【先読み】ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第60話ネタバレ感想『真のカーロス・メデル』

【画像】40キロの重りをつけてヘヴィー級を制覇したようなものだというメデルを評価する | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第60話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】40キロの重りをつけてヘヴィー級を制覇したようなものだというメデルを評価する | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第60話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第60話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第60話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 概要
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ)を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第60話ネタバレストーリー・あらすじ

メデルのパンチが見えず、鼻血を出すガオラン。

メデルは、自分が競技から離れた後にムエタイからボクシングに転向してきたガオランとの対戦を待ち望んでいたという。

煉獄側選手もメデルとガオランの対戦を面白がってみる。

ガオランは、ファイティングポーズをとる。

ガオランは、メデルのパンチが見えなかったがカラクリは理解している。

相手を倒す打撃ではなかった。ダメージを与えるためではなく、相手を心理的に揺さぶる類の攻撃だと考える。

【画像】メデルの見えなかったパンチのからくりを看破するガオラン | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第60話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】メデルの見えなかったパンチのからくりを看破するガオラン | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第60話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

鼻の状態を確認。ダメージはなし。呼吸に問題なし。

敵意をもって撃ってきたら確実にかわせる。もう二度と不覚はとらない。

ガオランも、メデルも互いに体を揺らし、タイミングを計る。

仕掛けたのはガオラン。

ガオランのラッシュを受けずにかわしつづけるメデル。

メデルの反撃。メデルのパンチを回避するガオラン。

ジャブの差し合い。

左でけん制し、右。

右の拳を繰り出すとき、右足が前にくる。それに驚くメデル。

ガオランの左に合わせて、メデルはカウンターを放つ。

ガオランは顔面にメデルの拳を受ける。ガオランの拳はメデルにかする程度。

すぐさま、ガオランの右がメデルを襲う。

メデルはギリギリでガオランの右を回避。この緊張感が欲しかったと歓喜するメデル。

メデルが攻撃に転じる。

アギトは、メデルのことを見誤っていたという。

メデルの体格はヘヴィー級のそれではない。

筋肉を搭載して、体重だけヘヴィー級とんったところで、ポテンシャルの向上は期待できない。それどころか、骨格は不釣合いな筋量は確実に力を削ぐ。

メデルは、40キロ超の重りを身につけた状態でヘヴィー級の頂点に立った。

ガオランがメデルに滅多打ちにされる。硬くガードするしかないガオラン。

ガオランの反撃も軽く回避するメデル。

ヘヴィー級の攻撃力を失ったが何の問題もないと考えるメデル。

【画像】メデルを見切るガオラン | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第60話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】メデルを見切るガオラン | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第60話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

ガオランがメデルの顔を捉える。見切ったというガオラン。

自分よりも速くても問題ない。動きの規則性さえ掴めば捉えることは可能。

ガオランが「詰み」を確信した左を出す。

しかし、回避される。

下に潜ったメデル。

ボクシングのメデルではかわせないはずだった。

しかし、メデルは、ガオランの下に潜り、下から蹴りを繰り出す。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第60話ネタバレ感想・考察まとめ

ボクシングは詳しくないけど、「パウンドフォーパウンド」ランキングだと、

1位:アンドレ・ウォード(米国)は、ライトヘビー級。

2位:セルゲイ・コバレフ(ロシア)は、ライトヘビー級。

3位:ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、ミドル級。

と、ヘヴィー級ではないんだなと思った。

さすがにストロー級とかはないのかもしれないけど、多少の体重や体格があれば、一番重たいかどうかは関係ないのか。

マンガワン『ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ)』を読んで。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

夏忌(シァジー)
エドワード・呉とつながりがある男。拳願会に潜り込んでいる。

謎の男
二虎流の継承者。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ)を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です