【先読み】天空侵犯アライブ 第12話ネタバレ感想『ギャル仮面の能力は空手』

【画像】祭司がいう黒い存在を「クラウド」と解説するギャル仮面 | 引用元:天空侵犯アライブ 第12話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】祭司がいう黒い存在を「クラウド」と解説するギャル仮面 | 引用元:天空侵犯アライブ 第12話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

  • 天空侵犯アライブ 第12話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯アライブ 第12話ネタバレ感想・まとめ
  • 天空侵犯アライブ 概要
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯アライブを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

天空侵犯アライブ 第12話ネタバレストーリー・あらすじ

センヤは、「宇宙」に憧れると同じく、「宇宙人」にも憧れていた。

宇宙人と仲良くなれる自信があるセンヤ。

ライフルから出ていた目玉もそんな感じで仲良くなれると思っていたけど、そんな上手くいくとは限らなかった。

ただの凶悪なモンスターでセンヤを食べようとしていると感じたセンヤ。

目玉は、センヤの顔を掴み、脳により深く侵入してくる。

【画像】クラウドと呼ばれる存在がセンヤのカラダに侵入 | 引用元:天空侵犯アライブ 第12話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】クラウドと呼ばれる存在がセンヤのカラダに侵入 | 引用元:天空侵犯アライブ 第12話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

倒れて動かなくなるセンヤ。

ギャル仮面は、一瞬黒いもやが大きくなったように見えた。祭司がいう「クラウド」という存在らしい。

クラウドは、別世界のエネルギーで、トンネルを使ってこの世界に侵入してきてる。

それを感知して利用できるのは幹部だけで、多用すると悪影響がでると解説するギャル仮面。

【画像】ギャル仮面側の幹部人材が「クラウド」を使用できることを示唆 | 引用元:天空侵犯アライブ 第12話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】ギャル仮面側の幹部人材が「クラウド」を使用できることを示唆 | 引用元:天空侵犯アライブ 第12話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

センヤがゆっくりと起き上がる。

起き上がったセンヤが別人みたいな感じがする。

センヤは指差したと思ったら、ギャル仮面にダッシュをかける。

そのスピードは速く、意表を突かれたギャル仮面。

ギャル仮面は、センヤのパンチを後方ジャンプで回避してしまう。

空中では移動もできない。相手はライフルを持ってる。しまったと思ったギャル仮面。

センヤは、ライフルを構える。

センヤは、葛藤をする。一瞬ためらったセンヤ。

しかし、弾丸は発射される。ギャル仮面は力を使って、飛んできた弾丸をなんとか防ぐ。

ギャル仮面の力は「空手」。

天空侵犯アライブ 第12話ネタバレ感想・まとめ

黒い目玉はセンヤを覚醒させて力を使うだけでなく、考え方すらも変えていく影響があるということなのか。

クラウドと呼ばれる力が、今回の世界では、ある程度強いやつが共通で認識している世界のシステムっぽい。

マガポケ『天空侵犯アライブ』を読んで。

天空侵犯アライブ 概要

宇宙飛行士にあこがれていた普通の少年・千夜は、学校の屋上で天を貫く「塔」のようなものを見た瞬間、突如異世界に飛ばされてしまう。そこは高層ビル群の間が吊り橋でつながれた無機質な世界。戸惑う千夜は、別のビルの屋上に立つ一人の少女を視界にとらえるとともに、もう一人、血まみれの武器を手にした仮面の男も目撃してしまう…?

天空侵犯 概要

女子高生・ゆりが、いつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。見渡す限りビルが立ち並ぶその場所は、仮面をかぶった男が斧で人の頭をかち割っている「訳のわかんない世界」だった。『亜人』の原作者・三浦追儺と、『ボックス!』の作画・大羽隆廣がタッグを組んでおくる、緊迫の高層ビル群サスペンス!!

天空侵犯アライブを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です