奴隷遊戯GUREN 第6話ネタバレ感想『市原海は最低ランクの奴隷に落ちていた』

【画像】有村の真空飛び膝蹴り | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第6話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】有村の真空飛び膝蹴り | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第6話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯GUREN 第6話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯GUREN 第6話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯GUREN 登場人物・キャラクターまとめ
  • 奴隷遊戯GUREN 概要
  • 奴隷遊戯GURENを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯GUREN 第6話ネタバレストーリー・あらすじ

有村とサチホのタイマン対決。

サチホのパンチを回避する有村。

有村の蹴りをガードするサチホ。

有村の蹴りをガードした腕が上がらなくなるサチホ。

有村の蹴りの威力を思い知る。

サチホは、有村のことを知っているという。

中条組の若頭が消えたという噂話。征神会の中で唯一喧嘩のできる武闘派だと。

有村は、サチホのことは知らねぇと挑発。

そういいつつもサチホのパンチの威力に警戒していた。

次の攻撃は、互いに受ける。

その後は空振りをする二人。

サチホの突進に合わせて、真空飛び膝蹴りを喰らわせる有村。

倒れたサチホの顔面を踏んづける有村。

何度も何度も踏みつける。

サチホのピンチというべき状況でもサチホの仲間は、サチホの戦いには無関心。

サチホは、有村に蹴られながらも立ち上がり、パンチで返そうとする。

その気迫に有村にも悪寒が走る。

サチホのパンチをギリギリにかわした後、有村は「降参」をする。

いきなりの敗北宣言に会場が驚く。

サチホは、待てと有村を止める。

好き勝手にボコってそりゃないと抗議するも、有村はナシをアリにするのが生業だといい、サチホのほうが強いと認める。

サチホのような若くて気合の入った野郎は嫌いじゃないと会場を後にする。

サチホは有村を引きとめようとするも、運営の人間に止められる。

サチホの仲間も最後まで戦ったとしてもサチホが勝ったという。サチホ自身は、宇宙一の負けず嫌いだから納得しないだろうけどとサチホを信頼していた。

トイレで有村は血を吐いていた。ゴトウは、サチホが納得しないといっていたと有村にいう。

ゴトウは、続けて、ようやく発見したと別の話題に振る。

その報告を受けて、有村は真剣な表情に切り替わる。

【画像】カイを見つけたというゴトウ | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第6話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】カイを見つけたというゴトウ | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第6話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

異常なまでの秘匿案件で時間がかかってしまったが、市原カイはこのシティにいると断言するゴトウ。

さらにカイの奴隷ランクは、最低ランクで入獄した瞬間が余命宣告というもっとも劣悪なエリアだという。

炭鉱奴隷に身を落としている。

奴隷遊戯GUREN 第6話ネタバレ感想・考察まとめ

やっぱり、わざと負けたか。

【画像】敗北宣言をする有村 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第6話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】敗北宣言をする有村 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第6話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイは、炭鉱奴隷に落ちたというが、有村は奴隷の立場でどうにかしようとしているのか。

ソサエティの仕組み的にゴトウなどの担当官がある程度の裁量を持ってるとしら、会員権が消滅した主の奴隷がフリーになった場合に、次にどの主に紹介するのかが決められるとするなら、有村一派が動いて、カイを救出することは可能だろうけど。。。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯GUREN』を読んで。

奴隷遊戯GUREN 登場人物・キャラクターまとめ

花純潤
祖父からソサエティのロイヤル会員を相続した27歳の男。

花純秀次郎
ソサエティのロイヤル会員で潤に相続させる。

伊勢谷祥穂(サチホ)
23歳の男。半グレ凰斗羅統領。

野神翔太
半グレ凰斗羅。

野神勇太
半グレ凰斗羅。

エドワード・J・カーター
ソサエティでの潤の秘書。

佐川
ノーブル会員。

奴隷遊戯GUREN 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯GURENを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です