奴隷遊戯GUREN 第2話ネタバレ感想『ロイヤル会員の奴隷捕獲』

【画像】奴隷捕獲成功画面 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第2話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】奴隷捕獲成功画面 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第2話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯GUREN 第2話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯GUREN 第2話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯GUREN 登場人物・キャラクターまとめ
  • 奴隷遊戯GUREN 概要
  • 奴隷遊戯GURENを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯GUREN 第2話ネタバレストーリー・あらすじ

カフェに入ってコーヒーを買う潤。

利用客の中に好みの女性を見つける。

潤は席につき、ノートパソコンを開き、仕事の資料を見ている。

潤に声をかけたのはソサエティで出会った佐川という男。

佐川は、相席で潤のテーブルに座る。

佐川は、潤にその後、満喫しているかと聞く。

あの日以来どうしているのかと。

潤は、あの夜はすごかったけど、仕事もあるからとはぐらかす。

佐川は、少し笑う。それがおかしいことなのかと聞くと、佐川は「おかしくない」という。

ロイヤル会員の楽しみは地上でこそ発揮できるという。

潤は佐川の言っている意味がわからなかった。

佐川は、ロイヤル会員の潤が求めれば、ソサエティでしたことを地上でもできるという。

ノーブル会員の自分には無理だという。

潤は信じない。

佐川は、潤の視線の先に女性がいることで察する。

佐川は、スマホを取り出し、奴隷業のアプリを潤に見せる。

自分の奴隷サーチ画面を見せて、ノーブル会員だとこの程度だという。

画面の中には、奴隷にできる人物のポイントがいくつかあるだけ。

潤が、奴隷業のアプリを立ち上げ、奴隷サーチをしてみると、佐川の時とは比較にならないほどのポイントの数が表示される。

その画面を見て佐川は、改めてロイヤル会員の凄さを知る。

今、目に入る人全員が、潤の奴隷候補だと教える。

潤の視線の先にいる女性が可愛いと同意する佐川。

【画像】奴隷業アプリの奴隷捕獲画面 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第2話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】奴隷業アプリの奴隷捕獲画面 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第2話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

潤は、奴隷業アプリで、ターゲットの女・木附澪(26)を撮影する。捕獲するかの画面に遷移する。捕獲難易度はB。

潤は、こんなもので女性が自分のものにできたら、ドラえもんの道具くらいすごいといいながらも捕獲アイテムを使う。

アプリ上では、捕獲成功の画面になる。

まんざらでもない潤。

女性が店を出る。佐川は、潤を連れて、女性を追いかける。

佐川は、ロイヤル会員だから、捕獲してから使い道を考えればいいという。

女性の後を尾行すると、女性に車が横付けし、数人の男で女性を襲い、眠らせ、車の中に引き入れて走り去ってしまった。

「ね?」という佐川に、偶然?と聞く潤。これであの女性は潤のものだという佐川。潤は自分が誘拐の片棒を担いでしまったと憤る。

* * *

その後、潤は自宅で今日の出来事を振り返っていた。

インターホンが鳴る。

モニターで訪問者を確認してみると、ラーメン屋で出会ったサチホだった。

どうして、自分の家をサチホが知っているのか。そして、どうして訪問してきたのか疑問に思った。

サチホは、潤に「ソサエティ」て知ってると聞く。

驚く潤。その反応に「知ってる」と察するサチホは、ドアを開けろと要求する。

奴隷遊戯GUREN 第2話ネタバレ感想・考察まとめ

女性を拉致った車の中にいたシルエットの男は、ガトーかな。髪を結んで、腕まくりしてるというポイントしか類似してないけど。

【画像】謎の男 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第2話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】謎の男 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第2話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

奴隷業アプリで撮影するところまではいいけど、捕獲完了した画面の昆虫針で着てる服を貼り付けにされて、カメラ目線の女性の写真はどうやって作ったのだろうか。あらかじめ撮影してるわけないし。ディープフェイクか何かで合成してるのだろうか。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯GUREN』を読んで。

奴隷遊戯GUREN 登場人物・キャラクターまとめ

花純潤
祖父からソサエティのロイヤル会員を相続した27歳の男。

花純秀次郎
ソサエティのロイヤル会員で潤に相続させる。

サチホ
23歳の男。

エドワード・J・カーター
ソサエティでの潤の秘書。

佐川
ノーブル会員。

奴隷遊戯GUREN 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯GURENを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です