【先読み】ケンガンオメガ 第34話ネタバレ感想『龍鬼を狙う組織』

【画像】拳願会の深いところに楔を打ち込んであるという夏忌 | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】拳願会の深いところに楔を打ち込んであるという夏忌 | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 第34話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 第34話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 第34話ネタバレストーリー・あらすじ

焼ける肉を見て、もう食べていいよねと光我に聞く龍鬼。

二人は焼肉屋にいた。

肉を食べると龍鬼は、噛んでないのに肉が溶けたと大喜び。

しかし、光我は焼肉を楽しめないでいた。

さっき、見た遺体のことを思い出す。間違いなく死んでいた。

光我は、災難だったなと龍鬼にいう。偶然、遺体を見つけて。葬式以外で見るなんて初めてだという。

龍鬼は、光我の言っているのは自分が始末したと答える。

光我は、先に襲ってきたなら仕方なしに反撃したんだよな。正当防衛だなという。

龍鬼は、尾行されていたから目障りだから始末したという。だから、先に仕掛けたのは自分だと。

【画像】光我は龍鬼の正当防衛を主張するも本人が否定する | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】光我は龍鬼の正当防衛を主張するも本人が否定する | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

龍鬼は、肉を食べていない光我に、試験で力がでないよと指摘すると、龍鬼が何をしたのかわかってるのかとキレる。

龍鬼は、自分が始末したことを簡単に受け入れている。龍鬼はたくさん始末してきてるからという。

龍鬼は、光我が勘違いしてるとわかる。光我がアレを人間だと思ってるでしょと質問する龍鬼。

【画像】龍鬼は、光我に安心してもらおうとアレは虫を潰すのと一緒だという | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】龍鬼は、光我に安心してもらおうとアレは虫を潰すのと一緒だという | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

龍鬼は続けて、祖父から「アレを、人間と思うな」「虫を潰すのと一緒」だと教えられ、普通の人間を始末しないよと笑顔で答える龍鬼。

それを聞いて、光我は龍鬼と会話するのを諦め、あばよとその場から立ち去る。

龍鬼は、試験前だからイライラしてるだろうと気にしないでいた。

龍鬼が始末した刺客の前にエドワード呉が立っていた。

エドワード呉は、夏忌に電話をかけ、龍鬼に逃げられたと報告する。

無門が龍鬼に接触したせいでこっちの動きを感づかれてしまった。夏忌の弟子はどいつもこいつも使えないと愚痴をたれる。

無門のことを一瞬思い出せなかった夏忌は、拳願会の闘技者を潰し損ねたから龍鬼を抑えて挽回しようとしたんだろうという。

しかし、夏忌は問題ないという。拳願会のもっと不快ところに楔は打ち込んであるから、末端が一人消えようがまったく問題ないという。

エドワードは、フードをかぶった謎の男と話しをする。謎の男は、エドワードに龍鬼のことをどう思うと聞く。

ただの他人の空似か、「虎の器」か。

謎の男は、龍鬼が「虎の器」なら始末するという。

「虎の器」は俺一人。二虎流は俺のものだという謎の男。

ケンガンオメガ 第34話ネタバレ感想・考察まとめ

「虎の器」、二虎流。

龍鬼が「虎の器」かもしれない。しかし、謎の男は自分が「虎の器」だという。

【画像】龍鬼が「虎の器」なら始末すると意気込む | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】龍鬼が「虎の器」なら始末すると意気込む | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

この会話から考えられるのは、「虎の器」の者に二虎流の秘伝書みたいなものが授けられるということなのだろうか。

一応、この作品は、前借りなどの一部ファンタジー的要素はあるが、手からビームがでたり、空を飛んだりしないから、ベースは現実的なものだし、何かの格闘技の極意みたいなものが、体の中に入っていく。それを入れるのが「虎の器」。そんなパターンではないだろう。

そう考える、秘伝書的なものかな、と。

【画像】龍鬼をただの他人の空似か、「虎の器」かと放すエドワード呉と謎の男 | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】龍鬼をただの他人の空似か、「虎の器」かと放すエドワード呉と謎の男 | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

そして、龍鬼が他人の空似か「虎の器」か、話題になっていることから。本当は「虎の器」は、王馬だったのかもしれない。

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

夏忌(シァジー)
エドワード・呉とつながりがある男。拳願会に潜り込んでいる。

謎の男
二虎流の継承者。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です