・考察まとめ

龍鬼の仕合は、阿古谷だろうか。一連の事件を疑った阿古谷が仕合をマッチングして、龍鬼を直接観察するつもりなのか。

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です