地獄楽 第96話ネタバレ感想『付知の最後』

【画像】山田浅ェ門も島で得た情も大切だという付知 | 引用元:地獄楽 第96話 著者:賀来ゆうじ

【画像】山田浅ェ門も島で得た情も大切だという付知 | 引用元:地獄楽 第96話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第96話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第96話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第96話ネタバレストーリー・あらすじ

突然、付知と巌鉄斎が花に覆われて驚く殊現。

石隠れ衆が殊現に地下水門に向かうように指示をする。

シジャが足止めをしたが、機に乗じて敵の大将が船を動かしたと報告する。

シジャは仙薬を奪ったが力及ばず。燃え盛ったまま、船が島をでようとしている。一刻を争うと奪った仙薬を殊現に渡す。

殊現は、花に包まれた二人の一人が山田浅ェ門。息があれば介抱しろと指示を出し、船に向かう。

殊現に指示を出した石隠れ衆はシジャだった。

シジャは、花に包まれた二人に手裏剣を投げつけ、なくなっていたという。

シジャは、部下に殊現を追うように指示。自分は、画眉丸を倒しにいくという。

シジャは屋根に上り、バンコを見て彼の世の光景だと感想を口にする。

彼の世で画眉丸と対決できることを嬉しく思うシジャ。

* * *

付知が花からでてくる。

殊現の剣に迷いがあって致命傷を避けられたのだろうと考える。

巌鉄斎は虫の息。

付知は、意識が朦朧としたなか、治療を始める。

時間も物資も二人分は無理。

付知がもうひとり現れ、止めろという。

もうひとりの付知は、殊現は変わっていないという。島に来て変わったのは付知のほうだと。

島の外では通じない理屈、島の外では命よりも立場が優先される。

上意ならば自分の命も喜び捧げる。

殊現は、その枠の中で山田浅ェ門を守ろうとしている。

罪人を庇ったり、虐西松されたは命じた大将軍の名誉も傷つける。浪人扱いの山田浅ェ門はすぐに取り潰しになる。

付知は、山田浅ェ門は大切。

島で得た情も同じくらい大切。

感情が両立してる常に迷いの中にある。

巌鉄斎に肩入れしてる。同時に斬られた殊現も好き。人間てそういうものだろともう一人の自分に問う。

この矛盾を殊現にも教えたいと思う付知。

目を覚ました巌鉄斎が倒れてる付知を見て、自分を犠牲にしてまで自分を治療したのかと察する。

【画像】自分を治療したのかと付知に怒鳴る巌鉄斎 | 引用元:地獄楽 第96話 著者:賀来ゆうじ

【画像】自分を治療したのかと付知に怒鳴る巌鉄斎 | 引用元:地獄楽 第96話 著者:賀来ゆうじ

巌鉄斎は、俺を治療しやがったのか山田浅ェ門付知と叫ぶ。

やっと名前を呼んだ巌鉄斎に返事する力は残ってない付知。

巌鉄斎は付知を抱きかかえ立ち上がる。

地獄楽 第96話ネタバレ感想・考察・まとめ

付知がいってしまったか。

【画像】最後だからと肩の力を抜く付知 | 引用元:地獄楽 第96話 著者:賀来ゆうじ

【画像】最後だからと肩の力を抜く付知 | 引用元:地獄楽 第96話 著者:賀来ゆうじ

罪人の中で、一番の人情が強いのは巌鉄斎ではないだろうか。

そんな巌鉄斎が爆発して活躍するだろう。

巌鉄斎の主張を聞いても殊現の心は動かないだろう。

殊現には言葉での説得はおそらく無理だろう。

対決は避けられない。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠
火の属性:画眉丸、巌鉄斎
土の属性:ユズリハ、桐馬、リエン
金の属性:付知、グェファ、弔兵衛
水の属性:ヌルガイ、メイ

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

結(ゆい)
画眉丸の妻。画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

くの一”傾主のユズリハ”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

文殊公々(グェファ)
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

普賢上帝(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

シジャ
石隠れ衆。次代画眉丸。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です