【先読み】天空侵犯アライブ 第10話ネタバレ感想『センヤの幼馴染の死体』

【画像】ギャル仮面 | 引用元:天空侵犯アライブ 第10話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】ギャル仮面 | 引用元:天空侵犯アライブ 第10話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

  • 天空侵犯アライブ 第10話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯アライブ 第10話ネタバレ感想・まとめ
  • 天空侵犯アライブ 概要
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯アライブを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

天空侵犯アライブ 第10話ネタバレストーリー・あらすじ

とある遺体を発見したセンヤとナナミ。

首なしの遺体に違和感を感じるセンヤ。

首なしの遺体の服装が自分が学校の制服だと気づく。

自分のほかに同じ学校の人がこの世界にやってきたことに驚愕する。

センヤは、この首なしの体格に見覚えがあった。

センヤは、自分の直感を否定しようとするも、近くに転がるあるものを見て、センヤの直感は的中した。

近くに転がっていたのは、首なしの頭。

その頭は、センヤのよく知る人物だった。

【画像】センヤの幼馴染の学友ナオキの遺体だった | 引用元:天空侵犯アライブ 第10話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】センヤの幼馴染の学友ナオキの遺体だった | 引用元:天空侵犯アライブ 第10話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

ナオキ。

幼馴染の学友。

絶叫するセンヤ。

センヤは倒れる。

そんなセンヤにかける言葉がないナナミ。

知り合いがこの世界に来てなくて良かったねとさっきいった言葉をなんで言ったのかと後悔するナナミ。

自分は本当にダメな人間だと悔やむ。

ライフルから出てる目玉が、センヤに何かを訴えるが、もうどうでもいいと思うセンヤ。

知り合いの遺体をみたことで、恐怖を実感するセンヤ。

そんなセンヤたちをスマホのカメラで撮影するものがいた。

ギャル仮面。ダサいスマホで写真の設定も微妙だというギャル仮面は、センヤたちを生け捕りにするという。

ふざけた感じから「あいつら」の仲間だと思うナナミ。

ギャル仮面が持っているスマホはナオキのもの。ギャル仮面がナオキを始末したのかと考えて起き上がろうとするセンヤ。

ギャル仮面は自分は幹部だからこう見えても強いと自己主張する。

センヤは、やっぱり無理だと戦う気力をなくす。

ギャル仮面は、センヤの「目」を気にする。

「目」はセンヤに謝辞する。

天空侵犯アライブ 第10話ネタバレ感想・まとめ

ナナミたちが敵視する組織、世界を牛耳る女というのは、会話の内容から察するに遊里たちっぽくない。

【画像】幹部だし、強いと豪語するギャル仮面 | 引用元:天空侵犯アライブ 第10話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】幹部だし、強いと豪語するギャル仮面 | 引用元:天空侵犯アライブ 第10話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

ということは、遊里たちとは別の世界なのだろうか。

マガポケ『天空侵犯アライブ』を読んで。

天空侵犯アライブ 概要

宇宙飛行士にあこがれていた普通の少年・千夜は、学校の屋上で天を貫く「塔」のようなものを見た瞬間、突如異世界に飛ばされてしまう。そこは高層ビル群の間が吊り橋でつながれた無機質な世界。戸惑う千夜は、別のビルの屋上に立つ一人の少女を視界にとらえるとともに、もう一人、血まみれの武器を手にした仮面の男も目撃してしまう…?

天空侵犯 概要

女子高生・ゆりが、いつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。見渡す限りビルが立ち並ぶその場所は、仮面をかぶった男が斧で人の頭をかち割っている「訳のわかんない世界」だった。『亜人』の原作者・三浦追儺と、『ボックス!』の作画・大羽隆廣がタッグを組んでおくる、緊迫の高層ビル群サスペンス!!

天空侵犯アライブを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です