奴隷遊戯 第57話ネタバレ感想『テラノ式脳天直下型スープレックスが炸裂』

【画像】九十九にドロップキックを炸裂させるテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第57話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】九十九にドロップキックを炸裂させるテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第57話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第57話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第57話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第57話ネタバレストーリー・あらすじ

いつの間にか最強空手家・月ヶ瀬九十九がロープ際に追い詰められた。

九十九は、ゆっくりとした動作で拳を出し、テラノの腹に当てると、そこから打撃を繰り出す。

勢いもない拳の攻撃にテラノの巨体は吹っ飛ぶ。

寸勁と呼ばれる中国拳法の妙技。

九十九は倒れたテラノに歩み寄り、頭をサッカーボールキックで蹴り上げる。

九十九は道着を脱ぐ。それを見たガトーはヤバイと呟く。

道着を脱いだ九十九は、その年齢とは思えないほどの肉体だった。ギリシア彫刻のような肉体。

鷹司は、キレた九十九に出会えたのは嬉しい誤算だという。

九十九は、テラノに自分は空手より喧嘩のほうがずっと強いと言い放つ。

過去、山で修行していた九十九は、自分の体を大きく上回る巨大な熊に遭遇した。

熊が繰り出すパンチを、正拳突きで相殺する。ひるむ熊の顔にさらにパンチを入れて倒す。

【画像】熊をも倒した九十九の拳がテラノの顔面に炸裂する | 引用元:奴隷遊戯 第57話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】熊をも倒した九十九の拳がテラノの顔面に炸裂する | 引用元:奴隷遊戯 第57話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

そのときのように、倒れているテラノの顔面にパンチを入れる九十九。

何度も何度もテラノの顔面にパンチを入れる九十九。

テラノは、九十九のパンチのラッシュから逃れ、走りだす。追う九十九。

走った先はロープ。テラノは逃げたのではない。

ロープの反動を利用して、九十九にドロップキックを炸裂させる。

九十九は倒れ、起き上がろうとする。

テラノは、起き上がろうとする九十九の両脇を抱え、持ち上げ、両腕を決めた状態で頭から九十九を床に叩きつける。

その衝撃で、九十九の両肩は脱臼する。

アナウンスは、この技を、様々な技の要素が組み合わさったテラノ式脳天直下型スープレックスと名づける。

勝利を確信し、喜ぶ浜口だが、九十九は立ち上がる。

脱臼している両肩でも、鞭のように両腕をしならせて戦えることをアピールする。

テラノは再びロープに向かって走る。

そこでブリッジの磁力が切れて、ロープではなくってしまう。しかし、ガトーと浜口がブリッジの紐を引っ張ることでロープにする。

カイは、テラノに勝利をお願いする。

テラノは、カイの不安そうな声を出してるんじゃねえと吼え、ガトーと浜口が維持してくれてるロープを使う。

奴隷遊戯 第57話ネタバレ感想・考察まとめ

九十九は両肩を脱臼した状態で戦えるのか。足があるからまだ攻撃はできると思うが、両手のバランスがあってこそ、蹴りを万全に打てる状態。

この作品は、ひとつの戦いにそれほど話数を割かない傾向だし、テラノもここまでタンカ切ったから次で決まりそうではあるけど。

【画像】カイにタンカを切るテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第57話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】カイにタンカを切るテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第57話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です