SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話ネタバレ感想『きりもみユーリ』

【画像】ヨルのビンタできりもみするユーリ | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話 著者:遠藤達哉

【画像】ヨルのビンタできりもみするユーリ | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話 著者:遠藤達哉

  • SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話ネタバレストーリー・あらすじ
  • SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • SPY × FAMILY (スパイファミリー) 概要
  • SPY × FAMILY (スパイファミリー)を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話ネタバレストーリー・あらすじ

ユーリに夫婦の証としてキスをしろとロイドとヨルに強要する。

迫るロイドに、慌てるヨル。

ヨルは、ファーストキスに動揺する。落ち着かせるために酒をラッパ飲みする。

無理しなくてもいいと小声でいうロイド。しかし、自分のためでもあるのでがんばるというヨル。

すぐにキスしない二人にしびれを切らすユーリ。しかし、黙ってなさいとユーリの顔スレスレにナイフを投げつけるヨル。

【画像】ロイドにキスしようとするヨル | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話 著者:遠藤達哉

【画像】ロイドにキスしようとするヨル | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話 著者:遠藤達哉

ヨルは、酔いも後押しして、自分からロイドにキスしにいこうとする。

その姿を見て、ユーリは、動揺する。

テストで一番をとったときに、ご褒美のチューをほっぺたにもらった喜んでいた少年時代を思い出すユーリ。

【画像】ヨルにホッペにキスしてもらったことを思い出すユーリ | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話 著者:遠藤達哉

【画像】ヨルにホッペにキスしてもらったことを思い出すユーリ | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話 著者:遠藤達哉

ユーリの目から涙がこぼれる。

やっぱり、ダメだとキスをとめようとするユーリ。

キスの直前、やっぱりダメだと、ロイドをビンタしようとした手がロイドに当たらず、とめようと突進してきたユーリに直撃する。

きりもみ状態で回転して吹っ飛ぶユーリ。

頭から血を流しながらユーリは、二人のキスを止めようとした自分をここまで拒絶するとほイチャイチャしたかったんだと嘆くユーリ。ユーリは、ロイドにヨルの唇は預けるという。今日のところはカンベンしてやるというフラフラなユーリをユラユラしてるヨルが支える。

【画像】きりもみビンタされるほどに拒絶されたことに涙するユーリ | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話 著者:遠藤達哉

【画像】きりもみビンタされるほどに拒絶されたことに涙するユーリ | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話 著者:遠藤達哉

ロイドは、そんな姉弟は素敵だという。こうやってずっと支えあってきた。ユーリにヨルを守ってくれたありがとうと感謝を述べる。二人で一緒にヨルを幸せにしようと二人を包み込むロイド。

優しくされて、反発するユーリ。帰るというユーリにまた遊びにおいでと余裕のロイド。

SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第13話ネタバレ感想・考察・まとめ

アーニャ活躍なかった。寂しい。

ヨルは、世間体を気にするために結婚をしたけど、ここまでの緊迫した状況を生み出すほど危険な状態を維持するほどの価値トレードがあるのだろうか。

結婚したという情報が流れてしまった以上は、一旦落ち着くまでは遣り通さないと逆に不自然だろうけど。

少年ジャンプ+『SPY × FAMILY (スパイファミリー)』を読んで。

SPY × FAMILY (スパイファミリー) 概要

凄腕スパイ<黄昏>は、より良き世界のため日々、諜報任務にあたっていた。ある日、新たな困難な司令が下る??…。任務のため、仮初めの家族をつくり、新生活が始まるのだが!?スパイ×アクション×特殊家族コメディ!

SPY × FAMILY (スパイファミリー)を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です