地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話ネタバレ感想『覚醒したタツキ』

【画像】絹代はビッシオーネにいると予想するタツキ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】絹代はビッシオーネにいると予想するタツキ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話ネタバレ感想・まとめ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話ネタバレストーリー・あらすじ

【トレジャーハントの間】

水嶋のピンチを助けたのはタツキだった。

阿久津の針攻撃をアイギスの傘で防ぐタツキ。

27時間前、タツキは体中に文様が浮かび、こん睡状態が36時間たっていた。狩人の毒針にやられたのか、何かのコードを使ったのか、それすらもわかっていない。

宮本は、狩人の攻撃を受けていないし、コードも出会って以降から使用していない。心当たりがあるとすれば、多少刺激を与えたという。どんな刺激かのツッコミをしなかった水嶋。

タツキは、水嶋に自分がきていたコートを手渡す。

岩楯が、スキル「ハンドカノン」をタツキに向けて放つも、タツキはアイギスの傘で軽々と防ぐ。

タツキは岩楯に警告する。

【画像】ハンドカノンの副作用を知るタツキ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】ハンドカノンの副作用を知るタツキ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

何度撃ってもムダ。あと何発撃てるかは知らないけどという。

岩楯は、クアドリフォリオの野田も同じスキルを持っているので、「ハンドカノン」の副作用をタツキが知っていると考え、打ち所を見極めないといけないと考える。

水嶋は、アイギスの傘があれば、逃げ切れるかもしれないと考える。

「鍵」を遠くに投げて、全速力で逃げるのが今できるベストの選択だと考える水嶋。

しかし、タツキは、水嶋にコートを渡し、ミッションクリア班と合流して、全員でここに戻ってきてという。敵の三人はここで足止めしておくのでと。

エリカは、仮面をつけて、タツキの体の履歴を見る。岩楯は、タツキがスキル持ちかと尋ねると、コードレスで肉体履歴にも特筆すべき点はなしだという。エリカは、そう答えたにも関わらず、聞いていたのと違うという。ゾクゾクすると舌なめずりをする。その言葉から、タツキを強敵だと知る岩楯と阿久津。

水嶋は、タツキに戦う必要はないと説明する。敵がほしいのは鍵で、鍵ならまた手に入るから急ぐ必要はないという。しかし、戦う理由はあると反論するタツキ。

絹代を助けるため。絹代はおそらく「ビッシオーネ」に捕まっているという。宮本が、「ビッシオーネ」が「佐鳥アスマ」を探しているといっていた。絹代はアスマといっしょにいる。

【画像】スキル持ちの敵三人を相手にして負けるつもりはないというタツキ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】スキル持ちの敵三人を相手にして負けるつもりはないというタツキ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

アスマが誰かに負けたり、従ってるのは想像しがたいが、スキル持ち相手ならアスマも苦戦したかもしれない。水嶋は、それをいったら居間のタツキもコードレスで相手は三人ともスキル持ちというと、タツキは目を細めて、今の自分では勝ちきれないけど、負けるつもりもない。

この「アイギスの傘」があれば敵の攻撃を凌げる。でも敵を倒すことはできない。だからミッションクリア班の攻撃力が必要だという。だから、俺を信じれくださいというタツキ。

【画像】ミッションクリア班の「攻撃力」が必要だというタツキ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】ミッションクリア班の「攻撃力」が必要だというタツキ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

「俺」といったタツキに驚く水嶋。

「鍵」は持っていれば、俺を狙うはずだとタツキは落ちていた鍵を拾い上げる。

水嶋は、その場から走って離れはじめる。

エリカは逃げる水嶋を最初は放っておけというもすぐに止めさせる。阿久津が針攻撃を飛ばすも、タツキがアイギスの傘を使う。反射モードで、阿久津の針をエリカたちに跳ね返す。

エリカに飛んできた針を、自分の腕を犠牲にして守る岩楯。

タツキは、水嶋を逃がした理由に気がついたんだねという。

水嶋は、走り去りながら、タツキが元々どういう人物だったかはしらないが、「休息の間」で別れたタツキとは明らかに違うと感じる。意識を失っている間に何が起きたんだ。それともこれが本来のタツキなのかと。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話ネタバレ感想・まとめ

<タツキの異変>

水嶋が感じるタツキの異変。岩楯の「ハンドカノン」の副作用を知っていたのは、野田から聞いたのか。

聞いていないと思う。

【画像】「休息の間」のタツキと明らかに違うと感じる水嶋 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】「休息の間」のタツキと明らかに違うと感じる水嶋 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第55話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

水嶋は「休息の間」のタツキとは明らかに違うという発言から察するに、ウーゴシボッチの基地で、タツキと遭遇した時には、タツキはすでにこん睡状態だったと推察される。「休息の間」以降に意識ある状態のタツキで水嶋が会ってるとして、その時に変化があれば、その会った時から様子がおかしかったと発言するだろうし、意識がなかった状態と考えられる。

次に、水嶋と会う会わないを別にして、宮本と同じチームの「野田」に「ハンドカノン」のことを聞いたという線もあるが、それはないだろう。なぜなら、真衣を含め、野田たちは水嶋を救出した後に合流しているので、タツキが水嶋と野田に接触するタイミングは同時のはず。

意識があって、接触し、「ハンドカノン」のことを聞いているなら、水嶋は「休息の間」のタツキと対比しないだろう。

そこで、どうして「ハンドカノン」の副作用のことを知ってるのか。可能性は、記憶が戻った。もしくは記憶が一部戻った。しかも大部分戻ったと考えられる。自信を持ってるのもそこに起因するのではないか。

ただ、水嶋が猫化する上で、意識を失ってる状態がある程度あるとするなら、意識がない状態の時にタツキと野田が接触して「ハンドカノン」について聞いてる可能性もある。

タツキが、ミッションクリア班のスキル内容を知っているから、「攻撃力」と確定判断しているわけで、その情報は、記憶が戻り、バベルダンジョンで手に入る全スキルの情報を知っていたとしても、誰が何のスキルを持っているかはわからないと思う。チーム内の誰がどのようなスキルを持っているについては、宮本と二人きりのときから話は聞ける。

聞けるといたら、そこで「ハンドカノン」の副作用について宮本から聞いてる可能性もあるから、記憶が戻ったとは言い切れない。

ただ、これほどまでの自信を持っているのは武器を手にしたからだと思う。相手の攻撃を防ぎきれると判断したのも、相手のスキル攻撃を見て、スキルの内容を理解したからではないだろうか。

<タツキがミッションクリア班側にきた謎>

今回の作戦についても誰かがタツキに共有したのだろう。今回の作戦を立案したのは宮本だったっけ?なら作戦内容もこん睡状態になる前に宮本から聞ける。

気になる点としては、作戦内容を知っていたから、水嶋のところにやってこれたタツキだが、絹代を救出するなら、なぜミッションクリア班のほうに来たのだろうか。絹代を救出するなら、ビッシオーネ攻撃班のほうにいくと思うが。。。

絹代を直接救出できる可能性の高いビッシオーネ攻撃班よりも、絹代の救出が遠い的になるミッションクリア班に向かった理由として考えられるのは、救出に失敗して、ビッシオーネがクリアしてしまったら、絹代も一緒に連れて行かれる可能性があり、そうなると合流することが難しくなるから、まずは誰もクリアさせないための予防策として、ミッションクリア班のほうで敵に鍵を奪われないため。だろうか。

LINEマンガ『地上100階~脱出確率0.0001%~』を読んで。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター

黒海樹(くろうみたつき)
バベルダンジョンに参加した理由は不明。記憶喪失。

小石絹代(こいしきぬよ)
樹と幼馴染という女子高生。

佐鳥アスマ(さとりあすま)
身体能力の高いチャレンジャー。絹代を奴隷にする。

海老沼彩花(えびぬまあやか)
黒ギャル。カレシの遊哉の借金を返すために一緒にチャレンジャーとして参加。

水嶋秀則(みずしまひでのり)
バベルダンジョンの最先端技術を見るために参加。大学生。

土田勝(とだまさる)
『世界のまさる』という関西でチェーン展開していた焼肉店の社長。

桐谷岬(きりたにみさき)「みっくん」
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた男性。

同級生:女
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた女性。

<クアドリフォリオ>

宮本吉那
桐谷岬の伝言をタツキに齎す女。「クアドリフォリオ」のリーダー。アイギスの傘を所持。

千種真衣(ちぐさまい)
「クアドリフォリオ」の一員。「ディグダグ」を使う女の子。

野田
「クアドリフォリオ」の一員。「ハンドカノン」を使うバンダナの男。

奥本
「クアドリフォリオ」の一員。真衣たちの仲間。

岩田
「クアドリフォリオ」の一員。真衣たちの仲間。モヒカン。

<ビッシオーネ>

サイモン・F・ネッド
「ビッシオーネ」のボス。

毒島
「ビッシオーネ」の一員。岩館とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「糸」を使うスキルコードの所持者。

岩楯
「ビッシオーネ」の一員。毒島とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「ハンドカノン」のスキルコードの所持者。

阿久津
「ビッシオーネ」の一員。吉野とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。「針」を使うスキルコードの所持者。

吉野エリカ
「ビッシオーネ」の一員。阿久津とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。

冴木浩二(さえきこうじ)
「ビッシオーネ」の一員。円柱水路の間でライオンに加え、両足が切断され、亡くなったかと思われたが、トレジャーハントの間で再会。

鬼頭
「ビッシオーネ」の一員。

<ウーゴシボッチ>

喜多川
「ウーゴシボッチ」のリーダー。

大山まいこ
「ウーゴシボッチ」の最終兵器。No.2。

西関知美
「ウーゴシボッチ」の一員。

須藤遊哉
「ウーゴシボッチ」の一員。彩花の元カレ。

江木心
「ウーゴシボッチ」の一員。遊哉の師匠。

メロ・サグス
「ウーゴシボッチ」の一員。

東欧系女性
「ウーゴシボッチ」の一員。遊哉の今カノ。「ビッシオーネ」のスパイ。

クツナみゆき
ビッシオーネに捕まっている江木の彼女。

大山まいこ
「ウーゴシボッチ」のNo.2。

<バベルダンジョン側キャラ>

アンフィル
バベルダンジョンの案内人。人間ではない。

ドメスティカ・ノーヴェ
トレジャーハントの間の案内人のひとり。

<その他>

サラ・フェイト
バベルダンジョンで生まれた謎の少女。スキル「エンペラーズ・ニュークローズ」を使用し、「狩人」からも人間からも見えなくなれる。

黒海慎吾(くろうみしんご)
タツキの父親。

黒海啓二(くろうみけいじ)
タツキの祖父(父方)。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です