地獄楽 第79話ネタバレ感想『弔兵衛の秘策』

【画像】弔兵衛の秘策 | 引用元:地獄楽 第79話 著者:賀来ゆうじ

【画像】弔兵衛の秘策 | 引用元:地獄楽 第79話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第79話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第79話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第79話ネタバレストーリー・あらすじ

水のタオの場合、それを宿す物、栗と大豆、腎臓と膀胱、すべて集め発酵させ、タオを宿す酒を作る。

そんな話をリエンから聞いていた弔兵衛。

リエンは、桐馬に凶兆が見えると弔兵衛に宣告していた。

* * *

今、ジュファとタオファにそれぞれの役割で攻める。

四人の動きに同時に反応してくるジュファ、タオファのそれぞれの丹田を攻撃するのは至難の業。

巌鉄斎は、付知と桐馬に援護を依頼する。ジュファたちの懐に入る。

何をする気はわからないが信じる付知。

突進する巌鉄斎に攻撃を浴びせようとするジュファたち。

攻撃の露払いをする付知と桐馬。

露払いは仕切れず、巌鉄斎も攻撃を喰らうが、問題ないと体に刺さった触手を斬る。

問題がないはずがない。数多の裂傷、挫傷、骨折、内臓の損傷。度重なる戦いで限界がきている。

そんなことを思って隙を作った付知にジュファたちの攻撃の手が襲い掛かる。

呆けている付知を身を挺して守る桐馬。

桐馬は、付知のタオも兄の作戦の要だと付知に喝を入れる。

そのとき巌鉄斎は準備が出来たと、ジュファとタオファの真下に潜り、刀を振り上げる。

門を真っ二つにする巌鉄斎の「門扉斬り」が炸裂し、ジュファとタオファは真っ二つに分かれる。

ジュファとタオファはすぐに再生しようとする。

弔兵衛は、どちらがどちらの丹田を持っているかすぐに桐馬たちに伝え、タオファを丹田を切るように促す。

付知は桐馬を手をつなぎタオファの丹田を、弔兵衛はジュファの丹田を貫く。

再生がままならないタオファ。

そこを付知に掴まれる。付知はもういいでしょうとタオファに眠りを与える。

タオファを死なせまいとジュファが再生の最中でも付知を攻撃しようとするも弔兵衛に止められる。

ジュファのほうが再生していく。弔兵衛は相克ではないからジュファを破壊しきれない。

倒すにおは丹田を破壊した後、再生をとめなければならない。

弔兵衛は、自分の腹に手を突っ込む。隠し玉。本当は画眉丸に使う予定だったという弔兵衛。

腹から出したのは酒瓶。水のタオを宿した酒瓶をジュファにぶつける。

【画像】水のタオを帯びた酒をジュファにかける弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第79話 著者:賀来ゆうじ

【画像】水のタオを帯びた酒をジュファにかける弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第79話 著者:賀来ゆうじ

相克のタオが体に触れることでジュファは再生できなくなりもだえ苦しむ。

残りの酒をジュファの頭にかけながらなじるも、巌鉄斎がジュファを斬る。

トドメを刺すのは俺だと主張する巌鉄斎。

全然楽しくないというタオファの言葉を思い出し、巌鉄斎はタオファのコアをジュファに近づけてやる。

ジュファは守れなかったことをタオファに謝罪する。タオファはジュファとペアでよかったと微笑む。

* * *

数刻前。

佐切とメイは目的の場所に到着した。

床に描かれた図形の中心に一人座る者。

その者は、佐切たちに争う気はない、邪魔しないなら何もしない。邪魔するなら潰すと宣告される。

地獄楽 第79話ネタバレ感想・考察・まとめ

本を読んでるから文殊公々(グェファ)かな。

グェファのタオは金だから、佐切に相克の関係だから佐切が不利。メイは水からグェファを元気にしてしまう。

グェファに苦戦しているところに、相克関係の火の画眉丸が助けにやってくるという流れなんだろうな。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠、タオファ
火の属性:画眉丸、巌鉄斎、ジュファ
土の属性:ユズリハ、桐馬、リエン、ムーダン
金の属性:付知、グェファ、弔兵衛
水の属性:ヌルガイ、メイ、ヂュジン、ラン

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

結(ゆい)
画眉丸の妻。画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

くの一”傾主のユズリハ”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖(タオファ)
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。士遠・佐切に倒される。

文殊公々(グェファ)
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君(ラン)
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です